• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,,,  09:00 PM

ラベルがないと、ビールの味は区別できない:「期待」が「現実」を変える科学的メカニズム

ラベルがないと、ビールの味は区別できない:「期待」が「現実」を変える科学的メカニズム

150311beer.jpg


誰もが、これから起きる出来事、今起きている出来事、自分自身、そして他者について、何らかの期待を持っています。こうした期待は、あなたが思うよりずっと大きく現実の見え方を変えてしまいます。それが良い結果をもたらすこともあれば、最悪の結果になる場合もあります。では、もう少し詳しく見ていきましょう。


期待は好き嫌いに影響を与える



私たちは、何かについてそれが良いものだと聞かされると、すぐに信じてしまいます。専門家の意見ならなおさらです。映画のレビュー、書評、あるいは、水の味(上の動画のように)でさえ、期待が、脳の批判的な部分を凌駕します。

こうした現象は特に食べ物において顕著です。たくさんの研究結果が、期待が味覚を変えてしまうことを示しています。例えば、米紙「Food Quality and Preference」に発表されたある研究では、期待が味覚に及ぼす影響を、スモークサーモン風味のアイスクリームを使って実験しました。「アイスクリーム」と書かれたラベルを見ながら食べた被験者たちは、塩辛いと言って嫌な顔をしました。「塩味のフローズン・ムース」というラベルを見た人たちは、もっと良い反応を示しました。彼らは、最初から甘いアイスクリームを期待していなかったからです。

1964年に発表された有名な研究では、ビールの銘柄ラベルが味覚にどのような影響を与えるかが調査されました。名門大学の学生たちに、ラベルの貼られていないビールを何種類も飲んでもらい、味でランク付けしてもらいました。その結果、被験者の多くが、ラベルがないと、銘柄の違うビールの味を区別できないことがわかりました。これは、ブランド名が、私たちの味覚や受け取り方に大きな影響を与えることを示しています。

ほかにも事例はたくさんあります。コカコーラは、ブランドロゴの入ったカップで出されたほうが、よりおいしく感じられるそうです。また、栄養バーの袋に「Soy(大豆)」というワードがあると、よりざらざらした食感を感じます。コーヒーを、これは苦くないよと言って出されると、苦くないように感じます。ワインも期待によって味覚が変わることで知られています。もっとばかげた研究もあります。人は、これ面白いよと言って漫画を渡されると、本当は面白くなくても、面白く感じてしまいます。

嗜好に関して言えば、実際に試してみる前に、何らかの考えをインプットされると、人はついそれに流され、自分が本当に感じていることを無視してしまうのです。


なぜ期待が知覚を変えてしまうのか?



味覚や嗜好だけではありません。期待は、現実の見え方さえも変えてしまいます。心理学と行動経済学の教授ダン・アリエリー氏は、上のTED動画で次のように説明しています。


対象に関する期待が、知覚を変えてしまいます。つまり、脳の働きが、知覚に影響を与えるということ。もし知覚が脳からの情報なしに確立されるなら、脳からの指令は無関係なはずです。

より一般化して考えれば、先入観が、現実の見え方にどのような影響を与えるのか、という問題になります。先入観に強く影響された色眼鏡で世界を見ると、何が起きるのか? これらの結果が示すのは、体と心に興味深い関連性があるということです。

これは、我々の脳が未来を予測しようとしていることを示唆しています。心は、未来を予測することで、生理的な変化を引き起こします。それは、いわば未来への準備です。そうすることで、心は、私たちに、予測した未来を経験させるのです。


この考えは、ヘドニック・トレッドミル理論(hedonic treadmill)とも符号します。人は、だんだんと期待値を上げてしまい、同じ成果では満足しなくなります。去年、B+の成績で喜んでいた人は、今年はAーをとらないと同じ喜びを得られなくなります。古い格言で「幸福=現実ー期待値」というのがありますが、これは真実なのです。つまり、理論的には日常生活にもプラシーボ効果が当てはまるということです。

米誌『Scientific American』で、科学ジャーナリストで作家のChris Berdik氏が、プラシーボ効果がいかに働くかの事例を紹介していました。


例えば、大勢の人が、自分はプレッシャーに弱いと悩んでいます。コーチについたり、優れたトレーニング技術を取り入れて、それを克服しようとする人もいます。あるいは、重要なプレゼンやコンペを前に、爪を噛んで不安に震えているだけの人もいるでしょう。一方、こんな研究もあります。

研究者たちは、トラック競技のアスリートを集めて、片方のグループには、レース前に感じる不安感は、実際はパフォーマンスを向上させるのだと伝えました。残りのグループには、そうした感情は、有害な影響をもたらすと教えました。結果、プレッシャーのかかるレース本番で、それぞれのアスリートたちは、聞かされた通りのパフォーマンスを見せたのです。

別の研究では、アスリートたちに、パーソナリティに関するひとつの質問を投げかけました。そして、無作為に選んだ一部のアスリートにだけ、君の回答はプレッシャーの強さを表わしている、とウソのフィードバックを与えました。レース本番、プレッシャーに強いと言われたアスリートたちは、そのとおりの結果を残しました。


もちろん、心が世界のすべてを変えられるという意味ではありません。もしあなたが病気なのだとしたら、あなたは病気なのです。もしあなたが悲しいなら、あなたはやっぱり悲しいのです。しかし、自分が思っているよりは、自分の未来はコントロールできます。少なくとも些細なレベルではそうです。自分はうまくやれないだろうと思っていれば、その考えが現実の行動に影響を与えます。これは日常生活全般にあてはまります。学校、仕事、デート、エクサイズ、なんでもです。あなたは世界そのものを変えることはできません。しかし、あなたの期待が、あなたが世界を体験する仕方を変えるのです。


他者の期待があなたを変える



他者からどう見られているかという考えも(もちろん、実際にどう見られているかも含めて)、あなたの行動に影響を与えます。


この最も有名な事例が、1977年の学術誌『The Journal of Personality and Social Psychology(パーソナリティと社会心理学)』に見つかります。この研究では、固定概念が対人的魅力に及ぼす影響を調査しました。

研究者たちは、男性の被験者を集め、ある女性と電話で話してもらう前に、1枚の女性の写真を見せました。一部の男性には魅力的な女性の写真を見せ、残りの男性にはあまり魅力的でない女性の写真を見せました。その後、男性たちには、ある女性と電話で話してもらうわけですが、半数の男性は電話の相手は魅力的な女性だと思い込んでおり、残りの半数は魅力的でない女性と話していると思っています。電話の相手の女性はそのことを知りません。何が起きたでしょうか? 魅力的な女性と話していると思い込んでいる男性は、普段と違う話し方をしました。それに反応して、電話口の女性も、魅力的な女性に典型的に見られるような振る舞いを見せたのです。一般的に、男性は、相手が魅力的な人だと思うと、話し方や話す内容を変えます。そして女性はそのとおりに反応するのです。


これは教育にもあてはまります。心理学者のロバート・ローゼンタール氏は、長年の研究により、教師の期待が子どもの成績に影響を与えることを発見しました。米公共ラジオNPRが次のように解説しています。


子どもたちを2年以上観察した結果、ローゼンタール氏は、教師の期待が子どもに大きく影響することを発見しました。「教師から、IQが伸びると期待を込めて見られていた子どもは、実際に少しずつIQを向上させていった」

ローゼンタール氏はさらに研究を進め、教師の持つ期待が、子どもへの接し方に、さまざまな形で、ときにはほとんど目に見えない形で影響を与えていることを発見しました。教師たちは、成績が伸びると期待している生徒に対して、質問に答える時間をより長く与え、より具体的なフィードバックを返し、より承認的な態度を示します。頻繁に体に触れ、うなずき、ほほえみかけるのです。


もっとも、あなたもお気づきのように、これは自然科学のように確かなものではありません。誰かから期待を持って見られていても、ちっとも気づかないこともあります。また、こうした社会的な刺激が、必ずしも特定の行動を引き起こすともかぎりません。

とはいえ、他者の期待が、私たちの行動に影響を与えているのは事実です。最近聴いたNPRの番組「Invisibilia」が、盲目の人の現実の見え方が、周囲からの期待によっていかに規定されているかについて論じていました。これは広範囲に及んだステレオタイプ化の一例ですが、同じことが人種、ジェンダー、宗教、そのほかさまざまな特性に当てはまることは言うまでもありません。気づいていなくても、私たちはみな、周囲の期待につい従ってしまうのです。おそらくあなたは友人たちから、「物静かな人」とか「向こう見ずな奴」とか、「パーティー好き」などと呼ばれているでしょう。そして無意識のうちに、そうしたステレオタイプに従って行動しているのです。それが本当の自分とは違っていてもです。


自分の期待に気づいておく



他者からの期待はコントロールできませんが、自分の期待には取り組めます。少なくともある程度は可能です。それには、よく言われることですが、自分の行動を常に把握し、できるだけ注意を払い続けておくことです。

次の2つのシンプルなコツを覚えておくと役に立ちます。心理学者のBob Taibbi氏は自分の「したい」と「すべき」を区別しておくようと言っています。


群集心理や無意識の行動は、たいてい「すべき」に結びついています。「すべき」は、私たちが属する集団、超自我、頭の中で聞こえる両親の声などからやってきます。「すべき」は、他者から課せられた期待を表しているのです。すべきことができないと、私たちは罪悪感を持ちます。一方、「すべき」に従って行動すると、やらされている感を持つようになります。... そして、努力に見合う報酬を期待します。本当はやりたくないことをしているので、他者からの承認や注目を期待するのです。そして、褒美をくれ、頭をなでてくれ、もらえるはずのものをよこせ、と思うようになります。期待した報酬がやってこないとき、失望と後悔にさいなまれることになるのです。


同じように、科学ジャーナリストのChris Berdik氏は、こうした期待をうまく利用することが重要だと説きます。


不安を和らげる方法として、少し早めに手を打つことです。10kmのマラソンを何度か経験すると、脳は、体が要求するもの、消費されるエネルギー、適切なペース配分などを把握します。そのほか、感情や水分の状態など、さまざなまな要素が監視対象となります。また、脳は、ブレーキの役割も果たします。この先に体に起きることを予測し、「うーん、ガス欠になりそうだ。このままでは問題が起きるぞ」とつぶやきます。そして、問題が起きる前に疲労感を誘発するというわけです。


もっとも、期待は万能ではありません。また、期待がなければ何かをできないというわけでもありません。とはいえ、自己達成への期待が、実際にあなたの行動に影響を与えることは覚えておきましょう。

大切なのは、自分が期待していることは何か、また、現実に起きていることは何かに、常に注意を払っておくことです。また、あなたの期待がどれほど他者に影響を及ぼすかを理解するのも重要です。ゆっくりと時間をかけて、自分が、自分と友人たちにどんな期待を持っているかを調べてください。そして、現実にそれがどのような影響を及ぼすのかを観察します。期待が、どれほど現実の見え方を変えるのかを知れば、きっと驚くことでしょう。


Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.