• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  10:00 PM

疲れた脳が回復する、効果的に頭を休めるコツは「ぼーっと」すること

疲れた脳が回復する、効果的に頭を休めるコツは「ぼーっと」すること

150315break.jpg


時には仕事から離れることも大事。頭ではわかっているでしょう。休憩を取ることで、あなたは集中力を取り戻し、より生産的になることができます。しかし、休憩の取り方も、また重要なのです。頭脳を完全に復活させる、より効果的な休憩を取るには、注意力が必要なあらゆる活動を避けなければいけません。


ブログ「Farnam Street」では、実際、休息の方法によって、かなりの注意力を必要とするものがあると説明しています。例えば、街を歩く時には、自分の周りで起こるあらゆるものに、細かな注意を払うことが求められがちです。そこにある問題点は、注意を完全に解除することがなく、部分的にしか脳が休まらないということです。Farnam Streetでは「Focus: The Hidden Driver of Excellence(未邦訳)」という本を紹介しています。著者のダニエル・ゴールマン氏は作中で、ぼーっとすることが、「注意力の回復」にとって重要である、と指摘しています。


公園や森林を歩くときは、何かに注意する必要はほとんどありません。私たちは、自然の中で過ごすことで、回復できるのです。たとえ数分でもいいので公園や、静かに真っ赤に染まる夕暮れの雲や、蝶々の羽ばたきといった、うっとりするような素晴らしい環境の中を散歩するだけで、回復するのです。 研究グループが指摘したように、努力を行うための回路のエネルギーを最充填し、注意力や記憶を復元し、認知力を改善させるのです。


私が「休息」を取るとき、たいていは単にコンピュータから離れて歩いたり、外に座ったりすることなどを指します。しかし、私の意識は、まだ仕事の問題に向けられています。もちろん、景観の変化は、仕事によっては有効です。しかし、認知力の疲労から本当に回復するには、気晴らしに身を任せて、あなたの思考を好きなように彷徨わせることが必要なのです。これによってあなたの認知能力が回復し、またフルスピードで仕事ができるようになるのです。


Focus: The Hidden Driver of Excellence|Daniel Goleman via Farnam Street

Kristin Wong(原文/訳:コニャック
Photo by Mike Sinko Photography.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.