• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,,,  05:00 PM

Evernoteと日経電子版の新連携が本日よりスタート。スピーディーに参考情報を閲覧・引用可能に

Evernoteと日経電子版の新連携が本日よりスタート。スピーディーに参考情報を閲覧・引用可能に

150316nikkei_evernote001.jpg


Evernote プレミアムおよび Evernote Business の機能の1つ「コンテキスト」は、ユーザーの代わりにEvernoteで作業中の内容に関連したニュースや情報を自動的に集めてくれます。

2015年3月16日、コンテキストの情報源の1つとして、米国以外で初めてのコンテンツパートナーとなる「日本経済新聞 電子版」(以下、日経電子版)が加わりました。これにより、Evernote上で作成するノートの内容に関連する日経電子版の最新記事が表示されるようになりました。また、日経電子版のサイト上では、記事に関連するEvernote上の自分のノートが表示されます。



日本経済新聞電子版 × Evernote コンテキスト


今回の連携により実装された機能は、次の通りです。


Evernote アプリ内における日経電子版との連携
  • ノートを閲覧・編集している際に、そのノートの内容に関連する記事を、日経電子版から自動的に見つけ出し、参考情報としてノート下部に表示する。

  • ノート下部に表示された記事をクリックすると、日経電子版の記事全文を Evernote上で閲覧できる。

  • 日経電子版の記事本文で気になる箇所を選択すると、該当部分を「引用」としてコピーできる。

  • 引用した部分をノート内にペーストすると、元記事のタイトル・日付・リンクが追加される。

※本サービスは、日経電子版とエバーノート、両方とも有料会員の方が利用できます。

日経電子版サイト上でのEvernoteの連携
日経電子版有料会員のEvernoteのユーザーは、日経電子版を閲覧する際に、記事内容に関連するEvernote上のノートが自動的に表示されます。ニュースサイト上で、記事に関連するEvernoteのノートを表示する連携は、日経電子版が世界で初となります。


また、サービス開始を記念してEvernoteユーザー限定で、日経電子版が最大2カ月間無料、Evernoteプレミアムが1年間無料で利用できる「Evernote連携スタートキャンペーン」を6月30日まで実施する予定です。


日経電子版のコンテンツが、コンテキストに登場|Evernote 日本語版ブログ

(ライフハッカー編集部)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.