• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  08:30 AM

会社が苦しい時、経営者は職場での「楽しい行事」を計画するべきか?

会社が苦しい時、経営者は職場での「楽しい行事」を計画するべきか?

150313fun_at_work.jpg


Inc.:Inc.comのコラムニストAlison Green氏は、職場や経営の問題についてのあらゆる質問に答えてくれます。今回は、ある経営者から次のような相談が寄せられました。



私の会社は現在、財政的に苦しい状況にあり、社員たちはストレスを感じたり、今の状況にうんざりしたり、将来を不安に思っています。

私なりに考えた結果、社内で料理コンテスト、冬にはクリスマスツリーの飾りつけ、夏にはバーベキューなどの年間行事を開催して、社員の間にある緊張感を和らげるべきだと思っています。少なくとも2カ月に1回ぐらいは、こうした楽しい行事をしてはどうだろう...と考えました。

私は社員たちに働くことをもっと楽しんでほしいのですが、こうした行事によって彼らの職場の士気を高めることはできるでしょうか? 私は今、1週間後のランチタイムに短編映画を上映することを考えています。別の社員はその2週間後に違う行事を計画しています。エイプリル・フールも近いので、その祝日の行事についても考えています。

もしかすると、このようなことは、職場の生産性を逆に低下させてしまうものなのでしょうか?


まあ、そうですね。

本来、社員は仕事をするために職場にいるのです。ですから、経営者のあなたは、会社の使命が何かということにもとづき、その提案によって社員の時間を使うことが、その使命に対してどのように貢献するのかを考えなければなりません。

おそらくあなたは、職場での楽しみを増やすことで社員の士気が高まり、最終的には生産性も高まると考えているのでしょう。士気が高い方が生産性は高いことは確かですが、「楽しいこと」を計画することで士気が高まるわけではありません。

たいていの人にとって、やる気や満足な生活というのは、楽しい社内行事がたくさんあることで得られるのではありません。むしろ、公平で有能な上司の存在や仕事上での要求が明確なこと、今後のためになるフィードバック、そして仕事の成果を認めてくれること、正当な賃金と手当てがもらえること、仕事に必要な資料がそろっていることなどから得られるものなのです。

こうしたものがなければ、社員を楽しませようと行事を計画することが裏目に出てしまうことになりかねません。社員にとって、経営者が基本的なことを充実させる努力もせずに、社員に遠出をさせたり交流会で大騒ぎをさせようとするような職場で働くのは不愉快なことです。つまり、あなたの提案が社員の機嫌を損ねてしまう可能性もあるのです。

あなたの職場の場合は、特に当てはまるでしょう。会社が財政的な困難に直面しているのを目の当たりにしている社員たちは、会社にそのような行事をしている時間やお金の余裕があるのかと疑問に思うでしょうし、会社が本当に抱えている重大な問題から社員の注意をそらすのが行事の真の目的ではないかという疑念さえ持つようになるでしょう。

さらに、社員たちの多くは勤務時間を仕事ではない活動に使うことを不快に思うでしょう。クリスマスツリーの飾りつけのをしている時のオフィスの様子を私に見せてください。その時間に仕事をする必要がないならば、1時間でも早く家に帰った方がマシだと、社員みんなが不満顔でいることでしょう。彼らは自分のプライベートな時間は、本当に一緒に過ごしたい人たちと好きなように楽しみたいと考えているはずです。

もちろん、職場で楽しい行事を組織的に開催する意味が、まったくないわけではありません。誕生日のお祝いから、会社でのピクニックやホットプレッツェル・デイまで、多くの社員が楽しめるような定期的なイベントを行っている会社はたくさんあります。

しかし、こうした活動を社員のストレスや不安を和らげる目的で使い、彼らの抱えている問題の根本的な原因を取り除く取り組みをきちんとしないのであれば、不愉快な思いをする人が増えるだけだと思います。

社員にもっと幸せな気持ちになってほしいという、あなたの動機は間違いなく正しいものです。しかし私は、その目標を達成させる、ほかの方法を考えることをお勧めします。社員を楽しませることではなく、社員が本当に望んでいることを考えるのです。

あなたが本当に社員に提供すべきものを、先ほど挙げたリストを参考に考えて、実現させる方法を見つけましょう。目先の楽しみを与えるよりも大変なことかもしれませんが、あなたが目標を達成するためにはずっと効果的な道だと思います。


Should Managers Organize Fun at Work?|Inc.

Alison Green(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.