• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人  - ,,,,,  10:00 AM

災害時に安心、フェスで嬉しい。スマホ10台を同時充電できる純国産ポータブル蓄電池「エリーワン」

災害時に安心、フェスで嬉しい。スマホ10台を同時充電できる純国産ポータブル蓄電池「エリーワン」

150311eliiyone_1_2.jpg


モバイルバッテリーのものすごいやつ、という認識でほぼOKです。

ELIIY ONE(エリーワン)」は、USBポートを10口備え、スマートフォンなら20台分、タブレットなら7台分の充電が可能なポータブル蓄電システム。大型リチウムイオン電池や蓄電システムの開発・製造などを手がける日本企業「エリーパワー株式会社」より発売されています。


150311eliiyone_2.jpg


エリーパワー社は2006年に創業。住友銀行(現三井住友銀行)副頭取を務めた吉田博一氏が指揮をとり、「とにかく安全で最高の電池をつくる」という信念のもと、国内にある自社工場ですべての製造を手がけます。電力をより有効に、効率的に使うために、家庭やオフィスに据え置くタイプの大型蓄電システムなどをメインに提供しています。

その大型蓄電システムの技術、自社開発のリチウムイオン電池を活用したのが、このELIIY ONE。バッテリー容量は48,500mAh。大きさは、幅230mm×奥行き98mm×高さ152mm(ストラップ用リングを除く)です。

たしかに大容量で、非常時にあると安心できるツール。しかしながら、1台のお値段は10万円ほどと、手頃な価格のモバイルバッテリーがAmazonでも簡単に買えることを考えると、少々の値が張るのも事実。ただ、エリーワンだからこその強みもあります。


自己放電が少なく、設計も安全


150311eliiyone_4.jpg

iPhone 5sより、ちょっと大きいくらいの高さ


エリーパワー社は「安全に、長寿命で使おう」というコンセプトを持っているそう。コンセプトはELIIY ONEにも表れており、「自己放電の少なさ」もその1つです。ELIIY ONEは、使用していない状態で、仮に1年間放っておいても、80%の残量を保っていられるほどに自己放電しないそう。一度しっかり充電をしておき、そのまま棚にしまっておけば、非常時にもしっかり働いてくれるわけです。

また、過酷な耐久試験もすべてクリアしているのも魅力。釘が刺さってしまっても、大きなものに押しつぶされたとしても、発煙や発火、爆発が起きない設計なのだそう。「二次災害」を防ぐという意味でも安心につながりますね。


「電池持ち」がものすごく長い


150311eliiyone_3.jpg

iPhone 5sを縦に2つ並べたくらいの奥行き


スマホを長いこと使っていると、充電してもすぐにバッテリーが減ってしまう...いわゆる「電池持ち」が悪いと感じることがあるでしょう。スマホでも、一般的なモバイルバッテリーでも、ELIIY ONEでも、使われているのは「リチウムイオン電池」ですが、充放電を繰り返すことで充電できる量が減ってしまう現象は、どれであっても起きてしまいます。

しかし、ELIIY ONEはそのサイクルがとても長いのです。仮に、朝・昼・晩と1日3回フルで充放電するサイクルを10年間、回数にするとおよそ12000回繰り返したとしても、80%もの残存容量を誇るそう。単純に考えれば、1日1回の充電であれば、10年どころか30年、それ以上に、元気に働いてくれる計算です。


太陽光パネルでも充電できる


150311eliiyone_5.jpg

重量は約3kg。太陽光パネルを接続できるのが強み


ACプラグを使用した場合、フル充電1回には約6時間が必要です。また、ACプラグだけでなく、太陽光パネルでも充電できます。長期的に停電してしまうようなシチュエーションを思うと、この設計はありがたい限り。停電はもとより、アウトドアでの楽しみにも役立ちそうです。また、「充電しながら」の使用もOK。

ちなみに、エリーパワー社の製品は「太陽光で蓄電できる」ということを重要視しているそうで、この設計は持ち運べるELIIY ONEに限らず、据え置きタイプの蓄電システムをはじめ、すべての商品に通ずるのだとか。


スマホ時代の、防災グッズ


ELIIY ONEは、非常時をはじめ、日常でも便利に使えるシーンが思い浮かびます。たとえば、キャンプやフェスなど、コンセントがなく、電源の確保が難しいとき。昼間は太陽光で充電をしておき、夜になったらスマホを充電し、USBライトを灯す...という使い方ができそう。

特に、災害時のインフラとしてTwitterをはじめとしたSNSが活躍してくれたことを含め、懐中電灯代わりになったり、明滅して自分の居場所を知らせたりと、スマホに助けられる場面が浮かんできます。いまやスマホは、単なる「ツール」という枠を超えてきている。そんな時代にあって、「いつでも充電できる安心」をくれるELIIY ONEは、単なる価格だけでは比べられないメリットがあるように思います。

現在、販売はすべてエリーパワー社が行っています。興味を持たれたら、電話(03-6431-9044)で問い合わせをしてみてください。法人、個人を問わずに購入できるそうです。


ELIIY ONE(エリーワン)|エリーパワー株式会社

(長谷川賢人)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.