• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:30 AM

コンピュータープログラムで薬のプラシーボ効果を判別できる

コンピュータープログラムで薬のプラシーボ効果を判別できる

150311placebo.jpg


本物の鎮痛剤と、偽薬との違いは何でしょうか? なんと、その答えは人間の脳にありました。イギリスとアメリカ合衆国の脳と痛みについて研究している研究者は、患者が鎮静剤の効果とプラシーボ効果のどちらの影響を受けているかを判別する、試作アルゴリズムを開発したと報告しました。このアルゴリズムは、薬を飲んだ直後の患者のfMRIスキャン(脳や脊髄の活動に関連した血流動態反応を視覚化する方法の1つ)画像を解析することで機能します。


将来、このようなアルゴリズムによって、研究者がより効率的に新しい鎮痛剤を開発できるようになります。痛みが和らぐということに関して言えば、プラシーボ効果が強く働くことがあります。薬の開発段階で、実験用鎮痛剤の初期の試験に参加したボランティアが、薬がよく効いたと報告することがありました。

その効果は薬によるものではなく、人体が持つ天然の鎮痛物質によるもの、つまりプラシーボ効果によるものだったにもかかわらずです。それ以前に医師たちはより多くの人々にその薬をテストしましたが、効果がはっきりとは表れませんでした。データ上、その偽薬以上の効果を示さなかったのです。

しかし、この新しいアルゴリズムと、fMRIスキャンの組み合わせによって、試験薬の脳に与える影響がプラシーボとはどのように異なるかがわかるようになります。そうすれば、科学者は効果のない薬品原料の候補をより的確に排除できるようになります。効かない薬ならば、早く判明するに越したことはありません。


効果のある薬を飲んだ人と偽薬を飲んだ人のfMRIスキャン画像の違いは、見ただけでははっきりしません。本当に違いがあるのかをテストするために、研究チームは8種類の医学的に有効な鎮痛剤の研究から得られた画像を分析しました。

調査対象となる被験者には、鎮痛剤を飲んだボランティアと、そうとは知らずに偽薬を飲んだボランティアがいました。アルゴリズム開発チームはすべてのデータを、データ上のパターンを読み取って分析するためのプログラムを使って検証しました。その後、研究チームはプログラムを実際の患者でテストしたのです。

プログラムは正確に誰が本物の薬を飲んで、誰が偽薬を飲んだのかを推測することができましたが、常に正確ではありませんでした。新薬の開発は、成功率が57%から83%で、偶然よりは良いという値です。ただ、プログラムでは誤検知が発生しませんでした。偽薬を有効な薬であると判断することはなかったのです。

つまりこの結果は、研究者と製薬会社が試験薬を素早く選別するのに役立つアルゴリズムを完成させるための、幸先のいいスタートになったのです。


THIS COMPUTER PROGRAM CAN TELL WHETHER YOU'VE TAKEN A PLACEBO|Popular Science

Francie Diep(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.