• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,,  06:00 PM

いい人を演じると、自分も周りも不幸になる

いい人を演じると、自分も周りも不幸になる

150214_be_honest001.jpg


誰だって人に好かれたいとか尊敬されたいという気持ちはありますが、無理していい人になろうとすると自分にしっぺ返しがきます。優柔不断だとか、ひどい時は不誠実だと思われることも。それよりも、正直に自分の思っていることを伝えるようにしましょう。

いい人に見られようとすると、自分の本当の気持ちや、やりたいことを無視することにもなります。少なくとも私の経験では、「クソッ!」というような感情をむき出しにした言葉を言えないせいで、人から虐げられるようなこともありました。そのような生き方は、理不尽なことがあっても批判をぐっとこらえ、その代わりに人に気に入られることを言うことで、周りの人たちにサービスしているようなものです。

強さと優しさは両立できるものです。自立した個人でありながら、人を気遣うこともできます。ですから、いい人でいるのをやめても他の人の不利益にはなりません。むしろ、いい人を演じることで自分や身の回りの人に悪影響を与えることはたくさんあるのです。



いい人は優柔不断で自分の意見がないと思われている


いい人というのは、やりたくないことがある時にそれを言えないことが多いです。「本当にどっちでもいいよ」とか「私は気にしないよ」とか「何でもいいよ」というようなことを言って、自分の意見を曲げています。身の回りの人の意見に従ってばかりいると、自分の本当の気持ちがわからなくなっていきます。

最近、私のごく身近な人から、「君はほとんど自分の意見を言わないけれど、そんなに私たちのことを信用できないの?」と言われました。つまり、何年も友だちでいるのに簡単な質問にも答えられないほど、私は彼らと一緒にいても安心できていないという印象を与えていたのでした。実はしっかりとした自分の意見を持っていて、それをはっきり言おうとした時ですら、結局何もしなかったことに気付き、さらに恐ろしくなりました。

私は、いい人に思われることに囚われていたのです。グループの中で浮いた人になりたくなかったので、常に自分の意見よりも他の人の意見を優先していました。しかし、いい友人、いい同僚、いいリーダーになるには、人の意見に耳を傾けるのと同じくらい、自分の意見を他人と共有することもしていかなければなりません。

友だち関係、仕事、グループでの行動に対して、自分がどう感じているのかを改めて確認するために、自分が好きじゃないことややりたくないことを書き出すのは有効でした。ほとんどの人は、そこまで自分の気持ちに鈍感ではないと思いますが、自分の意見を改めて確認するために最初にする方法としてはいいと思います。


いい人を演じようとすると、不誠実になることも


意見すら言わない、いい人になろうとすると、他の人を怒らせるよりはマシだと思って嘘をつくことになりかねません。たとえば気が乗らない誘いを受けたとき、正直に「今夜は出かけたい気分じゃない」と言わずに、こんな風に言っていませんか?

  • 他の人のせいにする(例:私は別にいいけど、あなたはどうなの?)
  • 完全に嘘をつく(例:まいった、ほんと行きたいんだけど猫のタップダンスのレッスンがあってさ)

インディアナ州のノートルダム大学の研究によると、嘘をつくと人間関係にヒビが入るだけでなく、嘘をついた人の健康状態にも悪影響が出やすいということが分かりました。その研究では、あまり嘘をつかない人は、頭痛やイライラのような身体や心の不調を感じることはあまりありませんでした。

いい人を演じようとすると健康に問題が起こるというのは言い過ぎかもしれませんが、「いい人」に見られたいあまりに嘘をつくことでストレスが生まれ、それが身体や心に負担を与えているのは間違いありません。


いい人はつまらないと思われる


自分の意見を言わず、常に感じのいいことだけを言ったりやったりしていると、受け身でつまらない人だと思われるようになります。誰かに意見を求められるのは、相手があなたの意見を尊重したいと思っているからだ、ということに気づくのは大切なことです。

家でも職場でも、周囲の人たちにつまらない人間だと思われ続けるのは嫌ですよね? 自分の本当の意見を相手に伝えることで、人間らしい個性ある人として見られるようになります。


いい人は従順だと思われる


「the Journal of Personality」に載っていた最近の研究によると、いい人を演じる人は権力者からの命令であれば、ほかの人を直接傷つけるようなものでも従いやすいことがわかりました。ミルグラム実験では、そのような被験者は権力者により従順で、無実の人に電気ショックを与えるような命令でも従うということがわかっています(被験者は無実の人が役者だということを知りません)。

しかし、人間というのは本来そんなに従順ではなく、もっと議論好きで、そんな非倫理的な命令には疑問を持ち、無実の人に電気ショックを与えろと言われても拒否するものです。相手の思いつきに従うことが相手のためだと思っているかもしれませんが、自分が正しいと思うことに従っても、いい人でいることはできます。


いい人は大したことがないことでも誉める


いい仕事をした人を、誉めたり賞賛したりするのはすばらしいことです。しかし、いい仕事をしていないと思っているのに誉めていたら、相手を傷つけたり、人間関係がうまくいかなくなったりします。相手が必要としている的確な意見や感想を返していないだけでなく、ただいい人に思われたいためにあなたがそんなことを言ったのだとわかったら、相手の自尊心が傷つきます。

あなたが人の上に立つような立場にいる場合は、いい人でいることばかりに気を取られるのではなく、強いリーダーになることを意識することが特に重要です。嫌なヤツになれという意味ではありません。相手の感情を壊れもののように取り扱わなくてもいいということです。

不愉快に思われないように、的確な意見を伝える方法として、「サンドウィッチ」アプローチを使うのがおすすめです。批判を言う前に簡単に正直な賞賛の言葉を伝え、批判の後にもまた正直な賞賛の言葉で締めます。この方法が効果的かどうかは議論の余地がありますが、個人的には、これまでこの方法を使って問題はありませんでした。ほかにもいろいろと方法はありますので、自分に合いそうなものを試してみましょう。

大事なのは、単にいい人でいようとするのではなく、現実的な意見を言うことです。何かがとても気に入らないけれど、気に入らないことをやんわりと伝えたいと思う場合は、今から言うことは断定的な事実ではなく個人的な意見だということを言えば、相手に与える印象をやわらげることができます(例:私にはこうだけど...、個人的な意見だけど...)。


心にもないことを言っていると嫌われる


不思議なことに、人に対して常にいい人でいようとすると、その相手から嫌われたり恨まれたりすることもあります。相手の望むことをするのが当たり前になっていると、ストレスで参ってしまったり、助けている人から冷たい仕打ちを受けたりすることもあり、相手の望み通りにしていることが嫌になります。

シカゴ・トリビューン紙のAlexia Elejalde-Ruizさんは、いい人に見られるために、礼儀正しく人に対して従順であることで、悪循環に陥りやすいと指摘しています。事実、助けている人に対して嘘をつき、まったくリラックスも満足もできていないのに、自分の気持ちをごまかしているのです。

Elejalde-Ruizさんが引用していた研究によると、極端に利己的でも、極端に寛大でも、ほとんどの人が極端なものを嫌うと証明されています。実験のなかで極端に寛大な人は、残りの被験者を嫌なヤツに思わせているからという理由で特に嫌われていました。


私は、いい人でいることが悪く、不機嫌でいる方が自分にも周囲の人のためにもなる、と言いたいわけではありません。ただ、人当たりのいい態度や、耳触りのいい言葉をどのように表に出すか、考えて欲しいのです。

心からそうしたいと思うよい言動をするのであれば、すばらしいと思います。しかし、そうでない場合は本当の自分の気持ちを伝えるようにしましょう。その方が、あなたも周囲の人も、誰もが幸せになれるはずです。


Why you should stop caring about being 'nice' | Crew Blog

Kayla Matthews(原文/訳:的野裕子)
Image by Monkik (Shutterstock).

  • ,,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    Sponsored

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    真田一族に学ぶビジネスパーソンの理想像。乱世を生き抜くカギは「約束」にあり

    戦国武将に学ぶビジネス論を、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。めまぐるしく変化する情勢の中、選択を誤れば一夜にして滅亡しかねないという時代を、鮮やかに、あるいはしたたかに生き抜いた戦国武将たち。彼らの処世術・仕事術は、刻一刻と変化するテクノロジーやビジネススタイルに対応しなければならない現代人にとって、むしろ身近なものかもしれません。 『戦国BASARA』は、独自の史観とダイ  10:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.