• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,  08:30 AM

ワーク・ライフ・バランスを実現するためのメール管理術

ワーク・ライフ・バランスを実現するためのメール管理術

150317guy_kawasaki.jpg


Inc.:ソーシャルメディアを通して多くの人たちに影響を与えているガイ・カワサキ氏は、シリコンバレーの権威の1人であり、オンライン・デザイン会社であるCanvaのチーフ・エバンジェリストとして活躍しています。

また、かつてはアップル社でチーフ・エバンジェリストを務めていました。彼は他者とのコミュニケーションに生活を支配されないように気を配っているそうです。

ガイ・カワサキ氏には9歳から21歳までの子ども4人がいて、今も575通の未読メールがあるほど多忙を極めています。そんな彼が、子どもたちと過ごす時間を作るためにどのようにメールを管理しているのかを教えてくれました。


大量のメールに対処して時間を確保する方法


── ワーク・ライフ・バランスにおいて、最大の課題は何でしょう?

カワサキ:1日の時間を管理する上で、最も影響が大きいのはメールです。私は、迷惑メール以外はすべての人に返信すべきであるというナイーブな考えの持ち主ですが、これを実行するのは本当に大変なことです。そこにソーシャルメディアでのやりとりが加われば、家族と過ごす時間に影響するほど時間を奪われてしまいます。

そうはいっても、メールは人生を効率的にしてくれます。まだ仕事と家庭の両立についての完璧な解決策は見つかっていませんが、私にはバーチャルアシスタントがいます。彼女は私のすべてのメールアカウントにアクセスでき、たくさんのメールの中から、ジャンクメールや、彼女が自動的に返信できるものを選り分け、取り除いてくれます。

書評やイベントでの講演を引き受けるかの決断は私が行っていますが、断る場合は、私よりも丁寧に断ってくれるバーチャルアシスタントに転送します。また、90日以内に返信をしていないメールは削除するようにしています。これも役に立つ方法です。

── ひっきりなしに届くメールにどのように対処していますか?

カワサキ:対策の1つは、お金を投じてバーチャルアシスタントを利用することです。もう1つは、「すべてのメールに返信をしなくても死ぬわけではない」ということをしっかり理解することです。これは、1度すべてのメールを誤って消してしまったものの、実際には何の支障もなかったことから学びました。

また、たくさんの人が私からの返信を求めて長文のメールを送ってきますが、メールの文面は短いほど良いと思います。私は平等主義なので、相手の経歴や背景とは関係なく、彼らを依頼を受けることも断ることもあります。

最後に、私は『TextExpander』というツールを使って、タイピング作業の負荷を軽減させています。これは、たとえば「atb」と打って、自動的に「All the best, Guy.」と変換させるものです。

── これらの裏技で、自由な時間を作ることができましたか?

カワサキ:実際にどれだけ効果があるものかは、はっきりと伝えられません。現時点で、私には575通の未読メールがありますから。

たとえばマーサ・スチュワートがテレビ番組でニンニクの芯を取る効率的な方法を紹介したなら、そのやり方は完璧主義に見えるかもしれません。でも、私はただ、いらない芯をいかに取り除くかを考えているだけです。


仕事にも家族にもベストを尽くす


── 自称仕事中毒のあなたを家族はどのように感じていますか?

カワサキ:私は、良き夫、良き父、そして良き情報提供者であるために、常に努力をしています。そして、これらの役目を果たすことだけを気にかけています。それらは決して簡単なことではありませんし、継続的な課題です。

講演のためにいろんなところに出張しますが、観光に時間を費やしたことはありません。世界のどんな都市に行っても24時間以内に去ります。ロシアに講演に行った際の滞在時間は10時間でした。

出張がない時には、会社に行かずに子どもを学校へ送り迎えするようにしています。家族は私が四六時中パソコンの前にいることをからかいますが、少なくとも彼らと共に時間を過ごしています。そして、子どもといろんなことをして遊びます。

私の妻もまた忙しくしています。とても強い人で、私の妻という役割に甘んじるような性格ではありません。正直なところ、彼女が夫婦の主導権を握っています。

世の中は、自分の思うように物事が進まないのが現実ですが、相反する要望があれば、ベストを尽くして応じていくことです。私が答えられるのはこれくらいだと思います。

── 子どもたちは仕事への没頭ぶりを見て、真似たりすることはありますか?

カワサキ:とんでもない! 彼らはそんなパソコンに没頭することもないですし、私自身も彼らに技術オタクになるように強要することはありません。彼らには、自分が興味を持てることを見つけ、それを追求し続けてほしいです。

彼らから見た私が、単にパソコンの前にい過ぎるだけなのか、一生懸命仕事をしているように映っているのかは分かりませんけれどね。

── ワーク・ライフ・バランスとしては、あまり良い例ではないように思えます。

カワサキ:私は、誰もが参考にするような人を演じるつもりはありません。結局のところ、私はただ働くことが大好きなだけなのです。私自身、預言者でなければ天才でもありませんが、誰よりも熱心に仕事をします。

私は、20代のころ、一生懸命働きました。人はこの時期に一生懸命仕事をするべきだと考えています。この時期に人は将来得られるもののためにじっと我慢をして、何かしらを成し遂げるのです。

人生とは、自分がより生きやすくなるように工夫をすることです。ここまでたどり着くまでには、相当な努力が必要でした。しかし私が言えることは、私の人生において、子どもたちの存在が無上の喜びだということです。


"Life Is About Making the Field Tilt Toward You"|Inc.

Meg Cadoux Hirshberg(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.