• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  - ,,,,,  07:00 PM

ジョン・ロックフェラーから学ぶキャリアに関するベストな教訓

ジョン・ロックフェラーから学ぶキャリアに関するベストな教訓

150318rockefeller001.jpg


好き嫌いがわかれるところかもしれませんが、ジョン・ロックフェラー氏が世の中に与えた影響の大きさは否定できません。彼はスタンダード・オイル社の創業者でした。1870年創業のこの企業は、現在のシェブロン社やエクソンモービル社のような大企業へと発展しました。また、彼は熱心な慈善家でもありました。ロックフェラー氏の人生からキャリアについて学べることを見ていきたいと思います。


自我を抑える


150318rockefeller002.jpg


自信と我の強さの間には微妙な境界線があります。ロックフェラー氏は若くして自我に囚われることが破滅につながることを認識して、過剰な自信に惑わされないように気をつけていました。

まず、うぬぼれた考えが浮かんでも、すべて払いのけました。伝記作家のロン・チャーナウ氏がその著書『タイタン』で書いているように、ロックフェラー氏が自分に言いきかせていたことがあります。

商売を始めて、ひとかどの商人になったつもりだろうけれど、気をつけろ。でないと泡を食うぞ。堅実に進め。この金のせいでいい気になるなよ。しっかり目を開けておけ。バランスを失うな。

ロックフェラー氏は、後にこう説明しています。「自分自身とのこうした親密な会話が私の人生に多大な影響をおよぼしたことは間違いありません。自分の商売がうまく行ってもそれを維持できないのではないかと恐れていたので、馬鹿なことを考えてうぬぼれないように自分を戒めようとしていたのです」。


かんしゃくに駆られて失敗しない


150318rockefeller003.jpg


ロックフェラー氏は自分の気性の持つ欠点に気づいていました。「激昂した時の私は、醜悪と言ってもいい」とロックフェラー氏は言っています。このことが障害にならないようにするために、「彼はかんしゃくを抑える訓練をして、自我や怒りに駆られて行動することは決してないように努めた」とチャーナウ氏は書いています。

ロックフェラー氏はいかなるときも冷静でいるようにしていましたが、自分の同僚たちがかんしゃくに駆られて失敗するのを見てきたはずです。たとえば、テクニカル・アドバイザーを務めていたサム・アンドリューズ氏はビジネス上のプレッシャーを感じ、社内の人たちに対して対抗意識を抱いていました。

アンドリューズ氏はロックフェラー氏に不満を言い、暖簾分けを声高に希望しました。ロックフェラー氏はアンドリューズ氏の言い値を聞き、アンドリューズ氏の持ち株を100万ドルで買いました。その直後に、ロックフェラー氏はその株を別の投資家に30万ドルもの利益を出す形で売却したのです。アンドリューズ氏はそれに抵抗したので、ロックフェラー氏はアンドリューズ氏に元値で売却することを持ちかけました。

情けないことに、アンドリューズ氏はこの素晴らしい提案をはねつけて、金を自分の手元に置くことを選んだのでした。その株を持ち続けていたら、1930年代初頭にはざっと見積もって、9億ドルになっていたはずです。ただの怒りと傷ついた自尊心に駆られた性急な選択のせいで、彼はアメリカ1番の金持ちになりそこなったのです。

アンドリューズ氏は自分のプライドを曲げてでも、その決断を思い留まるべきでした。そうすれば、何億ドルも稼げたはずでした。ロックフェラー氏のパートナーであったモーリス・クラーク氏が見事にそのときのサム・アンドリューズ氏の心情を分析しているとチャーナウ氏は書いています。「サムは株を売る前はジョンに怒っていたが、売った後は愚かな選択をした自分自身に対して怒っていた」と。

かんしゃくを起して失敗しないでください。人の話をよく聞いて学びましょう。ロックフェラー氏は人の話を聞くことの重要性も強調しています。「他人が自分に言うことを覚えておくのはとても重要です。自分がすでに知っていることはそれほど重要ではないのです」とロックフェラー氏はアドバイスしています。


求職活動するときは、求職活動自体を本業にしてがんばる


150318rockefeller004.jpg


失業中の人にとって、求職活動は失望の連続になることもあるでしょう。求人にたくさん応募して、いくつか面接をしても、何時間も、何日も、あるいは何カ月も成果が出ないこともあります。

ロックフェラー氏は貧しい家庭に生まれ、実業界に入れてくれるような家族のコネや友達にも恵まれていませんでした。「困難な時代にも、少年は野心を諦めずに、信用格付けの高い企業を見つけるために電話帳を熟読しました」と伝記作家のドン・チャーナウ氏は書いています。

当時はインターネットがなかったので、ロックフェラー氏はさまざまな会社に出向いて就職の機会がないか調べたのでした。月曜日から土曜日までそれをやり続けたのです。

絶え間ない失望にさらされても、彼は辛抱強く就職口を探し続けました。毎朝8時にダークスーツに高襟のシャツとブラックタイという服装で下宿を出て、アポを取りつけた会社を訪問して歩きました。この粘り強くて強固な意志に支えられた会社訪問は週に6日、6週連続で毎日夕方まで繰り返されたのでした。

自分には運がないと感じているなら、自信を持ってください。ロックフェラー氏の自信と客観的な自我が彼の粘り強さを支えていたのではないかとチャーナウ氏は考えています。


求職活動をする時の彼は、疑いや自己憐憫とまったく無縁でしたから、どんな失望にも打ち勝つことができました。「私は毎日仕事をしていました。職探しという仕事をです。私は毎日これをフルタイムの仕事にしていたのです」と彼は言いました。彼こそ、ポジティブ・シンキングの確信的な提唱者でした。


仕事を見つけるのに苦しんでいるのなら、良い履歴書とはどういうものなのかを理解することと今まで会ったことのない人たちと会うために時間を使ってみましょう。時には、履歴書の提出に加えて、無償で働くことで、自分のスキルや人間性を、雇用してくれる可能性のある人たちに示すことができるかもしれません。


コツコツ働き、休息を取る


150318rockefeller005.jpg


今日では、多忙による睡眠不足はビジネスマンの勲章のように扱われています。そして、「無理をしてでもがんばること」で多くの問題は解決するかもしれませんが、すべてを解決できるわけではありません。時には、一生懸命働いているつもりでも、その努力が的外れで空回りしてしまうこともあります。

ロックフェラー氏は自分のエネルギーの使い方には極めて慎重でした。「他のエクゼクティブたちに比べて、ロックフェラー氏はずいぶんゆったりとしたペースで働いていました。毎日昼食の後に昼寝をして、夕食の後には、よく肘掛イスで居眠りをしていたのです」とチャーナウ氏は書いています。

ロックフェラー氏は、自分の力量以上にがんばるよりも、コツコツと着実に働くことが良いと固く信じていました。チャーナウ氏によれば、ロックフェラー氏はこのように言っていたそうです。


無理にがんばることを避け、同じペースを保ち、極端に多くのことをやろうとしなければ、どんな人でも、どれだけ多くのことができることか。


仕事量の多さを誇ってはいけません。問題を解決するために集中力を使うのです。ロックフェラー氏は次のようなことを言っていました。


大きなことを達成しようとして失敗する人の多くは、集中力が足りないせいではないでしょうか。然るべきタイミングでするべきことに心を集中させて、それ以外のことすべてを排除するという技が集中力です。

ロックフェラー氏は物凄いハードワーカーでしたが、コツコツとやるタイプで自分の仕事をマラソンのように考えていました。1日のうちに何度か休憩もしました。

午前10時にはクラッカーと牛乳をおやつにして、昼食と夕食の後には昼寝をしていたのは、エネルギーを大切に使い、心身の力のバランスをとるためでした。「常に同じテンションで全力を出しているのは良くない」というのがロックフェラー氏からのアドバイスです。


ロックフェラー氏が批判も受けたことは疑いのない事実ですし、彼の人生の全貌はいくつかの教訓で語るには複雑すぎます。しかし彼のビジネスのやり方をどう思うかは別として、彼の人生から学び自分の人生にも応用できることはあります。


Herbert Lui(原文/訳:春野ユリ)
Photos by Ryan Hyde, Paul Cross, Ian Lamont, and Max Khokhlov.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.