• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,  07:30 AM

「健康な足指」で毎日の通勤が楽になる! やめるべき3つの習慣

「健康な足指」で毎日の通勤が楽になる! やめるべき3つの習慣

150317book_to_read.jpg


人のからだが家だとしたら、足は家が建つ土台。足指が曲がっていたり、閉じていたりするということは、土台がゆがんでいたり、小さな土台の上に大きな家が載っているのと同じ。だから、さまざまなバランスが崩れる。でも足指がしっかり広がって伸びていれば、無理のない理想的な体制で立てるので、からだに負担がかからない。

一生元気でいたければ足指を広げなさい』(湯浅慶朗著、あさ出版)で著者が訴えたいのは、端的にいえばこういうこと。そのため本書では、豊富な図版と付属のDVDを通じ、「ひろのば体操」(足指を広げて伸ばす「足指ストレッチ」)を解説しています。実際に試してみましたが、1日5分でできるひろのば体操は、なかなか快適だと感じました。

ただ、本来なら実際にDVDを見ながらやってみるのがいちばん。文章だけでお伝えするのは難しいですし、きょうはChapter 3「やっていませんか? 足指に悪い6つの習慣」から、通勤時に役立ちそうないくつかのポイントをピックアップしてみたいと思います。


やめること、その1:やわらかい靴を履く


足指が変形するいちばんの原因は、靴の選び方と履き方。この点について著者は、「一見、足腰が悪い人にやさしそうな靴は、実際、足にはまったくやさしくない」と主張しています。大きめの靴ややわらかい素材の靴を履いて歩くと、靴のなかで足が前方へすべったり、かかとがパカパカして不安定な状態になってしまう。すると足指に力が入り、それが足指の変形につながるというわけです。つまり、靴のなかで足指がすべったり、靴がゆがんだりしなければ、足は変形しないということ。そして足を変形させない靴選びのポイントは、5つあるそうです。


1. ひも靴が最適

マジックテープやジッパーを締めるタイプの靴、靴ひもを結ぶ必要のないローファーなどは、あまりおすすめできないと著者。特に足腰に痛みのある人が靴を選ぶときは、足が不安定になるものよりも、しっかりとかかとを固定できるひも靴が最適。なかでも、ひもを通す穴が5つ以上あるのが理想だそうです。


2. 靴ひもは「平ひも」の方がよい

靴ひもには、大きく分けて「丸ひも」と「平ひも」がありますが、平ひもは面全体て締めつけるため安定性が高まり、足が靴のなかですべるリスクが減るそうです。ちなみに素材は純綿と化学繊維がありますが、オススメは伸縮性が低く、ずれにくい純綿。


3. 靴は、かかとがしっかりしているものを

革靴、スニーカー、パンプス、いずれの場合も、かかとがふにゃふにゃでやわらかいと、靴のなかのかかとが不安定な状態に。「ヒールカウンター」と呼ばれる、かかとの芯が硬く長いものを選ぶべき。


4. かんたんにねじれない靴を

足指で踏ん張れない人が、やわらかい靴を履いて歩くと、足が曲がり、からだがゆがみやすくなるのだとか。その点、靴底に「シャンク」という鉄やプラスチック素材の芯が内蔵されている靴なら、簡単にはねじれないそうです。


5. 靴のなかで足指が動くものを

ものをつかんだり握ったりすることで手の指に筋肉がつくのと同様に、足指も動かせば筋肉がつくそうです。ただし、もし靴のつま先に余裕がなく足指が動かせないと、地面をつかんだり蹴ったりという基本動作ができないため、足裏の筋肉は落ちていくことになります。つまりはぶかぶかすぎても窮屈すぎてもダメということで、靴のつま先部分は少しだけ余裕を持たせるのがポイント。指1本分(1~1.5センチ)のスペースがあれば、足指が伸びて自由に動かせるといいます。(以上、110~111ページより)

これらの5点に気をつけて靴を選ぶと、足がすべることなく、足指を適切に動かすことが可能になると著者は解説しています。(108ページより)


やめること、その2:靴を履くとき、靴べらを使わない


足が変形している人に共通していることは、「靴の変形」。靴を履くとき、多くの人がかかとを踏んでおり、つま先を地面にトントンと叩いて強引に履く人も。しかし、そのように乱暴な履き方をしていると、かかとが崩れ、靴が変形してしまいます。そして靴が変形すれば、足も変形してしまう。

著者によれば、靴を履くときのポイントは「靴べら」を使うことだといいます。靴べらは靴を履きやすくするためのアイテムでもありますが、「靴のかかとの崩れを防ぐ」という役割も持っているのだそうです。また、靴べらを使えば、靴は自ずと長持ちします。

なお、靴は立った状態で履くのが基本。座った状態で履くと体重が乗らないので、足のアーチ(甲)が高くなります。そのままひもを結ぶと、立ち上がったときにアーチが下がり、靴ひもがゆるんでしまうというわけです。

立った状態で靴べらを使って履いたら、かかとを靴にピタッと密着させ、靴を正しい位置に合わせる。それが正しい靴の履き方。このとき、「かかと」を地面に軽くトントンと叩くようにするとうまくいくそうです。次に地面に片ひざを立て、足に体重が乗るようにし、そのままの状態で靴ひもを結ぶ。そうすれば、きっちりと足が固定されるわけです。

靴ひもを結ぶときは、つま先に近い方からしっかり通すこと。このとき靴ひもは、穴の外側から内側へ通していくのがポイント。下から上に通すより、この方が甲の部分がきっちり固定できるのだそうです。そして靴を脱ぐときも、かかとが崩れないように気をつけることが大切。座ってひもをゆるめてから、かかとの部分を持ってそっと脱ぐと、靴が長持ちするといいます。(116ページより)


やめること、その3:胸を張って、大股で歩いている


一般的に理想的とされている歩き方は、「胸を張って、大股で歩くこと」。しかし著者は、「こうしたウォーキングは欧米から入ってきたもので、日本人には向いていない」と断言しています。理由は、欧米人と日本人ではそもそも骨格が違うから。欧米人は骨盤が前に傾いており、お尻がツンと上がった状態。足の重心は「かかと寄り」になるとか。しかし日本人の骨盤は後ろに向いているため、腰が平らで、お尻にも肉がつきにくい。「前方重心」で、まっすぐ立っても、やや猫背気味なのが日本人の特徴なのだそうです。

そして欧米人の骨格は大股歩きに適していますが、日本人は小股歩きに適しているのだとか。日本人が胸を張って大股で歩くことは、からだに無理を強いることになるという考え方です。しかし小股歩きは日本人の骨格に合った歩き方なので、足指をうまく使うことができ、地面を蹴るときも、足指が充分に伸びる。足指で地面を無意識につかむような歩き方ができれば、足裏にも筋肉がついてくるといいます。なお歩幅の大きさは人それぞれですが、目安は「後ろ向きに歩いた時の歩幅」だそうです。(120ページより)

意外に感じることもありますが、これらを意識すれば毎日の通勤が楽になるかもしれません。そしてぜひとも、DVDをチェックしながら「ひろのば体操」にもチャレンジしてみてください。

(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.