• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,,,,  10:30 AM

スマホとウェブカメラで超低コストに防犯できるサービス「Safie」がもたらす、見える暮らし

スマホとウェブカメラで超低コストに防犯できるサービス「Safie」がもたらす、見える暮らし

150311safie_1.jpg


最近、「防犯カメラ」という単語をニュースでよく耳にします。コンビニや工事現場などに設置された防犯カメラの映像が、有力な証拠となって事実の究明につながっているのです。

さて、防犯カメラを自宅に設置しようとした場合、業者にもよりますが、1台あたり数十万円の設置費、そして利用料や保守費で毎月数千円かかるのだそう。

「自宅を建てた時に、施工業者に言われて驚きました。すごい高いと思ってカメラのスペックを聞いたら、30万画素のもので、1fpsで、画質もVGAで...90年代のガラケーレベルのカメラだった。通信回線も遅くて、外部からアクセスして見ることもできない。それなら、仕事で携わっていた顔認識などの画像処理技術を使って、この分野を思い切り革新できると思いました。もちろん、自分でも欲しかったですしね」

そう語るのは、新興ベンチャー企業「セーフィー株式会社」の代表取締役社長である佐渡島隆平さんです。セーフィーは、ざっくり言うと「スマホとウェブカメラで、格安にセキュリティを整えられるサービス」を手がけている会社です。


Safieなら、2万円弱でセキュリティが整う



使用までの流れは、上記の動画からもわかる通り、とても簡単。接続できるカメラの数には制限がありませんので、設置すれば設置しただけ、さまざまな場所の映像を見られます。

ウェブカメラの映像は専用のスマートフォンアプリ経由でライブ視聴できるほか、クラウド上に保存された録画した映像も見ることができます。クラウドに録画したデータは過去7日間分までさかのぼれます。ライブ視聴だけなら基本料金は無料、録画やアラート機能を使う場合には月額980円の利用料がかかります。データのアップロードはWi-Fi経由で行われますが、およそ500kbp~1Mbps(YouTubeが見られる程度の速度)があれば十分とのこと。

現在、Safieに対応したカメラは、愛知県名古屋市の電機メーカー「株式会社エルモ社」が製造した「QBiC CLOUD CC-1」があり、価格は19800円(税別)。400万画素、170度の超広角レンズを採用しており、映像の見え方はアクションカムの「GoPro」に近い印象を持ちました。防水仕様のため屋外にも設置でき、内蔵マイクで録音もされます。

つまり、アプリとカメラを合わせて2万円弱で防犯カメラを設置することができるわけです。


防犯カメラをもっと手軽に、身近にしたい


150311safie_3.jpg

QBiC CLOUD CC-1の大きさは、iPhone 5sより小ぶりでコンパクト


佐渡島さんは、Safieの利用シーンと合わせ、防犯カメラをもっと身近なプロダクトにしたいと言います。


佐渡島:最近は共働きが当たり前の社会になり、子供や高齢者の見守りニーズが高くなっています。新築の分譲マンションの内、90%には防犯カメラが導入されているものの、高価なため、エントランスだけで、本来つけたいはずのゴミ捨て場や駐輪場にはないケースも多いです。地域社会に目を向ければ、スクールセキュリティの問題もあります。

ビジネス利用でも、小規模な商店では万引き被害もばかにならないですが、費用面で設置が難しいという話も聞きます。以前騒ぎになった異物混入事故しかり、従業員を守るためにも「原因の特定」は必須になる。いま、商業施設の7割には防犯カメラがあり、全国で少なくとも350万台は稼働しています。ただ、そのデータの99%は店内に保存してあり、多くは外出先から確認もできないケースが多く、データが有効活用されることもありません。

防犯カメラは犯罪の抑止力になっている。けれど、コストなどの面で一般家庭にまでは広がっていない。これらをすべて解決するのが、私たちのSafieです。圧倒的に安く、ネットワーク経由で見られ、専用のサーバーや録画機もいりません。


仮に、災害や事故が起きたときを想像すると、防犯カメラや録画機が故障してしまえば、映像は見られないままです。そんな時でも、クラウドにデータがあれば、「そのときに何が起きたのか」を知るには役立つでしょう。この点だけでも、Safieのメリットは大きいといえそうです。


だけど、いろんなところが「見える」と不安も生まれる



開発中の専用アプリで動画を見てみたところ
タイムライン上には動画の内容がわかるサムネイルが表示され、秒単位でさかのぼって再生もできます


佐渡島さんが言うように、防犯カメラの映像が役に立つシーンは、たしかにさまざま想像できます。一方で、2つの不安も浮かびます。まずはネットワークやクラウドを経由することでのハッキングの可能性です。


佐渡島:Safieは、通信経路の暗号化に独自のアレンジを加えています。暗号化の鍵を定期的に交換することにより、万が一、鍵が見破られても過去のデータを解読不能にするなどの処理を施しています。セキュリティとしては銀行が採用するレベル、あるいはそれ以上ともいえる最高レベルです。ユーザーのデータを守ることが当社の最優先事項です。


もう1つの不安はプライバシーの問題です。


佐渡島:「技術はなんのために使うのか」が大事かなと思います。一般市民にとって防犯カメラが役立つことはわかっている。役に立っているから台数が増えている。万が一、誤った使い方をされた場合、カメラをサーバーから停止させるなどの対応を考えています。第三者のプライバシーを侵害したりする行為が決して無いように、有益な使われ方を利用者にも広く伝えて、プライバシーの問題は地道に取り組んでいきたいです。


より「インテリジェント」な見守り番へと進化したい


150311safie_4.jpg

防水仕様で屋外でもOK
雨などをよけるアタッチメントをつけてみると、
帽子っぽくも見えて、どこか可愛らしくもある


セーフィーは3名のメンバーがそれぞれの得意分野を持ち寄って創業。前職ではモーションポートレート、ソニー、ソネットなどに勤め、顔認識を用いた画像処理、画像解析、3Dグラフィック、CMOSなどのハードウェア設計、通信技術などを手がけており、「ソフトもハードも見られる強みがあった」と佐度島さん。すでにソネットなどから投資を受け、準備金を合わせて1億円の資本金を用意し、事業を進めています。

将来的には、さらに画像処理やセンサー連携を活用した「インテリジェント」な機能を追加していく予定だそう。たとえば、顔認識技術などを組み合わせ、映像内の指定エリアへ登録者以外が入ったらアラートをスマホに飛ばす。ウェアラブルガジェットのチップと連動し、子供が帰ってきたと感知したらカメラをオンにする。ドアホンのセンサーにSafieのファームウェアを搭載して家のセキュリティを向上するなど、さまざまなものと組み合わせることで、より「賢い」見守り番になるわけです。

佐度島さんは、「防犯カメラの市場としては、警備員が24時間駆けつけるといったハイクラスでお金がかかるものと、Safieによって安価に見られるものとで分かれていくと考えています。『ありそうでなかった』価値を提供して、私たちが市場をつくっていきたい」と意気込みます。

Safieは単なる防犯システムではなく、「これがある」ことによって新しい使い方、新しい暮らし方を想像できるのがユニークだと感じます。クラウドファンディングサイト「Makuake」では目標金額を大きく超える成果をあげていました。現在はAmazonでも対応カメラの販売を開始しています。

あなたにも「見られたらいいなと思うシーン」は、ありますか?


Safie│セーフィー│カメラとスマホのホームセキュリティ

(長谷川賢人)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.