• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  11:30 AM

防災や防犯に備えよう、都市で生き延びるサバイバルテクニック

防災や防犯に備えよう、都市で生き延びるサバイバルテクニック

150311urban.jpg


2012年3月8日公開記事を、編集・修正して再掲載します。


ある日突然、災害などで社会インフラが崩壊することがあります。不測の事態に備え、そういう時に役立つ用意はしておきたいものです。そこで今回は、都市における基本的なサバイバルテクニックをご紹介します。


筆者は都市でのサバイバルについて理解するために『The Handbook to Practical Disaster Preparedness for the Family』と『Disaster Preparedness for EMP Attacks and Solar Storms』の著者であるArthur Bradley博士に話を聞きに行きました。博士によると、身につけるべきサバイバルテクニックは3種類あるとのこと。


・ストックパイラー(備蓄者):必要な物資を備蓄しておく者。ただし、サバイバル自体は苦手。
・マクガイバー:ダクトテープ、鉛筆、チューインガムなどで、応急的に何でも作ってしまう者(人気ドラマ『冒険野郎マクガイバー』に由来)。
・サバイバリスト:古い切り株のようなものからでも夕食を調達でき、トイレットペーパーと錆びたコーヒー缶を使って暖をとるようなスキルを持つ者。


この3種類のテクニックについて、サバイバルのミッションごとに具体的な内容を見て行くことにします。ミッションは「避難場所を見つける」、「水を確保する」、「食料を確保する」、「救助を呼ぶ」の4つです。また、これらのテクニックを個別に見ていく前に、誰にとっても必要となる基礎的で重要なテクニックについて確認します。それは「安全確保」です。

日常生活にも危険は存在します。また、いつ自然災害に巻き込まれるか予測不可能です。しかし、それぞれの状況における対処法を知っておけば、自分の身の安全を守ることが可能です。


日常での安全を確保し、起こりうる危機への対処法を知る


150311urban002.jpg


日常生活は危険と隣り合わせと言えます。すべての危険に備えることは不可能ですが、自分に起りそうなものについては、しっかり対策を学んでおきましょう。


何者かが家に侵入した場合の対処法

家に泥棒がいるのに気づいて目が覚めたらどうしますか? 急いでベッドの下に隠れますか? それは良い対処法ではありません。そうではなく、まず寝室のドアにバリケードをしてから警察に連絡しましょう。そして、注意深く侵入者の様子をうかがってください。もし泥棒がドアを破ろうとしてきたら窓から逃げます。窓から逃げられないときは、部屋の中で武器になりそうなものを探して、襲撃に備えてください。


群衆からの逃げ方

バーゲンセールなどで群衆の下敷きになってケガをした人の話は、聞いたことがありますよね? 群衆心理に火がつくと暴走が始まり、ときに危険です。サバイバリストのBear Grylls氏はこうアドバイスしています。

なるべく転ばないように努力すること。転んでしまった場合は、頭をカバーして壁の方へ逃れるようにしてください。壁際にたどり着いたら立ち上がり、出口へ向かいましょう。


何者かに後をつけられている場合

誰かに後をつけられているかを見分ける簡単な方法は、不規則な動きをしてみることです。道を何度も横断したり、3、4回左へ曲がったり、早足で歩いてみたりしましょう。決して追っ手を狭い路地に連れていったりしないようにしてください。

誰かにつけられていることがわかったら、安全な建物の中へ逃げ込みます。都市であれば何らかの店は開いているはず。お店が見つからなければ、安全そうな民家を探します。子どものおもちゃが家の前に置いてあったり、窓のカーテンがこぎれいだったり、玄関がきちんと整えられている家を探しましょう。

うまく逃げ込めたら、速やかに警察を呼ぶこと。もし走って逃げなければならない状況になったら、あなたと追っ手との間にできるだけ多くの物を投げつけるようにしてください。


基礎的な自己防衛

もし追っ手に捕まりそうになったら、基礎的な自己防衛がカギとなります。暴漢を迎え撃つうえで一番重要なことは、相手のどこを攻撃すればいいかを知っておく事です。可能であれば、頭や耳、股間、膝を狙うように。ただし、相手をノックダウンするまでやろうとしないこと。できるだけ早くその場から離れることが大切です。


自然災害から身を守る


150311urban003.jpg


どこに住んでいるかによって、巻き込まれる可能性のある自然災害の種類も異なります。


地震

地震の揺れを感じたら、体勢を低くして何かの下に隠れ、安定したものにつかまりましょう。頭の上に物が落ちてくるのを防ぐためです。


洪水

ラジオをつけ、緊急放送の指示に従いましょう。住んでいる地域によっては避難が必要かもしれません。遠くへ避難できない場合は、できるだけ高い場所へ移動してください。


火事

火事のときは「立ち止まり、床に伏せ、転がる」のが常識。これは衣服に火がつかないようにするために必要な動作です。また、火事になっている建物から脱出するスキルも大切です。火に囲まれていると気づいたら床に伏せ、濡らした布で顔を覆います。そして一番近い出口へ向かいましょう。ただし、ドアノブには直接手を触れないように注意してください。

鍵が開かない場合、ドアを壊すことは意外と簡単です。外側に開くドアなら、ドアノブの近くを思いっきり蹴りましょう。そこが一番弱いポイントです。内開きのドアなら、金槌を使って蝶つがいのネジを抜いてしまいましょう。ドアを丸ごと外すのです。


竜巻、台風

窓のない低層階の部屋へ移動し、重たい物で体をカバーしましょう。マットレスが一番ですが、なければ毛布でもかまいません。屋外にいる場合は、なるべく低い場所へ移動し、地面に伏せるようにします。


自然災害時に何をすればいいかを知ることは、最初のステップに過ぎません。どんな状況であれ、サバイバルの4つのカギ「避難場所」、「水」、「食料」、「救助」が重要です。先ほど、3タイプの人間がいると書きましたが、以下ではタイプ別に必要となるテクニックを見て行きます。あなたはどのタイプでしょうか?


暖をとるための避難場所を見つける


避難場所がない状況は大変危険です。しかし、ありがたいことに、都市には避難場所がたくさんあります。そこで、都市における避難場所に必要な条件と、周囲で見つけられたもので何ができるかを見ていきましょう。


ストックパイラー:生活必需品を備蓄しておく

ストックパイラーは、自宅にあらゆる生活必需品を備蓄します。いざというときに物資を探しまわらなくて済むわけです。暖をとるためのアイテムも備蓄しておきましょう。緊急時に必要なものを、防災グッズとして1カ所にまとめておくのがベストです。暖をとるために準備しておくべきアイテムは、
・何枚かの毛布、あるいは人数分の寝袋
・いろいろな気候に対応した衣服
・使い捨てカイロ


マクガイバー:家や建物の鍵をこじ開ける家や建物の鍵をこじ開ける

マクガイバーにとって、鍵をこじ開ける技術はとても役に立ちます。家や建物の中に避難するのに便利です。上の動画では、クリップを2つ使って鍵を開けています。これは緊急時にはとても役に立つスキルです。南京錠もビール缶があれば開けられますし、車のワイパーで専用ツールを自作することも可能です。言うまでもないことだとは思いますが、くれぐれも悪用しないでください。


サバイバリスト:車を解体して避難場所をつくる車を解体して避難場所をつくる

Bradley博士曰く、最もサバイバルに適しているのは、拾い集めた物を有効に活用できるスキルを持った人とのこと。まさに、これこそがサバイバリストのスキルと言えます。1台の車があれば、避難場所に必要なあらゆる物を作り出すことが可能です。

車をただの避難場所としてしか見られない者よりも1台の車を解体して利用し尽くせる者のほうが生き残りやすいでしょう。たとえば、オイルやタイヤは燃料として、カーペットやシートカバーは毛布や衣服として利用することができ、ヘッドランプは火を起こしたり、救助を呼ぶツールとして使うことができます。

1台の車は避難場所になるだけでなく、それで暖をとることもでき、その他の必要物資を作り出すことも可能です。緊急時には、避難場所となる建物を探し回るよりも、車を利用するほうが早くて安全でしょう。


都市で清潔な飲み水を見つける


避難場所を見つけたら、水を探しに行きます。大自然でのサバイバルと同様、清潔な水の確保が最重要事項となります。たとえ水道が止まっていたとしても、都市なら清潔な飲み水を見つけることは簡単です。


ストックパイラー:7ガロン(26.5l)の水を備蓄しておく

150311urban005.jpg

1人1日当たり1ガロン(3.8リットル)の水を備蓄しておきましょう。米連邦緊急事態管理局(FEMA)は、水のボトルを冷暗所に備蓄しておくことを推奨しています。市販の水は消費期限があるので、定期的に入れ替えることをお忘れなく。ペットボトルの水はたいてい2年ほど保つはずです。


マクガイバー:汚れた水を浄化する

水を浄化する一番シンプルな方法は、漂白剤をほんの少し混ぜることです。漂白剤を飲むなんてあり得ないと思うかもしれませんが、疾病管理センター(CDC)によると、比較的きれいな水なら1ガロン(約3.78リットル)あたり小さじ1/8の無臭漂白剤で浄化できるそうです。汚れた水の場合は小さじ1/4にします。漂白剤を混ぜて30分ほど待ってから飲むようにしましょう。

サバイバリスト:給湯器から水を取り出す

米連邦緊急事態管理局によると、給湯器から安全な水を取り出すことは簡単にできるそうです。給湯器の電源を切り、給湯バルブを閉じ、給湯器の底にある排水バルブを開いて、流し台などに貯めます。給湯器から飲み水を取り出す時に、タンク内側の皮膜などのゴミが混ざらないように注意しましょう。取り出した水はコップや水差し、ボウルなどに貯めておきます。


都市で食べ物を探す


食べ物を探すのも、都市ではそれほど難しくありません。しかし、それが食べられるかどうかを確かめるのは、飲み物ほど簡単ではありません。ここでは、さまざまな状況下で食べ物を確保する方法をご紹介します。


ストックパイラー:最低でも7日分の食料を備蓄する

150311urban006.jpg

米連邦緊急事態管理局は、最低3日分の食料を備蓄することを薦めていますが、できればもう少し増やして1週間分はあるほうが安全でしょう。基本的には腐りにくい食べ物を選びつつ、のどが乾く食べ物は避けるようにします。米連邦緊急事態管理局は以下を薦めているとのこと。

・肉、フルーツ、野菜の缶詰
・乾燥穀類、グラノーラ
・ピーナッツバター
・無塩クラッカー
・缶入りジュース

ポイントは冷蔵庫がなくても保存ができて、調理が不要なものを集めることです。また、食料品は乾燥した安全な場所に保管し、家族全員に置き場所を知らせておくようにします。


マクガイバー:どんな状況でも調理する

上の動画にあるとおり、バッテリーとケーブルがあればホットドッグを調理することだって可能。また、ほかにも以下のようなアイデアがあります。
・調理するための木炭やガスコンロを探す。

・ソーラーオーブンを作る。必要な素材は、段ボール、スズ箔、プラスチック、接着剤、ハサミ、棒。ソーラーオーブンは調理に時間はかかりますが、何もないよりはずっとましです。


しかし、いずれ水も食料も尽きる時が来ますので、次に紹介するような、救助を呼ぶ方法を知っておかなければなりません。


救助を呼ぶ方法


150311urban007.jpg


いつ救助されるのかを正確に知るのは、サバイバルにおける最も困難なことの1つです。Bradley博士によると、一番いいのは今いるところに留まり、救助を呼ぶためのサインを作っておくことだそうです。以下にいくつかのアイデアをご紹介します。


ストックパイラー:発煙筒を用意しておく

たとえ家の中で安全を確保できていたとしても、救助を呼ぶシグナルは必要です。発煙筒があれば簡単。救助隊も発見しやすくなります。


マクガイバー:エアホーンを作る

大きな音を出して救助を呼ばなければいけない場合、エアホーンに勝るものはありません。ナイフとフィルム容器、風船、ストローがあれば自作可能です。


サバイバリスト:アイテムを集めてサインを作る

何か大きなものを使って、屋根の上やどこか開けた場所に「助けて(HELP、SOS)」といったサインを作ります。衣服や毛布などの明るい色の物を使いましょう。ヘリコプターや飛行機から気づきやすくするためです。また、アパートの窓や庭の芝生に、目立つように大きなサインを描くのもいいでしょう。


異なるタイプのサバイバルテクニックをうまく組み合わせて、都市型サバイバルマスターになるのが一番ですが、自分のスキルや強みを把握して、得意分野を開発しておくのもよいでしょう。いつ、これらのサバイバルテクニックが必要となるかはわかりません。


Thorin Klosowski(原文/訳:伊藤貴之)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.