• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  07:00 PM

新入社員が早く会社になじむために先輩社員にできること

新入社員が早く会社になじむために先輩社員にできること

150211welcome_new_coworkers_top.jpg


新しい職場に初めて出社した日のことを覚えていますか? すんなりとはいかなくても、何とかやり終えたと思います。新入社員が自分の会社に入ってきた時は、自分の経験を活かして新人研修をスムーズに進めることができるはずです。今回は新入社員が早く会社になじむためにできることをご紹介しましょう。



初日の対応が与える影響が大きい理由


150211welcome_new_coworkers002.jpg


私は、嫌な職場でも好きな職場でも働いたことがありました。その経験から、どちらの職場でも新入社員が良い雰囲気でスタートできるように時間と努力を費やせば、職場のチームワークが強固なものとなり、仕事の生産性も上がることがわかりました。それ以外にも、新入社員を歓迎する努力をした方がいい理由はいくつかあります。

  • 連帯感が生まれる
    入社したばかりの社員が、すぐに会社の一員になったと全員が感じられるようにすると、連帯感が生まれます。
  • 共感できる
    入社初日に辛かった経験があるなら、新入社員を手を差し伸べましょう。そうすれば、新入社員は同じような気持ちにならずに済みます。
  • 新しい人間関係ができる
    少なくとも、仕事上の新しい人間関係(コネクション)を築くことができます。うまくいけば新しい友だちになれるかもしれません。
  • チームの力が上がる
    自分のチームに新しい人が入ったら、チームにより強力なダイナミズムが生まれることを喜びましょう。

自分が入社初日にどんな経験をしたかはさておき、新入社員にはぜひとも良い経験をしてもらいましょう。新人研修の担当でない場合は、上司や人事担当と違うことを言ったり、機嫌を損ねるようなことはしたくないと思いますので、これから先の内容は必要に応じて適宜読んでください。


やるべきことがわかるように助ける


150211welcome_new_coworkers003.jpg


新しく入社した社員は、具体的な役割や会社でどのように働くべきかなど、社内での自分の立ち位置を探ることに意識を注ぎます。新入社員が自分の立ち位置を知るために欠かせない情報を、提供してあげる方法がいくつかあります。

  • 新入社員に会ったら、その人と自分が社内で相対的にどのような関係性にあるのかを教えましょう。そうすれば、一緒に仕事をすることになるかもしれないとか、どのように関わるかもしれないかがわかります。
  • まだ誰も案内していなかったら、職場内を案内して各部署の仕事で関わる重要人物を紹介してあげましょう。お昼休憩はいつが一番混んでいるとか、この人はこう呼ばれているというような、あなたの知っている情報を教えてあげるといいです。
  • 会社の周辺に詳しくなさそうであれば、外に連れて行ってあげましょう。社員お気に入りの周辺のレストラン情報や、会社周辺でいい物件を探すコツなど教えてあげるのもいいです。
  • 成り立ち、ミッション、価値観など、会社の基本情報を教えてあげましょう。同じ部署やチームであれば、その基本情報についても同じように教えましょう。オリエンテーションなどから得た会社の公式なスタンスに沿って、自分なりの視点で伝えると、相手は多くのことを知ることができます。あなたが上司だったり、一緒に仕事をする仲間であれば、最初の週にちょっとした仕事を与えましょう。


きちんと前に進むためにも、新入社員にはちょっとした仕事でも与えましょう。新入社員は、自分が会社に貢献できることを証明したいと思っているので、やらせましょう。初日に負担の軽い仕事を与え、最初の週は同じような感じで進めます。新入社員が家に帰って、少し仕事をしたと達成感を感じられるだけでなく、その後どのような仕事ができるかをつかむチャンスにもなります。


新入社員がよりスムーズに仕事に移行するためにも、自分が持っている有益な内部情報を共有してあげましょう。


雑談をする時間をつくる


150211welcome_new_coworkers004.jpg


仕事での人間関係をより強力なものにするために、仕事仲間のプライベートなことや仕事以外のことを知りたいと思うでしょう。新しい人が入社したら、最初の週にお茶かランチに誘いましょう。相手は歓迎されていると感じますし、あなたは相手の人となりを知る機会になります。その人の経歴や興味のあることを知れば知るほど、今度どのように一緒に働くといいか、どうすれば相手のスキルをより活かせるかについて、よりいいアイデアが浮かびます。

また、会社や部署の新人研修に関する意見や感想を聞くいい機会にもなります。将来、新しい社員を雇った時に参考にしたいのであれば、会社のオリエンテーション担当がどんな人でも、意見を言ってもらった方がいいです。


困ったことがあれば頼るように伝える


150211welcome_new_coworkers005.jpg


新入社員には、何でも聞いてくださいと言うにしろ、態度で示すにしろ(困っていそうだったら助けるなど)、会社に慣れるまであなたに頼ることができるということを、きちんと伝えましょう。当然ですが、人を助けるために仕事が疎かになっては意味がありません。要望に応えられない時はためらわずに断ります。そういう時は、頼まれたことをできそうな人を紹介してあげましょう。

困った時は何でも聞いてくれていいということ、最初は間違えることもある(特にチームや会社が使っているものを初めて使う場合など) ということを、新入社員には念を押しておきましょう。ほとんどの人が、誰かの仕事を邪魔するのにも限度があるということはわかっていますから、相手が遠慮し過ぎたり、気を使って妙な空気にならないように、先回りして伝えてあげるのが大事です。


ちょっとした挨拶や行動も忘れずに


150211welcome_new_coworkers006.jpg

ちょっとした仕草や行動も、新しい環境に慣れようとしている人にとっては大きなものになります。簡単にできる例をいくつかあげてみましょう。

  • 出社時、退社時に挨拶をする(近くの席であれば)。
  • 廊下などですれ違ったら軽く会釈したり挨拶をする。
  • しばらくはたまにランチに誘う。忘れないように月に1回くらい予定表に入れておいてもいいでしょう。


もちろん、延々と続けることができなくても、そのような気遣いは新入社員にとってもあなたにとっても、とてもメリットのあることです。Marianna Tabaresさんは「Hello Giggles」で以下のように説明していました。


新しい親友になる必要はありませんが、新入社員と気心の知れたコミュニケーションができるようになるのは悪くありません。誰もが職場で居心地の良さを感じた方がいいものですが、新入社員を歓迎するためのノウハウはあまりありません。同僚の中には、特に新入社員を歓迎することに興味がない人もいるかもしれませんが、新入社員にとっては、どんなに小さな努力でも大きな違いになります。


職場によっては、ここで紹介したことをすべて実行できないかもしれません。自分の会社や環境でできるだけのことをすれば、それだけでも新入社員は歓迎されていると感じることができて、あなたとポジティブな人間関係を築くことができるはずです。


Heather Yamada-Hosley(原文/訳:的野裕子)

Images from Iliveinoctober and Apatsara, jesse, wwward0, mdgovpics, and pennuja.

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.