• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

庄司真美

庄司真美

 - ,,  11:00 AM

どこを「差別化」すると人気ブログになれる?:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(1)

どこを「差別化」すると人気ブログになれる?:20万人の支持を集める「別視点」コンテンツの作り方(1)

150305another_tokyo_1.jpg


立ち上げから3年半にして、今や月間約70万PV、UU約20万人を誇る人気ブログメディアに成長した「東京別視点ガイド」。日本中に点在するユニークな珍スポットを紹介するコンテンツとして、マニアのみならず、幅広い層から支持を集めています。「東京別視点ガイド」の切り口は、ガイド本などには載っていない"珍スポ"(一風変わったスポット)。

同サイトを単独で運営しているのが、編集長の松澤茂信さん(32歳)です。これまで、お蔵入りした店も含めると通算800店を自ら取材。そんな「東京別視点ガイド」をベースに新たな珍スポを取材・撮影した本『死ぬまでに東京でやりたい50のこと』(青月社)がこのたび出版されました。

珍スポといえば、どちらかというとサブカル寄りでマニア受けするカテゴリーですが、珍スポという"別視点"を武器に、20万人の支持を集めるコンテンツの作り方について、松澤さんに3回にわたってお話を伺いました。

第1回では「東京別視点ガイド」をはじめた経緯からスタート。ブログの立ち上げ期に意識すべきポイントが見えてきました。


── 「東京別視点ガイド」を始めた経緯は?

松澤:始めたのは2011年なんですけど、その半年後にライブドアが開催していた「ブログ奨学金」という制度があって、それで大賞を取って賞金120万円をいただきました。そんな経緯もあって、一気にユーザーがついてアクセスが増えたんです。現在は「東京別視点ガイド」が月間60~70万PV、「大阪別視点ガイド」が10万PVくらいですね。


── いきなりグランプリですか! サイト自体の収益システムは現状どのような感じですか?

松澤:Googleアドセンスでのクリック単価での収益と、別媒体への寄稿先からの原稿料が主な収入源です。


誰が行っても同じような模様が見られるレポートに


150305another_tokyo_2.jpg

松澤さんが運営する「東京別視点ガイド」
東京だけにとどまらず、"珍スポットやらヘンチクリンなイベントやらをぶりぶり紹介"している


── どうやって取材先やネタをリサーチしていますか?

松澤:当初は、先人のマニアがマークしているところを片っ端からGoogle マップでチェックしました。あとは、古本屋で『ぴあ』とか『散歩の達人』などのバックナンバーを買って調べたり。すると、一貫して同じような有名スポットが紹介されているんですが、たまにすごくマニアックなところが小さく3行ぐらいで紹介されていたりするんですよね。そういうところをGoogle マップでピンを打っています。


── このブログのおもしろさって、珍スポの個性にかかるところが大きいですよね。毎回、取材はどんなスタイルでされているのでしょうか?

松澤:たとえば店舗取材であれば、構えた状態ではなく「素のままの様子」が知りたいので、基本的にアポイントは取りません。まずは行ってみて、必要に応じて現場判断でアポイントを取るという感じです。というのも、誰が行っても同じような模様が見られるレポートにしたいと思っていまして。だから、あえてこちらから店主に積極的に話しかけることもしません。もちろん、店主サイドから話しかけてきたら、それは受け入れるんですけど。こっちが店のおもしろさを過度に引き出そうということは、あまりしないように心がけています。


── 松澤さんの珍スポ・レポートは、ものすごくツッコミを入れつつも、なんとなく対象への愛情が感じられるのですが、元から変わったスポットがお好きでしたか?

松澤:いえ、もとからとくに珍スポめぐりを趣味にしていたわけではないのですが、愛情が感じられるとしたら、自分が店主と同じカテゴリーの人間だと思ってやってるからでしょうか(笑)。ものすごく共感できるというか。もともと僕、大学を卒業してから就職せずに、友人3人と高円寺で、週末にちょっと変わったイベントをやるライブハウスに近いカフェをやっていたんです。


「お蔵入り」になってしまう取材先の条件


── なるほど。ほかに、取材時に気をつけているポイントはありますか?

松澤:どうしても悪口になってしまいそうなお店は書かないようにしてますね(笑)


── しょぼすぎる店とか?

松澤:「しょぼい」こと自体は、それはそれで面白味になるのでいいんですけど、たとえば、店のコンセプトに対して何の愛情も感じられない場合とかですね。たとえば、都内某店の場合、ある食材を売りにしていたんですが、店内はやけに殺伐としているし、出てくる食べ物はべちゃべちゃで(笑)。本当にこの食材が好きなら、こんなことにはならないだろうという感じの雑さが感じられたんです。


── そのへんもどちらかというと店主目線が働いてますね。

松澤:そうかもしれません。コンセプトが暴走しすぎて、それが突出した個性になっていればいいんですけど(笑)。そういった意味で取材してもボツにしてきた店も多いんです。大体、10件取材に行って、記事にするのは8件ぐらいで、2件はお蔵入りという感じですね。お蔵入りになった場所については、トークライブなどでアウトプットしたりもします。


── どんなトークライブをしてきたんですか?

松澤:お台場にある東京カルチャーカルチャーなどでの「珍スポが好きすぎてヤバいライヴ」というトークイベントです。そういった機会にお蔵入りになった経緯を話すこともあります。



2012年に、東京カルチャーカルチャーで開催したトークライブの様子


コンセプトを差別化すれば、先行者がいても成り立つ


── 松澤さんのファン、かなり濃そうですね(笑)。

松澤:いや、思った以上にライトな人が多いですよ。はじめは、本当にヤバい人が来ると思ってたんですが(笑)。でも、「東京別視点ガイド」は、マニアというよりも普通の人に届けたいブログだったので、そういう意味でターゲットと合っていたのでほっとしました。そもそも、マニアックなところに入り込まずに広く発信するのが狙いだったんです。


── ブログ開設時からしっかりターゲティングをされていたんですね。

松澤:珍スポットについては、マニアの領域で書かれている既存サイトがあったのですが、お笑い的な観点でレポートしている人は少なかったんです。変わった場所というと、廃墟をはじめとする電波物件と言われるところにフォーカスを当てているものが多かったんですよ。そういうアングラ好きな人向けというよりは、ライトに笑える目線で書いた方が差別化できるんじゃないかと思ってコンセプトを立てた側面がありました。


── コンセプト通り、あくまで冷静におもしろがる観点で書かれていますよね。

松澤:もともと僕自身、趣味で大喜利をやっていたので、ツッコミ目線が働くんですよ。「東京別視点ガイド」で紹介してきた店には、けっこう変わった人も出てくるんですが、僕が好きなのは、あくまで明るい変態なんです(笑)。


150305another_tokyo_4.jpg

どうですか、これです、これが今回ご紹介する物件です。
「青い城」「おはようございます」「ヴィクトリー」などなど壁中に、とりとめのない言葉が好き放題書かれていて、電波住宅にも通じるヤバげなオーラさえ放っている。
さっぱり何屋か分からないでしょう?


ここね、これで、カフェなんですよ。


店名は「パブレスト百万ドル」って言うんです。さあて、詳しく解説していきましょう。

東京別視点ガイド : 怪しげなイラスト、不可解な文字が壁を埋め尽くすカフェ「パブレスト百万ドル」に潜入してきたより)


── たしかに文面でも書き手である松澤さんの「普通な感覚」が伝わってきて、そこが共感できるポイントだと思いました。

松澤:その店のもっとディープな部分や詳しい状況を書いても、マニアの方にはツボでも、重要なのは「笑えるかどうか」なので、紹介する情報を削ぎ落したりしています。築何年で、といったバックグラウンドを詳細に説明するのは、それが導入になれば書いてもいいんですけど、そういうことはあくまで普通のガイド本の領域だと思っています。そういう面で差別化を意識しています。


── ユーザーからの情報提供などはありますか?

松澤:最近は友人知人だけでなく、ユーザーからの情報提供も多いです。そうした生の声の方が、本やネットで探すよりもレア度が高いので、おもしろいネタが多いです。


── 双方向でのコミュニケーションができてきているんですね。SNSなどの拡散手段は?

松澤:サイト右側にあるアクセスランキングは、現状、公式ツイッターで紹介したものが上位に来ている感じですね。


※インタビュー2回目につづく。2回目では、これまで松澤さんが取材してきた珍スポットについて、具体的に肉薄します!


東京別視点ガイド

(庄司真美)
Photo by Thinkstock/Getty Images.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.