• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

尾越まり恵  - ,,,  11:00 AM

働き方の可能性を「無制限」にするパラレルキャリアに最適な定額無制限SIM「ぷららモバイルLTE」

Sponsored

働き方の可能性を「無制限」にするパラレルキャリアに最適な定額無制限SIM「ぷららモバイルLTE」

150209_plala_top.jpg


パラレルキャリア」という言葉をご存じでしょうか? これは経営学者のドラッカーが提唱した、本業以外の仕事を持ったり、非営利活動に参加するような生き方のことを指します。最近少しずつ、このパラレルキャリアを実践している人が増えていると言います。

テレビ放送局に勤務する柳内啓司(やなぎうちけいじ)さんも、そのひとり。本業ではテレビ局のコンテンツ戦略を担当しながら、社外では書籍執筆やセミナー・イベントの企画などを行っています。

まだまだ日本では副業が制限されている企業が多いように感じますが、柳内さんの話を聞いて、「働き方って、もっと自由でいいのかも!」と感じました。ひとつの会社に頼らず生きていくことはリスクヘッジになるだけでなく、自分の自信にもつながります。会社の中でやりたいことができていない人でも、社外では自分の行動次第で主役になれるんです。

実際に何が変わったのか? どんなことが難しかったのか? まずは何から始めればいいのか? 今回は「データ通信量"無制限"」のSIMカード「ぷららモバイルLTE」を片手に、柳内さんに「自分の可能性を"制限しない"働き方」についてのお話を伺いに行って来ました。


ふたつのことを同時にすると相乗効果が生まれる


150209_plala_01.jpg


柳内さんは、中学生のときは勉強と部活、大学時代は人工知能の研究とIT系企業でのアルバイトなど、以前からふたつのことを同時にすることで相乗効果が生まれることを実感していたと言います。そんな柳内さんが社外での活動を始めたのは2009年のこと。新卒で配属された部署があまりに忙しすぎて、自分を見失いかけたと言います。

「当時は自分の力をまったく発揮できていませんでした。今はしゃがんでいる時期かな、と自分をなぐさめながらも悔しくなって。小さな世界でもいいから、成功体験を積んでいこうと思ったんです」と柳内さんは当時のことを振り返ります。

その後、柳内さんは少し時間的に余裕のある部署に移ったタイミングで、まずは社外でITの勉強会を開催しました。

「社外の貸会議室などを借りて講師を招いての勉強会でした。まだFacebookでの告知なども広まっていない時だったので、最初は知り合いを呼びながら始めて、毎回30~50人くらいが集まる場になりました」(柳内さん)

この勉強会を定期的に開催することで人脈が広がり、さまざまな情報が入ってくるようになったそうです。

「例えばコンテンツ戦略のアイデアもそうですが、取材先を探すときなどでも、社外で得た人脈や情報がものすごく役に立っています。それが結果的に良いコンテンツを生み出すことにつながるんです。会社員が社外でも活動して、そこから得た情報を持ち寄ることができたら、本業にももっと生かされていくと思います」(柳内さん)

この5年あまりで柳内さんの活動の幅はどんどん広がり、「パラレルキャリア」をテーマにした著書『人生が変わる2枚目の名刺』(クロスメディア・パブリッシング)も執筆しました。今は自著だけでなく、本を出版したい人の書籍プロデュースなども手掛けているそうです。

会社以外に活動の場を持つことで、本業も社外活動も充実させてきた柳内さん。どんなことに気を付け、また何を大事に活動してきたのか、柳内さんが考える、"働き方を制限しない"ための重要項目を5つ、ご紹介します


パラレルキャリアの実践で大切な5つのポイント


150209_plala_02.jpg


1. 社内ではしっかりとマナーを守る

副業をする社員に対して、企業が一番気にするのはコンプライアンス上の問題。柳内さんの勤める企業では届け出をすれば副業はOKだそうですが、柳内さんも社内情報の取り扱いにはものすごく気を付けていると言います。

「例えば僕が来期のドラマについて社外で話しちゃったらまずいですよね。社内の機密情報を外に漏らさないことは絶対です。また、会社員である限りは、会社の名誉を傷つけるようなこと、競合に塩を送るような行為もNGです。細かいことでも報告することを心掛けて、人事の社員とも信頼関係を築いています」(柳内さん)


2. まわりのからかいや批判に屈しない

今でこそ「パラレルキャリア」などとカッコイイ言葉も浸透しつつあるけれど、まだまだ副業をしている人は珍しい。隠していても噂で広がるので、柳内さんは社内でも活動のことは話しているのだとか。周囲からは「意識高い系」と言われたり、からかわれたりすることも。

「はじめはそういう社内の見られ方に戸惑ったこともありましたが、案外やっちゃえば慣れます」(柳内さん)

周りの人は案外、自分のことを気にしていないもの。周囲にどう思われているかについて神経質になりすぎず、強い心で自分のやりたいことを貫くことが一番です。


3. 自分が主催者になる

柳内さんが「小さな成功」を収めることを最初の目的にしたように、自分が主催となって活動をすることが大事。

「一般の大きな組織って、入社して打席に立つのに時間がかかると思うんですよね。早めに打席に立つ訓練をしておけば、立ったときに絶対強いと思います」と柳内さん。若いうちに何かを主催する、何かの代表になるという経験をしておくことは、後年きっと大きな財産になるはずです。


4. 情報感度を高める

パラレルキャリアを築いていくためには情報収集が欠かせません。柳内さんと話していると、いろいろな面白い人やコンテンツの情報が次から次に出てきます。一体どこからそんなにたくさんの情報を入手しているのでしょうか?

まず、毎朝の通勤時間中にスマホでチェックするニュースは、「NewsPicks」、「SmartNews」、「Yahoo!トピックス」の大きく3つ。その他、Kindleでビジネス書やエンタメのベストセラーを読んでいます。また、情報や人脈を広げる手段としてオンラインサロンも活用しています。

「オンラインサロンは有料のものですが、こういう投資は必要だと思います。以前だったら会社が研修を用意してくれたかもしれないけど、今は自分で行動していかないといけないのかなって思っています。

パラレルキャリアは会社員として収入の柱があることが最大のメリットです。平日の日中は本業で収入を安定させつつ、平日の夜や土日を自分に対する新規の投資にあてる。それがすぐに儲かったり成果が上がるわけではなくても、将来のためにやっておいた方がいいことだと思います」(柳内さん)


5. 情報入手のための環境を整える

情報を入手するためには、ツールや環境は欠かせません。いま柳内さんが使っているのはiPhone、MacBook、ChromeBook。平日の夜や週末の時間を使った社外活動では、集中するために自宅を出てWi-Fiの使えるカフェを利用することが多いそうですが、最近はWi-Fiのないレンタルスペースや移動中でもデータ通信ができるMVNOのSIMカードにも興味を持っているそうです。

ただ気になるのが通信量制限。「やっぱりデータ通信量に制限がある中で利用していると、例えばGooogleDocsで重いデータをうっかりダウンロードしてしまったときなんかに『あっ...』てなりますよね(笑)。あと、動画で送られた資料を見ていたりするとすぐに数GBなんて越えちゃって...」(柳内さん)


自分の可能性を制限したくない人の強い味方「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」


150209_plala_03.JPG


その点ライフハッカーでこれまでも何度か紹介してきたNTTぷらら提供の格安SIMカード「ぷららモバイルLTE」には、24時間使い放題の「定額無制限プラン」があります。最大通信速度の下り/上りが3Mpbs、1日あたり/1カ月あたりの通信量は無制限です。しかも月額2760円(データ通信のみ)/3460円(音声通話プラス)とリーズナブル。

「これからは確実に動画のような通信量の重いデータでのやりとりが増えていくので、パラレルキャリアにはこのようなツールが必須になってくると思います」(柳内さん)

さらに、「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 音声通話プラス」ではデータ通信に加えて音声通話も可能なので、スマホそのものを乗り換えてしまうことも可能です。スマホとWi-Fiルーターを両方持って歩くことなく、スマホ1台のみで通話もテザリングもできるので、外出先で使用する時も鞄の中身がちょっとスマートに。

今話題の格安スマホとのセット販売もあります。Ascend G620S(8GB)もしくはAscend Mate7(16GB)を同時購入し、別途アンケートに回答すると先着1000名様に限定で1万8000円のキャッシュバックがあるキャンペーンも実施中(2015年3月2日まで)。



パラレルキャリアとは、「会社員だから」「本業が忙しいから」と言って自分の可能性を制限しない働き方。「やりたいことを思いっきりやる」ためには、「ぷららモバイルLTE」のようなどれだけ使っても定額の無制限なツールが強い味方になってくれるはずです。

とはいえ、「やりたいこと」と言っても自分が何をすればいいかわからない人も多いのではないでしょうか? その点について、柳内さんはこうアドバイスします。

過去にお金と時間を使ったことを探ってみるといいですよ。それが自分の好きなこと、得意なことのヒントになるはずです。"誰よりもコンビニアイスが好き"というようなことでもいいんです」(柳内さん)

どんなに小さなことでもいい、と思うと社外活動のハードルがぐっと下がりそうです。音楽やランニングなどの趣味を派生させた活動でもボランティアでも、料理や育児でも、会社で働く時間以外の可能性を模索する一歩は、案外簡単なことなのかもしれません。

会社員という収益のベースを持ちながら、社外で自分の得意なことや強みに挑戦し、それを本業に生かすという働き方は、これからのスタンダードになっていくのではないでしょうか。それはきっと、人生がさらに充実し、楽しくなる生き方に違いありません。

"定額無制限"の「ぷららモバイルLTE」なら、そんな"可能性を制限しない"働き方の実現がぐっと近付くはずですよ。

それぞれのプランの詳細については下記リンク先からどうぞ。


ぷららモバイルLTE|ぷらら
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン|ぷらら
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン 音声通話プラス|ぷらら


(文/尾越まり恵)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.