• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  08:30 AM

よりカリッとして脂っこくないベーコンを焼くには、フライパンを温めずに焼き始めよう

よりカリッとして脂っこくないベーコンを焼くには、フライパンを温めずに焼き始めよう

150301crispier_bacon.jpg


ベーコンが最も美味しいのは、カリッ焼き上がった時です。ベーコンをフライパンで焼くなら、フライパンを温めずに調理を開始しましょう。できれば鋳鉄製のフライパンを使ってください。

Epicuriousではこれを科学的に説明しています。


信じてください。熱いフライパンに冷たいベーコンを入れたところ、きちんと脂肪が溶け出す前に焦げはじめカリカリになりだしました。そうなると選択肢は2つです。焦げてしまいますが、脂肪がしっかりと調理されるまでベーコンをジュージューと焼き続ける。

あるいは、火からおろして脂っこくてグニャグニャしたベーコンを食べる。一方、冷たいフライパンにベーコンをのせてから火をつけて中火で焼いたところ、脂肪が溶け出すのに十分な時間があり、よりカリッとした(そして脂っこさの少ない)ベーコンができあがりました。


また同サイトでは、鋳鉄製のフライパンとステンレス鋼製のフライパンとでは味や歯ごたえに差はないものの、鋳鉄製のフライパンを使用した方がベーコンは早く焼けると伝えています。より早くでき、より歯ごたえの良いベーコンは最高ですね。

また、焼く前に少しだけフライパンに水を入れるという方法もありますが、そうするとベーコンが焼きあがるまで少し時間がかかります。


Melanie Pinola(原文/訳:コニャック
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.