• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

まったく新しい拡張現実?謎に包まれたMagic LeapのCEOが掲示板に降臨

まったく新しい拡張現実?謎に包まれたMagic LeapのCEOが掲示板に降臨

150323ar.jpg


AR(拡張現実)関係のスタートアップ企業「Magic Leap」は、昨年6億ドル近い出資金を集めて一躍脚光を浴びました。ところが、具体的な事業内容については、同社は一切明らかにしてくれないので、もどかしい限りです。これまでに同社の技術を実際に体験しているのは、ごく一部のジャーナリストや出資者だけ。

同社のCEOロニー・アボビッツ氏が先日、Redditのコーナー「Ask Me Anything」(海外版「○○○だけどなんか質問ある?」)に登場しました。一般の人の質問に答えてくれる珍しい機会だったのですが、やはりこれまで同様、核心を突く質問は、見事にはぐらかされてしまいました。アボビッツ氏は、Magic Leapが取り組んでいるいくつかの課題を挙げましたが、どれもARの実現のためには不可欠だと、誰にでも想像できるものばかり。技術的な詳細は明かしてくれませんでした。また、社内ではすでにローンチの目標日を定めていて、「近い将来のどこかの時点で」商用販売の方針について公表するつもりだとも明かしましたが、具体的な日付は出しませんでした。

そうは言っても、アボビッツ氏のコメントの中には、「個人的に関心のあること」とか、「Magic Leapは競合製品と比べてここがすごいと思う」など、初めて聞く興味深い話もありました。以下に抜き出してご紹介します。


アボビッツ氏は、競合他社のAR技術は目や脳に悪いと考えている


今回のRedditへの投稿で一番興味深く、また妙な話だとも思ったのは、アボビッツ氏が競合他社のAR端末を批判した部分です。これらを使うと、神経に一時的または恒久的な問題が生じるというのです。えっ、どういうこと?

アボビッツ氏の投稿を引用します。


企業としての私たちの方針は、脳に「一切の痕跡を残さない」ことです(これは私の個人的見解でもあります)。脳神経は非常に可塑性が高いので、目のすぐ近くで立体視の映像を見れば、神経系に変化が生じるおそれがあるのは、疑うまでもありません。

目の近くで投影されるこのような映像に、さまざまな問題を引き起こす可能性があることは、すでに(視覚関連技術のギークには)知られています。ただしこれまでは、どれも利用法がごく限られていて、使う人も少数でした(軍事利用など)。さまざまな人が使った場合に起こりうる、程度の異なるさまざまな危険性について、私たちは社内でハザード・リスク分析を済ませています(私が以前、医療技術や外科手術ロボットを手がけていた時代に行ったのと同じような分析です)。利用頻度、1回の利用時間、ユーザーごとの神経可塑性の違いなどといった要素が鍵となって、影響の大きさは変わりますが、私たちはヒトですから、影響を受ける可能性は誰にでもあります。

私も個人的に、こうした映像の問題をいくつも経験していますし、これらの装置を身につけたいとは思いません。なんと言っても、(Magic Leapの)デジタル・ライトフィールド・システムが完成間近で、これなら安全だとわかっているのですから。


筆者の知る限り、このアボビッツ氏の主張を裏づける研究はありません。ARやVR(仮想現実)を試した時に、吐き気や眼精疲労は感じましたが、どちらも決して、恒久的なものではありませんでした。

アボビッツ氏がこんなことを言うのはたぶん、Magic Leapが、競合するほかのARヘッドセットとは根本的に異なる技術を採用しているためでしょう。Magic Leapの端末では、着用した人の目に直接、自然光を模倣した光を当てて、本物のような視覚イメージを生み出しています(少なくとも、『MITテクノロジーレビュー』誌に最近載った記事では、そのように説明されていました)。これに対し、他社のヘッドセットでは、着用した人の目の前にレンズを固定して、そこにイメージを投影する形なので、着用者は目の焦点を近くと遠くでこまめに切り替えながらものを見ることになり、これが疲労をもたらすのです。


Magic Leapは、既存の携帯端末に取って代わろうとしている


こういうことを言うのはアボビッツ氏が初めてではないし、これからも同じようなことを言う人が現れるでしょうが、「ARはプラットフォームであり、特定の目的だけに使用されるツールではない」のだそうです。消費者はやがて、既存の携帯端末を捨てて、Magic Leapのゴーグルに乗り換えるようになるだろう、と同社は考えています。「Google Glass」を着用した人の画像はどこかで見たことがありますよね? かなり変な印象です。Magic Leapのゴーグルだって似たような見た目でしょうが、消費者は喜んでそれを身につけるようになるだろうと、アボビッツ氏は踏んでいるのです。

「移行期間があるでしょう。様子を見る人もいれば、いち早く使い出す人もいます。中には、(スマートグラスとスマートフォンを)しばらくは併用してみる人もいるでしょう」とアボビッツ氏は書いています。


拠点をフロリダに置いたわけ


Magic Leapはフロリダ州ダニア・ビーチに拠点を置いています。マイアミから北へ45分ほど行ったところにある、人口3万人の都市です。注目を浴びるスタートアップ企業がいかにも拠点を置きたがる街、という印象はありません。

アボビッツ氏は子どもの時にフロリダ州南部に引っ越してきたそうです。今でもこの街が好きなのだそうで、「ディズニー、NASA、ワニ」を名物として挙げてくれました。

「NASAは60年代に、月に行くという目的のために、最良かつ最高の人材をこの街に集めました。この街で過ごすことには、何か特別なものがあります。既成概念にとらわれない、大きなビジョンを抱かせてくれるのです」とアボビッツ氏は投稿しています。


SF作家のニール・スティーブンスン氏を迎えた理由


Magic Leapは昨年、ポストサイバーパンクの小説『スノウ・クラッシュ』の著者として知られるニール・スティーブンスン氏を、同社の「チーフ・フューチャリスト」として迎え入れました。VRに注目してきたギークたちの間からは驚嘆の声が上がったものです。

「ニール・スティーブンスンの経費報告書にサインする時は、いつも自分の体をつねってしまいます。非常に実務的なこととSFとが、同時に起こっているのですから」とアボビッツ氏は書いています。

スティーブンスン氏はMagic Leapのチームにおいて、開発者向けサイトが使いやすくなるよう貢献しているほか、「『私たちが作りたいと思っている未来』をすでに生きている人々や企業」と接触し、関係を築いてもいるとアボビッツ氏は説明しました。


「Microsoft HoloLens」向けの開発の予定はない


米Microsoftも先日、ARヘッドセットの「Microsoft HoloLens」を発表しました。この際、チームリーダーのアレックス・キップマン氏は、このプラットフォームに向けたアプリやデバイスの開発を他社にも広く呼びかけており、特にMagic Leapを名指ししています。ところがアボビッツ氏はこの件について聞かれると、自分たちのチームには「自分たちのプランがある」と答えています。


「ゴールデン・チケットを用意しています」という意味深な発言も


これはつまり、映画『チャーリーとチョコレート工場』のように、選ばれた一部の人に体験させてくれる、という意味なのでしょうか...? まだまだ謎が多いですが、今後に期待しましょう。


Signe Brewster(原文/訳:江藤千夏/ガリレオ)


  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.