• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  - ,  09:00 PM

Appleがスマートウォッチにもたらしたのは「エレガント革命」だった

Appleがスマートウォッチにもたらしたのは「エレガント革命」だった

150311applewatch132.jpg


GigaOM:Appleのスペシャルイベントに参加して『Apple Watch』の発表を聴き、ハンズオンで実際に触ってみたあと、私は複雑な感情を抱きながら会場を立ち去りました。

Appleは応答性に優れたエレガントな製品をデビューさせました。昨年9月の公表時点には知らされていなかった機能もいくつかありました。


Apple Watchに関する私の結論


Apple Watchの価格が一番のビッグニュースかも知れません。38mmのApple Watch Sportが349ドル(日本価格:42800円)、42mmnのバージョンが399ドル(日本価格:48800円)です。

ステンレス製のApple Watchは、小さいモデルが549ドル(66800円)から、大きいモデルは50ドル(日本価格では5千円)上乗せとなります。バンドをどれにするかによって、1049ドル(126800円)までの幅があります。ゴールド製のApple Watch Editionは128万円からとなっています。

価格以外にも、いくつか新しいことがわかりました。例えば、Apple WatchはApple Payに対応するとは聴いていましたが、どのように動作するのかが見られました。iPhoneでおなじみのサードパーティ製アプリもいくつか動くのを確認できました。また、Apple Watchのディスプレイは、手首を上に持ってくるか、画面をタップするまで消灯状態となるようです。Apple Watchのマイクとスピーカーによる通話がどんな感じかもわかりました。

それで、私の結論はこうです。Apple Watchには、他社のスマートウォッチと比べて、特に大きな驚きも感動も見つからなかった...。また、この製品がスマートウォッチに大きな進化をもたらした感もありませんでした。とはいえ、決して悪い製品ではありません。昨年9月に公表されたApple Watchを見て好印象を持った人は、あれからまた少し良くなっていると感じるでしょう。発表当時にイマイチだと感じたのなら、その印象は特に変わらないでしょう。

私としては、Appleのほかの製品が初登場したときに比べるとかなり物足りない気分です。例えば、iPadが登場したとき、ほんとうにすごい製品だと思ったし、タブレット市場でも飛び抜けた存在感を放っていました。タブレット製品そのものは以前からありましたが、iPadみたいに大衆の心をつかんだ製品はなかったのです。

Apple WatchでもiPadと同じことが起きるとは思えません。少なくとも、この第一弾の製品に関してはそうでしょう。


魅力は、機能というよりデザイン


とはいえ、Apple Watchは数百万個は売れると思います。ただ、Appleのほかの製品のように何千万個も売れるとは思えないだけです。もっとも、iPhoneに1日100回も手を伸ばなくて済むようなツールを探している人にとっては、Apple Watchは検討に値するでしょう。あと、スマートウォッチにいくら払えるのかという問題もあります。私は、12月に249ドルのAndroid Wearが出たときでさえ(さらに50ドルのホリデー・ディスカントがあったのですが)、なかなか買う決断ができませんでした。そのうえさらに数百ドル上乗せするとなると、私には縁がなさそうに見えます。あくまで私個人の感想に過ぎませんが。

ざっと比較したところでは、Apple WatchとAndroid Wearの機能はほとんど同じに見えます。どちらにもユニークな特徴がありますが、スマートフォンと連携して動くコアな部分(通知、ヘルストラッキング、軽量アプリ)はかなり似通っています。とはいえ、インタフェースは違いますし、ハンズオンで少し触ったところでは、Apple WatchのほうがAndroid Wearより応答が速い気がしました。例えば、アニメーションも滑らかで、画面の切り替えもApple Watchのほうが速く感じました。

フォレスター社のアナリスト、ジェームス・マクウィベイ氏もApple Watchについて似たような印象を持ったようです。


Appleが驚きの機能を発表しなかったことに、競合他社は胸をなでおろしているでしょう。SamsungもMotorolaも、Appleに機能面で置いてきぼりになる心配はなくなりました。例えば、「Moto 360」は、Appleが今日発表した製品とほとんど同じことができます。もっとも、どこにその機能があるかを探すのに多少手間取るかもしれませんが。


このスマートウォッチでAppleが本領を発揮しているのは、期待通りのそのデザインです。Apple感のあるそのデザインは、エレガントで直感的であり、iPhoneやiPadを彷彿とさせます。Apple Watchはスマートウォッチに革命を起こしたというよりは、この分野にAppleも足を踏み入れたことを宣言する製品だと言えます。

おそらく、Apple Watchと他社の製品の一番大きな違いは、着せ替えバンド(とてもきれいです)やゴールドのケースが醸し出す、ファッション性と贅沢感でしょう。携帯アクセサリを贅沢品にしたことで、購買意欲が刺激され、スマートウォッチに549ドル以上を払ってもいいという人が現れるかもしれません。


Apple's take on the smartwatch: Elegant evolution|GigaOM

Kevin C. Tofel(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.