• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  01:30 PM

Amazonはいかに「すべての商品が最安値」だと思わせているか

Amazonはいかに「すべての商品が最安値」だと思わせているか

150202amazon.jpg


商品を買おうとしている時、皆さんは真っ先に「Amazonの方が安いかも」と思うのではないでしょうか。確かにAmazonで扱っている商品は安く見えますが、実はそういう認識を消費者に植え付けているだけだといい、最近のレポートではその方法が明らかになっています。


「Amazonの商品は全てにおいて最安値」だと多くの人は思い込んでいるかもしれませんが、それは誤りです。Boomerang Commerceのレポートによると、これはAmazonの戦略で、人気のある商品を判断し、その商品に対し常に安値を付けているのだと結論付けています。例えば、人気のあるTVが他社よりも安い価格で売られていたとしても、対応するTVアクセサリーは価格を高くして、損失を埋め合わせしているかもしれないのです。あまり人気のないTVを探されている場合は、そのように価格を高く設定されている可能性があるとそのレポートは述べています。


Amazonは特定の時期、特定の商品には最安値を付けていないかもしれません。ですが、閲覧数が多く、よく売れている商品は常に安い価格で提供されているので、「Amazonの商品は一番安い」と消費者は錯覚してしまうのです。


これを知覚価格設定といい、Amazonはこの戦略を巧みに利用することによって、多くの消費者を囲い込んでいるのです。アマゾンでショッピングをする際は、このことを心に留め、複数のお店で価格を比較するようにしてください。


Achieving Competitive Pricing without Racing to the Bottom|Boomerang Commerce via Re/Code

Patrick Allan(原文/訳:Conyac
Photo by Akira Ohgaki.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.