• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matono  - ,  07:00 PM

諸悪の根源は過剰な完璧主義、ライフハックは自分向けにカスタマイズしてこそ真価を発揮する

諸悪の根源は過剰な完璧主義、ライフハックは自分向けにカスタマイズしてこそ真価を発揮する

150115_Lifehack_01.jpg


白状すると、私は米ライフハッカーで働き、物事を効率よく速く片付ける方法や節約について書いているというのに、いまだにきちんとできていません。気が散って集中できず、時間やお金の無駄遣いをしてしまうことがあります。自分の書いたすべての「ライフハック」を忠実に守れていません。しかし、それでもいいのです。


すべてのライフハックを守ることはできない


150115_Lifehack_02.jpg


ライフハッカーのライターになる前は、ライフハッカーの読者でした。当時、私の生活は整然としておらず、あらゆることをうまくやるやり方を知っているように見える人たちに興味がありました。

そういう人は、アイデアが浮かんだらすぐに書き留めるためにノートを持ち歩き、ノートに書いたことは自動的にスキャンされてEvernoteに保存。毎朝ランニングマシンが設置してある机のところに立ち、ポモドーロタイマーを使って30分おきにアイデアを考えては、休憩をする。夕食までそのサイクルで仕事をして、その週の最初に食べようと思っている食事を冷蔵庫から出す。メールへの返信はきっかり夜9時で終わらせ、少なくとも寝る1時間以上前にはパソコンをオフにする。夜10時に眠りにつき、朝5時半には起き、90分の睡眠サイクル5回の睡眠をとる。なんて完璧に計算され尽くした生産的な1日!

本当にまったく素晴らしいことです。しかし柔軟性には欠けます。ライフハッカーで働く前は「Android Police」で書いていました。そこでは、朝4時にリリースされるRovioのプロダクトについて書くというような、不規則な仕事もかなりありました。認知度が高く、上司の優先度も高い、重要なプロジェクトで仕事をさせてもらう素晴らしい機会でした。ルールというのは縛られすぎると危険です。極端な例ですが、完璧に計算されたスケジュールにこだわり過ぎるあまり、チャンスを逃すことも多々あります。一長一短です。

私は読者としてこのことに気付きました。超生産的な人はすごいと思いますが、現実的ではありません。私がたまに怠けてしまったり、決まった時間に寝なかったり、夜遅くまでスマホをいじっていたりするのは、ダメなことだと分かっています。しかし、パーフェクトに生産的だと憧れているような人でも、休む日もあれば、悪い習慣があったりもします。すべてのアドバイスに従おうとするのは非現実的で、参ってしまいます。結局、生産的であろうとするあまり、生産的ではなくなってしまいます。

当然ながら、人が言っている良いアイデアがすべて自分にも当てはまるとは限りません。自分の生活や人生で実際にやりたいと思うことや、目標を達成する近道になりそうなことをやってみましょう。私の場合、自分の仕事(当時は映像編集者もやっていました)をもっと整理したいとか、毎日きちんと原稿を書き続けたいと思っていました。このように具体的な目標があったので、これは取り入れるだけの価値があるとか、これは取り入れなくていいなどと判断するのは楽でした。私が取り入れているライフハックよりかなり重要だと思われるものでも、必要がなければ取り入れなくてもいいのです。

取り入れるだけの価値があるかどうかを正しく判断するには、自分のパターンを観察することから始めましょう。1週間のルーティンを見て、改善したいと思う問題を2つ取り上げます。この2つの問題が解決するまでは、それ以外の他の問題のことは考えません。いつか取り組みたいと思っていたとしても、とりあえず後回しにします。新しい習慣を身に付けるためにすべての力を注ぐだけでなく、一つでも問題が解決できれば、それが自信になって残りの問題を楽に解決できるようになるからです。


罪悪感ではやる気は出ない


150115_Lifehack_03.jpg


たまに、こうすればいいというTIPSを書くことがありますが、それを自分で守れていないこともあります。これに関しては本当に申し訳ないというか、罪悪感があります。それに、読者だった時に、いつも節約や厳密な睡眠スケジュールの話をしている人を見ていると、自分は外食の回数が多過ぎるような気分がしていたたまれなかったです。

生活を向上するための方法を読めばよむほど、できるのにやってないということに気付かされ、さらに嫌な気分になりました。自分よりも成功している人ばかりをあまりにも見過ぎて、自分の人生がいかにくだらないかということに気付き、うなだれてソファに座ってテレビを見るだけでした。つまり、罪悪感ではやる気は出ないということです。休むことに罪悪感を感じたら、寛ぐことはできません。これでは燃え尽きてしまい、本当に深刻な問題になります。

これと似たような経験はないでしょうか。仕事を終わらせようとしなかったので罪悪感を感じ始め、罪悪感を感じているので十分に仕事ができなかった。仕事がきちんと終わらなかったことに罪悪感を感じたので、休暇を取らないようにした。休暇を取らないのがどんなに良くないかという記事を読み、ショックを受けて休暇を取ってみたものの、休みの間中仕事をしていた。疲れて仕事に戻ったら、休暇を取ったばかりだというのにもう休暇が恋しい。このサイクルが延々と続く。

これは、効率よく仕事ができないことが問題なのではありません。実際には、怠け者ではないのに、自分を怠け者だと感じているだけなのです。問題は自分に期待し過ぎていることです。仕事にストレスを感じたら、仕事が嫌いになったり、努力する価値がないと思ったりしますが、そう感じるのが間違いの元です。一瞬逆じゃないかと思うかもしれませんが、自分は生産的じゃないこともあるし、効率がよくないこともあるし、しくじってしまうこともある、というのが受け入れられない場合は、それは自分が向上できる場所にいないということです。

罪悪感をあおるのではなく、失敗を受け入れたり、これも経験だと思うことを学べば、自滅せずに済みます。皮肉っぽい嫌なヤツにならないように(特に自分に対して)、自分を律しましょう。これを実行するための完璧なTIPSはありませんが、どんなに成功している人でも自分を欺いているように感じている人はたくさんいる、というのを忘れないでください。Louis CKさんは、自分の決定に少なくとも70%オーケーが出せたら、大体それで十分だと言っています。残り30%のために、そんなに自分に厳しくしないでください。


人生はライフハックがすべてじゃない


150115_Lifehack_04.jpg


2週間前、私は会ったこともない人たちのライブRPGに参加するために、テネシー州のナッシュビルに行ってきました。どう思われてもいいです。でもこれは今までの人生で味わったことのない体験でした。私にとってはかなり面白く、話したいこともあります。ちなみに、4時間運転して家に着き、5時間の睡眠をとる前の日曜夜8時にベッドの上でこの原稿を書いています。

私は生産性を上げるためのたくさんのルールを破りました。休みの日に仕事をし(よくやりますが)、睡眠スケジュールを崩しているのに、自分が参加したライブRPGのことをネット上で伝えるための記事を書いている。どれも良くない結果をもたらす可能性があります。一方で、私は良い記事をいくつか書き、後で人に話せる面白いネタになりそうな楽しい経験をしました。間違ったことはたくさんしましたが、それでも充実感があります。

ライフハッカーでは、仕事の効率を上げるTIPSやアプリやコツを常に紹介してきました。これはとても高潔で素晴らしいことだと思います。しかし同時に、仕事を終わらせること以上のことが人生にはあると思います。別にライフハックが間違っているということではありません。私はいつも90分サイクルで睡眠を取るようにしています。その方が睡眠が快適だからです。デスクトップパソコンから離れたところでも仕事ができるので、Dropboxも使っています。キーボードのショートカットキーの素晴らしさは言うに及ばずです。

ライフハックの提案しているルールというのは、むしろガイドラインのようなものだと思います。自分の生活や人生で必要なことであれば、それを取り入れましょう。失敗したり、管理できなかったり、単に興味がないものもあるでしょう。この間の週末、私は日曜の夜8時まで仕事をしましたが、それはそこしか仕事ができる時間がなかったからで、夜中の2時まで寝られなかったので嫌な気分にもなりました。でも、人生というのは時にはそういうものです。それでいいのです。

仕事というのは大いに充実感を味わえるものです。友だちや家族と過ごすことも、映画を見ることも、夜更かしすることも、ダイエットに成功することも、同じように充実感や満足感が味わえます。自分が充実感を感じられるものがわかるのは、自分だけです。だから、完璧に計算された生活が送れなくても、しくじったりしても、落ち込んだり、罪悪感を感じる必要はありません。今までよりも幸せを感じている限り、道を外すことはありません。それが人間というものです。


Eric Ravenscraft(原文/訳:的野裕子)
Photos by hikabu, Izzy, and Moyan Brenn.

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.