• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  09:00 AM

批判を聞くと不幸になる。批判を聞かないほうがいい6つの理由

批判を聞くと不幸になる。批判を聞かないほうがいい6つの理由

150315criticize_unhappy.jpg


誰もが自分の心に正直に従うのが難しいと感じるときはあると思います。誰かが、私や私の仕事について批判的なことを言っている時がそうです。自分のことは自分が一番わかっていると思っていても、自分を疑い始めてしまうとキリがありません。

しかし、こういった循環は本当に良くないことで、人生に必要なことではありません。私は批判を聞き流すのは、批判を気にするよりもはるかに良いことであり、必要なことだと考えます。今回は、批判を聞き入れないこと、もしくは最初から耳に入らないようにした方がいい理由を解説していきましょう。


1. 批判を過大評価してしまっている


メンタルタフネスのコーチで、作家のJason Selkさんが「人間の脳は自分を怒らせたり怖がらせたりする対象に意識を向ける傾向にある」と説明してくれた時、私は目からウロコが落ちました。私たちの先祖は、蝶よりも毒を持つ蛇に注意していたからこそ生き残れたのだろうと想像すると、その説はうなづけます。しかし、現代はそのようなネガティブな感情を呼び起こすものに意識を向けても生き残ることはできません(今回はどのようにしてそこから抜け出すかという話です)。

このことをよく知っていても、ツイッターで誰かが、私は自分のことばかり書いているとコメントすると、特に意識していなくても、個人的なことを書かないようになります。最近、ある批評家が私のコラムを陳腐だと言っており、そのせいで私は一晩中思い悩みました。1000人以上の人が、そのコラムは価値があるとシェアしてくれていたにも関わらずです。どうして私は、たったひとつの批判をそこまで気にしてしまうのでしょう?

批判を気にするのは意味がないとわかっていても、ネガティブなものに気を取られてしまう傾向というのは、直りにくいものだからです。今度誰かに批判されたことに囚われているのに気付いたら、今の自分ではなく、「自分の内なる原始人」がそう考えているのだと思い出しましょう。


2. 批判を聞くと不幸になる


批判を聞くと不幸になり、仕事の成果が悪くなり、健康も害し、自分にとっていいことはない、という証拠はあり余るほどあります。ネガティブなことを聞くのは、実際脳にも良くありません。批判されたことを鵜呑みにする前に、聞くだけの価値があるものかどうか慎重に検討しましょう。


3. 批判する動機に問題があるかもしれない


私が独身のとき、友だちが同じく独身の男性をディナーに連れてきました。後日、その男性のことを友だちに何気なく聞いたところ、「あの夜、彼を車で送っていたら、同じディナーに来ていた他の女性のことを夢中で話していたの」と言うのです。確かに友人として正直に話してくれるのはうれしいことですが、「彼は他に好きな人ができたみたい」とか、もっと無難な言い方もありますよね。

誰でも「知っておいた方がいいと思うんだけど」とか「あなたに隠しておきたくなくて」とか「正直に言った方がいいと思うから」というような枕詞を聞いたことがあるでしょう。今度そのような言葉で会話が始まったら、相手が本当に自分のことを助けたくて言っているのかどうか、良くない報せを言いたい理由が他にもあるのではないか、とよく考えてみましょう。


4. 尊敬できない人からの批判かもしれない


自分が尊敬している人から、客観的で冷静で思慮深い批判をされたら、それは間違いなく聞き入れた方がいいでしょう。しかし、一体どうしてこんなヤツから言われなきゃいけないんだ、というような場合もあります。特に、オンライン上の匿名のコメントをすんなりと受け入れる必要がありますか? 恐竜の存在をデマだと思っている人がゴロゴロいるのがネットの世界ですよ?


5. 前進する勢いを止めるおそれがある


個人的に、これは本当にとても危険だと思うのですが、例えば、米国作家ジャーナリスト協会(ASJA)というのは、人を喜ばせるのが苦手なフリーランスのライターで構成されています。10年以上もの間、多くの良いリーダーたちが批判につまずくのを見てきました。ほんの数人が不平不満を言うと、大半の会員にメリットがないことでも聞き入れたからです。批判や不平譜面を恐れるあまり、いいアイデアを試すこともなく却下するのも見てきました。耳栓でもしていた方がはるかにマシです。


6. 批判を信じてしまう


これが何より一番良くありません。自分は愛されるだけの価値のあるいい人間だと思っていたら、本当に人からも愛されます。自分は強い人間だと信じていると、強い行動をするようになっていき、本当に強くなります。

自分のことをどのように思っているかというのは、驚くほどパワフルです。そんな強力なパワーを、相応しくない人に渡してはいけません。


6 Really Important Reasons You Should Stop Listening to Criticism|Inc.

Minda Zetlin(訳:的野裕子)
Photo by Shutterstock

  • ,,, - By 松尾仁LIKE

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    Sponsored

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    1回の「ひげ剃り」で、カミソリで何回剃っているか知ってる? ジレットの「肌を守る」新しいカミソリを体験してきた

    毎日のひげ剃りは、多くの社会人男性にとって大切なマナーのひとつです。そして、いつの時代も変わらない悩みとして言われるのが「カミソリ負け」。 T字型カミソリの世界シェアNO.1を誇るジレットは、その大きな要因のひとつが「リストローク(肌の同じ場所を2度以上剃ること)」であると考え、4年間の研究開発の末、肌を守る新機能を搭載した新製品「ジレット フュージョン5+1 プロシールド」を発売することになり  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.