• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

堀込泰三  - ,,,,,  08:00 PM

SNSは「成功劇場」。他人と自分を比べるのは、もうやめよう。

SNSは「成功劇場」。他人と自分を比べるのは、もうやめよう。

150314dont_confuse_enviability001.jpg


SNSは、私たちの行動を変えてしまいました。人とのつながりが強くなった分、すぐに他人と自分を比較するようになったのです。そんな今だからこそ、妬みと幸せの違いについて、もっと意識することが必要です。



「成功劇場」の正体を見抜く


150314dont_confuse_enviability002.jpg


FacebookやInstagramなどのSNSは、便利な反面、すぐに自分と他人を比べてしまいます。哲学者の故バートランド・ラッセルは、『幸福論』にこう記しています。



それゆえ、あなたは、成功だけで「妬み」から逃れることはできない。なぜなら、歴史上あるいは伝説の中に、常にあなたよりももっと成功した人物がいるからである。手に入る楽しみを享受し、やらなければならない仕事をし、自分よりも幸運だと(たぶん,まったく誤って)想像する人たちとの比較をやめれば、あなたは、「妬み」から逃れることができる。



Facebookで見るのは、歴史上の人物や伝説ではない、リアルな人間です。だからこそ、なおさら「妬み」が強くなってしまうのです。でも、コラムニストのJenna Worthamさんは、「The New York Times」において、SNSの投稿は、投稿者によって計算されたイメージにすぎないと言います。



大事なことだからこそ、私たちはそれをうまくこなそうとします。SNSの投稿は、誰が見るかわからないし、今後の人間関係やキャリアにどう影響するかわかりません。そのため私たちは、世界に自分をどうプレゼンするか、どの状態の自分を見せるのかに、注意深くなってしまうのです。


SNSで目にする出来事は、「投稿者が見せたいこと」だけです。私たちの人生には、障害物もあれば、ネガティブな感情もあります。でも、SNSにはその痕跡を見せないことがほとんどです。その結果、他人の名場面集と自分のNG集を比べてしまうことになるのです。

FacebookやInstagramの「成功劇場」にいると、インスタントな承認ほしさに、イベントをねつ造したい気持ちがわいてきます。そんな投稿に限って、「200いいね!」を獲得。さらに、ご丁寧にもFacebookのアルゴリズムは、そのような投稿を友達のフィードのトップに表示させます。

私たちは、「いいね!」されたイベントが、成果として広く認められることをどうすることもできません。でも、承認が目的の自慢やねつ造をやめることはできます。Facebookは、私たちが作り出した虚像なのです。

何百人や何千人との間のゆるいつながりに向けて発信することをやめれば、もっと内側を見て、より大切なことや大切な人に努力とエネルギーを集中させることができます。

他人との比較は、ずっと昔からあったこと。SNSは、その傾向を加速させただけにすぎません。ですから、完全にやめろとは言いません。ただ、他人と自分を比較するなら、注意が必要です。


「うらやましいキャリア=幸せ」ではない


150314dont_confuse_enviability003.jpg


キャリア、名声、プライド、うらやましさは、幸せの同義語だと思われがちです。でも、それらは同じではありません。「Calvin & Hobbes」のクリエイター、Bill Watterson氏は、ケニヨン・カレッジの卒業記念スピーチで、そのことを述べました。



強欲や不真面目さを、さも良い人生かのように奨励する文化においては、自分の仕事に喜んで取り組んでいる人は、破壊分子とは言わないまでも、奇異な目で見られます。野心が理解されるのは、想像上の成功のはしごの、最後の段に上るときだけ。

他の興味を追求するための時間が取れるからという理由で他人がやりたがらない仕事をする人は、変わり者と指をさされます。

子どもを育てるためにキャリアを捨て、家にいることを決めた人は、自らの可能性を活かしきれていないと言われます。あたかも、仕事での地位や給料が、人間の価値を測る唯一の指標だと言わんばかりに。


もちろん、人からうらやましがられるキャリアを持つことと、幸せでいることが、まったく相容れないわけではありません。でも、富と名声を手に入れれば、必ずしも幸せになれるわけでもないのです。あなたが考える「夢の仕事」だって同じ。それが自分のやりたいことでなければ、ハッピーになれないのです。その違いを理解するのは難しいかもしれませんが、自分に正直になることが大切です。


夢はお金で買えない(こともある)


150314dont_confuse_enviability004.jpg


名声のあるキャリアとともに得られるイメージも、あなたを幸せにはしてくれません。

幸せをお金で買うこと、富を見せびらかすこと、うらやましがられることで埋められる心の隙間なんて、ほんの一部に過ぎないし、長く続くものでもありません。そして再び、他人から認められたいあまり、それほど大切でもない人に向けた、発信を始めてしまうのです。

お金は大事じゃないと言っているわけではありません。情熱だけでは、衣食住を賄うことができませんから。それより大事なことは、ある程度であればお金で心の平穏を買えること。それが、幸せにつながることもあります。でも、うらやましがられるようなイメージのためにお金を使うことは、幸せにつながる解決策とは言えません。


心の奥まで掘り下げてみる


150314dont_confuse_enviability005.jpg


心の奥で感じていることと、他人の意見によって感じさせられていることの違いには、なかなか気づけません。仕事を始める前のドキドキやワクワクを記録したり、仕事への自分の反応を客観的にチェックすることで、自分の本当の気持ちがわかるでしょう。

私自身、人生に迷っていたとき、ある人からこんなアドバイスをもらったことがあります。1週間でいいから、毎日の心の浮き沈みを記録して、パターンを見つけてみろと。それは記憶力の強化にもつながる習慣だと思ったので、やってみることにしました。たっぷり時間をかけて、系統的に自分の行動パターンや価値観、情熱を調べることで、自分を満たしてくれるものは何なのかが見えてきます。何にドキドキして、何がきっかけで情熱がほとばしるのか。その理由は何なのか。

起業家のDerek Siversはかつて、「『Yes』はもうやめよう。『もちろん!』か『No』のどちらかだ」という記事を書いています。長い目で見てトラブルを減らすには、自分または相手の反応が「もちろん!」でなければ、それは「No」を意味するという、シンプルなルールです。

つねに、自分に問いかけるようにしてください。「今からやろうとしていることは、来年もやりたいことか?」と。何日もNoが続くようであれば、そろそろ変わるときかもしれません。

お金で幸せを買うことを選ぶなら、長期的にはいいことがあっても、短期的には問題が発生することを覚悟してください。困難に直面したときは、軍事戦略家B.H.Liddell Hart氏のアドバイスを思い出すといいでしょう。



できるだけ、強さを保て。どんなときでも、冷静さを保て。限りない忍耐強さを持つんだ。


「やるべきこと」と「やらなければならないこと」を区別する


150314dont_confuse_enviability006.jpg


私たちは毎日のように、「~べき」と「~なければならない」の間で、選択を迫られています。前者は、自分が世界に期待されていると思っていること、後者は、心の奥でやりたいと思っていることです。多くの人が、自分にとって最高の日々を、数年を、いや人生そのものを、「~べき」で選んでいるのが現状です。利益を得たい、人に印象を与えたいという欲求が、私たちの良識と情熱を押さえつけてしまうのです。

とはいえ、家族や友人からの期待を背負っていることもあるでしょう。ですから、すぐに我が道を行くことはできないかもしれません。でも、彼らもゆっくりとした変化なら受け入れてくれるはず。それを念頭に、周囲を巻き込んでいきましょう。彼らの意見は、SNSのつながりよりもずっと大切です。

皮肉なことに、世界が幻想であふれる中、あなたを幸せにしてくれるキャリアこそ、究極にうらやましがられるのです。バートランド・ラッセルはこう言いました。



結局、幸福よりうらやましがられるものは、他にはないはずである。


Herbert Lui(原文/訳:堀込泰三)
Photos by Florencia Cárcamo, Canon in 2D, Sukanto Debnath, Anne Worner, Liam Quinn, and Kamal Zharif Kamaludin

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.