• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

持ち主がわからないiPhoneはSiriに聞けば解決する

持ち主がわからないiPhoneはSiriに聞けば解決する

150215siri.png


誰のものかわからないiPhoneを見つけて、パスコードロックがかかっている場合、落とし主に届ける方法はないように思えます。でも、ブログ「OS X Daily」によると、Siriに話しかければ解決できるようです。


Siriに落とし主を探してもらうには2つの方法があります。 「この電話は誰のものですか?」、または「この電話の持ち主は?」と質問するのです。するとSiriは、電話番号、住所、メールアドレスを表示してくれますので、それを手掛かりに持ち主へ連絡できるのです。この方法は、IMEI番号を追跡するよりも簡単そうです。もちろん、他人に電話のロック画面でこのような情報を見られたくなければ、Siriを無効にすることを考えてもいいでしょう。


Found Someone's iPhone? Help Return a Lost iPhone to the Owner with Siri|OS X Daily

Thorin Klosowski(原文/訳:コニャック

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.