• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  07:30 AM

人生を逆転させる、通勤時間の徹底活用術

人生を逆転させる、通勤時間の徹底活用術

150302book_to_read.jpg


30代で人生を逆転させる残業0の時間術』(石川和男著、CCCメディアハウス)の著者は、5つの仕事をしているという人物。平日の朝8時30分から夕方5時までは建設会社の総務経理、毎週日曜日の朝9時から夕方5時までは大原簿記学校の簿記講師、月2回の土曜日にプレゼン力養成学校主宰、平日の夜に税理士とセミナー講師を務めているというのですから、かなり忙しそうです。

しかし、それでも「飲み会や遊びに行き、家族と映画やDVDを見て、今までの人生の中で一番楽しく過ごして」いるとのこと。だとすれば、限られた時間をいかに使うかがポイントになるわけで、本書ではそのために必要なテクニックが紹介されているわけです。ちなみに読んでほしいのは、次の項目にひとつでも該当する方だとか。


・その他大勢から抜け出したい方
・朝は起きられない。気分が乗らない。気分がすぐれない方
・残業せずに帰りたい方
・楽しく仕事をしたい方
・仕事に追われている方
・面倒な仕事を先送りにしてしまう方
・忙しいのに成果が上がっていないと感じる方
・どうやって時間を使ってよいか分からない方仕事の依頼が同時並行的に入ってきてイライラしている方
・優先順位をつけられない方
・優先順位をつけたけれど、順番どおりにできない方、など
(「おはようございます──まえがきに代えて」より)


本書はビジネスパーソンのライフスタイルに合わせ、「起床」「通勤準備」「通勤中」「始業前」「始業」「午前中」「ランチ」「午後」「帰宅」「就寝」という章立て。そのなかから、きょうは「CHAPTER 3[通勤中] その他大勢から抜け出すための出社の技術」に目を向けてみましょう。


通勤時間を、人生を変えるために使う


東京都内に通うビジネスパーソンの平均通勤時間は、片道およそ1時間、往復で2時間。年間に270日勤務するとすれば540時間におよびます。だからこそ、この膨大な時間を有意義に過ごすことが大切で、そうすれば人生は劇的に変わると著者は記しています。

加えて重要なのは通勤手段。ポイントは、どんな手段であったとしても「本を読めるか、読めないか」の2種に分けられるといいます。そして、本を読める環境にいるなら、迷わず本を読むべき。著者の言葉を借りるなら、「本を読める環境にいる人は、それだけでラッキー」。たとえば資格試験や語学の勉強をしている人であれば、通勤は絶好の勉強時間に。電車なら、その空間を自分の書斎に変えることができるという発想です。

ただ、読めない環境の人にとっては困難なこと。とはいえ、いまの時代には「耳で読む本」といわれるオーディオブックがあります。書籍や講演会、セミナーなどを音声化したもので、インターネットで音声ファイルをダウンロードすることも可能。簡単に入手でき、内容も充実しているため、これを利用すればいいわけです。

つまり環境がどうであれ、勉強する手段は必ずあるということです。ただし本やオーディオブックは、仕事か勉強に関するものだけに絞ることが大切。(62ページより)


勉強はプラン・ドゥ・チェックの3段方式で


忘れるべきでないのは、通勤電車を「自分自身の現在と未来に影響を及ぼすことを、毎日続ける場所」にすること。「いまのままでいい」と考えている人ですら、「いまのままでいるためには勉強しなければならない」と著者は断言しています。どの分野を目指しているのだとしても、共通するのは勉強することの大切さ。そして、勉強方法として有効なのは、「その他大勢から抜け出すプラン・ドゥ・チェックの3段方式」。

いうまでもなくプラン(計画)とは、「どのような内容についての本を読むのか、計画を立てる」ということ。そして乱読や速読で冊数を競うのではなく、実践できるところを探しながら読むことが重要。ちなみに著者は、実践できるところを探すには、ハウツー本がおすすめだといいます。100冊読むよりも1つの行動。行動して初めて役立つのがビジネス書なので、そこから行動、実践できる箇所を探すべき。探し当てたら、ほかは速読しても構わないそうです。

そして、会社に着いたら早速ドゥ(実行)し、帰りの電車のなかでチェック(検証)をする。通勤時間をそのように活用すれば、時間を有効に使えるわけです。(71ページより)


通勤時間の「やってはいけない」


当然ながら、ここで著者が「通勤時間にやってはいけない」としているのは、LINE、メール、フェイスブック、ツイッターなどのSNS、ネットサーフィン、マンガ、ゲーム、睡眠など。なかでも通勤中に大半の人が見ているスマホについては、電源を切っておくことを勧めています。


電源を切っておけば、電源が入る何秒かの間に、本当にLINEやネットを見る必要があるのか冷静な判断ができるのです。(79ページより)


「緊急な連絡が入ったらどうするんだ」と反論する人もいるでしょうが、そもそも電車は電話に出られない場所。だからこそ、電車に乗っている時間は試験時間だと思うといいそうです。試験中に携帯を覗く人はいないということ。そして、そのかわりに著者が勧めているのが勉強です。

会社に貢献したい。仕事の幅を広げたい。昇進したい。転職したい。独立したい。その他大勢から抜け出したい。人生を逆転させたいなど、思いはさまざま。でも朝に早起きして勉強するのも楽ではない。しかし、なかなか勉強時間を確保できないのなら、まず行き帰りの通勤時間に勉強する時間を確保してみればいいという考え方です。(77ページより)



本書の大きな説得材料は、現役のビジネスパーソンによって書かれていること。だから読者は、自分自身のこととして、ここに書かれていることを応用できるわけです。平易な内容なので、文字どおり空き時間を利用して効率的に読むことができるはずです。


(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.