• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,,  10:00 PM

かゆいところに手が届く。Dropboxをさらに便利にするGoogle Chrome拡張機能たち

かゆいところに手が届く。Dropboxをさらに便利にするGoogle Chrome拡張機能たち

150306drop1.jpg


Dropbox非常に優れたクラウドストレージサービスですが、機能をフルに使いこなすにはクライアントアプリをローカルにインストールしておく必要があります。でも『Google Chrome』を使っている人なら、もうDropboxのアプリは不要になるかもしれません。

Chrome用の山ほどある便利な機能拡張の中には、Dropboxユーザー向けに機能を追加するものもあるのです。Chromeにこれらを追加しておけば、それだけでDropboxクライアントの役割をほとんど果たしてくれるくらいになっています。


Dropbox For Gmail


150306dropbox.png


こうしたChromeの気の利いたアドオンの中でも特筆すべきは、Dropboxが自前で公開したばかりの『Dropbox For Gmail』です。皆さんお馴染みのGmailで、作成したメールにDropboxのファイルを添付したり、添付で送られてきたファイルをDropboxに直接保存したりできるようになります。

この機能拡張をダウンロードして、Dropboxへのアクセスを承認したら、あとはとても簡単。Gmailで新規メッセージを作成する際、送信ボタンの隣にDropboxのアイコンが表示されるようになります。クリックして以下のようなポップアップウィンドウが現れたら、相手に送るファイルをDropboxフォルダの中から選択するだけです。

ファイルを選択する際は、「日付の新しい順(Recent files)」、「全ファイル(Files)」、「写真のみ(Photos)」の3つのビューを切り替えて、必要なファイルを探せます。便利な検索オプションもあり、目当てのファイルを見つけるのも簡単です。

この機能拡張では、メールに実際にファイルを添付するわけではなく、Dropbox上のファイルへのリンクが相手に送信されます。そのため、Gmailの容量を無駄に食うこともありません。ただし、送信先の相手にとっては、ファイルを受け取るまでにひと手間余計にかかることになりますよね。クラウド経由でファイルを共有する際のエチケットを、この機会におさらいしておきましょうか。

メールを受け取った相手も同じ機能拡張をインストールしているなら、そのあとのステップも便利になります。Dropboxのリンクのついたメールを受け取った場合、自分のハードドライブにダウンロードするか、自分のDropboxに直接保存するかを選べるので、ひと手間省けます。

この機能拡張は、Dropbox for Gmailという名前の通りの仕事をしてくれます。DropboxとChromeとGmailを全部使っている人なら、今すぐダウンロードすべきです(えっ、まだDropboxを使っていないんですか? こちらの「非公式Dropboxガイド」(英文)を読めば、使ったほうが良い理由がわかりますよ)。Chromeを魔改造して極限まで生産性を高めたいという人にも、必須の機能拡張と言えるでしょう。


QuickDrop


150306quick.png


ひと言で言うならば、『QuickDrop』はChromeの中で動作するDropboxクライアントです。この機能拡張をインストールすれば、小さなアイコンがツールバーに追加されます。クリックするとドロップダウン式のパネルが表示され、自分のDropboxフォルダの中身が完全に表示されます。

QuickDropでは、ファイルやフォルダの操作もできます。名前を変更したり、削除したり、共有のためにリンクを取得したり。この際、自動で短縮URLを取得するように設定しておくこともできます。個々のファイルの中身を確認したければドロップダウン式のパネルでプレビューができ、ブラウザで新しくタブを開く必要はありません。タブを開きすぎないようにと気にしなくても済みますね

ウェブ上の画像を自分のDropboxに保存する時も、QuickDropがあると簡単です。QuickDropの設定画面であらかじめ保存先のフォルダを指定しておいたら(複数のフォルダを登録できます)、あとはウェブ上で、欲しい画像を見つけた時に右クリックするだけ。コンテキストメニューの中から「Dropboxへダウンロード(Download to Dropbox)」を選んで、保存先のフォルダを選んで終了です。こうして保存したファイルの共有用リンクも一発で作れますし、削除する時もやっぱり簡単です。

QuickDropには多彩なオプションが用意されているので、Dropboxのパワーユーザーにとってありがたい存在です。Dropboxと『Chromebook』で同期を取りたい場合にも、これを使うのは最強の方法のひとつでしょう。

強いてQuickDropの欠点を挙げるならひとつだけ。Dropbox上のファイルを直接、サードパーティ製アプリで編集し、同期することができません。これは公式のDropboxクライアントにおよばない点です。


Download To Dropbox


QuickDropにはウェブ上の画像を直接Dropboxに保存するという機能がありましたが、時には、画像以外のものも保存したいことがありますよね。そんな時に役立つのが『Download To Dropbox』です。この機能拡張を使えば、画像だけでなく、ウェブページ丸ごとや、動画、ファイルなども、自分のDropboxに直接保存ができます。右クリックで表示されるコンテキストメニューの中から、ややこしいですが「Dropboxへアップロード(Upload to Dropbox)」を選択するだけです。

ファイルの保存先は最初に設定しておきましょう。ダウンロードの目的が仕事上の調べものなら、「ダウンロードしたファイルを日付ごとにまとめる(Group downloads by date)」にチェックを入れておくのが良いでしょう。ウェブで見つけた面白いものを保存しておきたいという人なら、「ダウンロードしたファイルをサイトごとにまとめる(Group downloads by site)」のほうが便利だと思います。

QuickDropでは、ファイルを保存する可能性のあるフォルダをあらかじめ複数登録しておけましたが、残念ながら、Download To Dropboxでは1つしか指定しておけません。ただし、上で見たように、日付またはサイトごとに自動でフォルダを作成して振り分けてもらうことは可能です。


たったひとつ、できないことは「ファイルの編集」


今のところ、Dropboxのファイルをウェブ上で直接編集するための、無料で簡単なツールはありません。でもDropboxは昨年、Microsoftとの提携を発表しており、Dropboxのファイルを『Office Online』を使って直接編集できるようにすると表明しています。早くこの機能が実装されると良いですね。


Mihir Patkar(原文/訳:江藤千夏/ガリレオ)
aradaphotography / Shutterstock.com.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.