• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,  09:00 PM

タブレットは子どもにとって悪なのか?早期言語発達の研究者に聞いた結論

タブレットは子どもにとって悪なのか?早期言語発達の研究者に聞いた結論

150224tablet1.jpg


多くの専門家が、子どものスクリーンタイム(テレビ・ゲーム・スマホなどを見る時間)を制限することを勧めています。でも、タブレットやスマートフォンはユビキタス化が進み、そのような制限は現実的でなくなりつつあります。しかもこのスクリーンタイム、子どもにとって必ずしも有害とはいえないのです。

これまでにも、子どもとスクリーンタイムに関する研究が多くなされてきました。この記事では、それらの研究結果を引用しながら、早期言語発達の研究者であり、スピーチおよび言語セラピストでもあるクレア・スミスさんに意見を聞きました。あれこれ心配する前に、これだけは知っておいてください。


すべてのスクリーンタイムが同じではない


150224tablet2.jpg


米国小児学会(AAP)では、スクリーンタイムについて語るとき、タブレットやスマートフォンをテレビやその他のデバイスと同様に扱っています。でも、多くの研究で制限対象として指摘されているのはテレビとゲーム(特に暴力的なゲーム)のみで、タブレットやスマホが対象の研究はあまり多くありません。テレビはスマホやタブレットよりもずっと長期にわたって研究されているため、これは納得できる結果です。しかし、AAPのようにすべてを一緒くたに扱ってしまうと、デバイス間の違いや、用途の違いを覆い隠してしまうことになりかねません。

スミスさんはこう言います。


テレビやコンピューターの使用に関する研究結果を引き合いに出したくなる気持ちもわかりますが、どの程度それを適用できるかは、何を知りたいかによるでしょう。


テレビは、子どもにとって注意欠陥障害の原因になると言われ続けてきました。ところが、「Slate」のMelinda Wenner-Moyerさんによると、社会経済的状況やコンテンツの種類など、他の要素を研究に含めると、そのような影響は消滅することが多いそうです。


個人的に、『Endless Alphabet』と『Grand Theft Auto』が同じだとは思えませんし、メディア研究者もそうは思っていません」


テレビは受け身です。スタッフが作り、視聴者が見る。スタッフはあなた個人の専属ではありません。誰かのおばあちゃんがテレビに出ていても、それはあなたのおばあちゃんではないのです。

米国小児学会の提言を書いた小児科医の1人が、「JAMA Pediatrics」にこう書いています。iPadで遊ぶことは、受け身でTVを見るよりも、ブロック遊びや絵本読みにずっと近いという内容です。(同医師の個人的見解であり、米国小児学会の見解でないことに注意)


保護者は常に、いまタッチスクリーンがなければ子どもが何をしているだろうと想像することが大切です。たとえば、レストランで食事中、家族全員がそれぞれのデバイスを見ている状況は非常に残念です。家族の交流という、今では珍しくなりつつある機会を逸してしまうのですから。一方で、2歳未満の子どもの90%が、日常的にテレビやDVDを見ていると言われています。それをするぐらいなら、インタラクティブなメディアの方が、少なくとも害が少ないと私は思うのです。


同医師は、タッチスクリーンデバイスは、2歳未満の子どもにとって、1日1時間程度であればおそらく問題ないと結論づけています。そして、その時間は、昔からあるおもちゃで遊ぶ時間と同質なのだと。

非営利団体「Zero To Three」は、時間でスクリーンタイムを区切ることに反対しています。なぜなら、スクリーンに向かう時間よりも、コンテンツの種類の方がずっと大切だからです。それよりも、保護者が一緒にスクリーンを見ながらその内容について子どもと話し、リアルワールドと関連づけること(画面上の動作を真似るなど)を勧めています。そして、スクリーンから離れても、その話を続けるのがいいのだとか。たとえば、塗り絵ゲームをしたあとに、洗濯物やおもちゃを色別に並べるなどの方法が考えられます。


リアルワールドでの体験を


150224tablet3.jpg


現実世界には、子どもが学ぶべきことがたくさんあります。幼児は、人の顔を見ること、人と会話をすること、3次元のモノに実際に触れることが必要。すべての子どもは、大人と同じで、柔軟な社交スキルを持ち、タスクに集中し、タイムマネジメントを学ぶ必要があります。ですから、タブレットはテレビほど悪くありませんが、同時にリアルワールドでのスキルを磨くことも忘れないでください。

「電子機器禁止キャンプ」に参加した子どもは、ほんの5日間で社交スキルが伸びると言われています。この結果は、スクリーンタイムに対するネガティブキャンペーンに使われることが多いのですが、本来注目すべきは、そのキャンプで子どもたちが「何をしなかったか」ではなく、「何をしたか」ではないでしょうか。Cory Turnerさんは、「NPR」にこう書いています。


子どもの成長をもたらしたのは、毎日のように面と向かって一緒に行動し、相手の表情、声色、態度などをつねに解読していたという事実からでしょう。

わかったことは、社交スキルには、継続的なメンテナンスが必要ということ。

この研究によると、同じようなスキル向上は、練習をすればもっと短い時間でもできるそうです。ただし、スクリーンタイムは、貴重なフェイス・トゥー・フェイスの時間を奪ってしまいます。


社交スキルを伸ばしてくれるアプリもあります。たとえば、『Child Development』に発表された論文によると、幼児は受け身のテレビからは言葉を学ばないものの、リアルな人間とのビデオチャットであれば、現実世界の会話と同じように学べることが示されています。

とはいえ、アプリストアには「知育」を主張するゲームがあふれています。それらのゲームが、ゲームの特定の作業をこなす以上の学びがあるのかは不明です。


子どもの学びを意識する


スマホやタブレットは、単なるおもちゃというよりは、ツールです。子どもは、親がデバイスを使っているのを見ています。ですから、それを使いたくなるのは当然。子どもだって、ただなんとなく時間を過ごすのではなく、目的をもってデバイスを使うことができるはずです。

たとえば、子どもでもメールやビデオチャットの方法を学ぶことができます。疑問点をネットで調べることもできるでしょう。SiriやGoogle Nowがあれば、文字入力ができなくてもいいのです。

スミスさんに、ツールとしてのスマホやタブレットの存在について聞きました。


いまや、テクノロジーが、社会とのかかわり、学習、仕事、レジャーのための機会を広げてくれる時代です。それはあたりまえになりつつあり、子どもたちはこのテクノロジーに精通するようになるでしょう。もはや、誰もが自由に使い方を選べる、ひとつのメディアとなっているのです。デバイスやアプリ選びは、おもちゃ選びや本選びと同じ。それぞれのメリットに応じて、選択すればいいのです。

我が家の子どもたちは、SNSやゲームを楽しんでいます。親である私たちは、それにともなうメリットとリスクを伝えるように努めています。親として、交通安全、見知らぬ人の危険、栄養バランスの取れた食生活、学習へのアプローチを教えるのは当然のことですが、最新のテクノロジーやオンラインの世界について教えるのもその延長と考えてよいのではないでしょうか。


子どもは、いつか必ずテクノロジーの使い方を覚えることになります。ですから、できるだけ早い段階でその世界を探求させることは、決して悪くない考えだと思います。ただし、学校に行くと、まだまだデスクトップのコンピューターが待っています。我が子のハイテクぶりを自慢したければ、図書館に連れていって、マウスの使い方も教えておきましょう。


結論:スクリーンタイムそのものは、悪ではなかった


150224tablet4.jpg


スミスさんはこう言います。


現段階で、タッチスクリーンが小さな子どもに悪影響を与えるという証拠はありません。

理解力に関する複数の研究で示されているように、小さな子どもは幅広いメディアから、さまざまな方法で恩恵を受けることができます。ですから、親はツールの違いを理解し、それぞれに合わせて子どもをガイドしてやればいいのです。


これを念頭に入れて、わかったことをまとめてみましょう。



  • 子どもは、たっぷり時間をかけて、現実世界を探求する必要がある。

  • 子どもは必ずしも、人や物に触れるのと同じように、動画やアプリから学ぶわけではない。

  • 子どもは、社交スキルを身につけるための練習が必要(スカイプなどのアプリでもOK)。

  • スクリーンタイムが長すぎたり、ベッドのそばにデバイスを置いている子どもは、睡眠に問題が起こりやすい。ただし、これには相互的な関係がある。夜に眠れない子どもが、動画を見ている傾向があるともいえる(ちなみに、スクリーンは大人の睡眠も妨げる)。

  • インターネット、スマホ、タブレットは、子どもたちが育っているこの世界の一部である。


睡眠や運動、現実世界での遊び、親や保育者との交流など、健全な成長の機会を奪うことには十分に注意を払う必要があります。

でも、子どもにスマホで遊ばせたり、タブレットを買い与えたからといって、悪い親だとは言えません。もっと大局的な視点で、物事を考える必要があります。

スクリーンが成長の機会を奪わないようにする方法として、触れさせないという方法も確かにありますが、それが唯一の方法ではありません(ちなみに私は子どものころ、異常なまでの読書中毒でした。スクリーンに関係ありませんが、それだって同じような問題を引き起こす可能性は十分にあります)。

時間で制限するという方法もよく耳にしますが、それは完全ではありません。すべてのスクリーンタイムが同じではないのです。毎日のように貴重な体験をたくさんしている子どもであれば、1時間でスクリーンを切る必要はないかもしれません。1時間がよくて、1時間半がダメな理由は存在しません。

実際、日々の生活で十分な成長の機会を得られている子どもには、制限は不要です。「制限をかけなければ、ほとんどの子どもが、タブレットを毎日使うようになったり、スイーツばかりを食べるようになり、夜は寝なくなってしまうでしょう」と主張する人もいますが、個人的にはそう思いません。我が家の子どもたちにはスクリーンタイムの制限を設けていませんが、現実世界のおもちゃや遊びをしたくなったら、自らタブレットを置きます。これは、制限なくタブレットを使えるからこそできることではないでしょうか。スクリーンタイムが禁断の果実にならないよう、制限とリスクのバランスが大切です。


Beth Skwarecki(原文/訳:堀込泰三)
Images by Brian Hagen, Jerine Lay, Glenn Buckholtz, Austin Marshall.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.