• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itou  -   10:00 PM

イーロン・マスクの夢を叶えるかもしれない、あるスタートアップ企業に注目が集まる

イーロン・マスクの夢を叶えるかもしれない、あるスタートアップ企業に注目が集まる

150302hyperloop.jpg


Inc.:億万長者のイーロン・マスク氏が、テスラ社とスペースX社の経営で忙殺されている裏で、あるリッチなスタートアップ企業が、幻の次世代交通システム「ハイパーループ(Hyperloop)」の実現へ一歩踏み出していました。ハイパーループとは、減圧されたチューブをガイドとして、チューブ内を空中浮上(非接触)して進む、鉄道に代わる交通機関のこと。


ロサンゼルスを拠点とするHyperloop Technologies社は、11日、ハイパーループを実現する世界初のスタートアップ企業となる計画を発表しました。同社はすでに850万ドル(約10億円)を調達し、年内にはさらに8000万ドル(約96億円)の増資を予定しているそうです。マスク氏の夢である超音速旅客輸送を実現する前に、Hyperloop Technologies社は、ロサンゼルスからラスベガスまでの貨物輸送にチャレンジします。最終的には、鉄道より安いコストで、飛行機と同じ速さの旅客輸送を実現する計画です。

Hyperloop Technologies社のドリームチームには、X-prizeの創設者Peter Diamandis氏、スペースXのエンジニアBrogan BamBrogan氏、シリコンバレーのテック系スタートアップalantir社の共同創設者Joe Lonsdale氏、ホワイトハウスの元首席補佐官代理であるJoe Messina氏、まもなく億万長者となるUberの発明者Shurvin Pichevar氏、巨大ソーシャルネットワークサービス『Yammer』の創設者David Sacks氏など、そうそうたるメンバーが名を連ねています。また、Pichevar氏は個人的に4000万ドル(約48億円)を、ファーストラウンドで出資する予定だとか。

「イーロンは、我々が2〜5マイル(3〜8キロ)を走るプロトタイプを成功させれば、政治や規制の問題を乗り越えられると思っているようだ」と、Sacks氏が米紙フォーブスのインタビューで話しています。「しかし、我々はみな、まずは民間資金でそれを証明する必要があると考えている」

もちろん、Hyperloop Technologies社の創設者のほかにも、超音速鉄道に挑戦している起業家がいます。イーロン・マスク氏本人です。2013年8月、イーロンは58ページに及ぶ資料を公開しました。そこには、真空を使った輸送チューブのコンセプトと詳しい計画が書かれていました。この輸送チューブは、乗客と車両を、ロサンゼルスからサンフランシスコまで、時速760マイル(1223キロ)で運びます。

マスク氏は1月、テキサス州にハイパーループのテストコースを建造する計画があることをツイートしました。とはいえ、具体的な日程はまだ明らかにされていません。このプロジェクトには工学的、経済的な難題が山積みです。地震対策や法的な問題も含まれます。Hyperloop Technologies社がマスク氏の先を行くかはまだわかりませんが、輸送交通の未来のために、テクノロジーの天才たちが火花を散らすのは、心躍るものがあります。


This Startup Wants to Make Elon Musk's Dreams Come True|(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.