• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 AM

スマホで簡単にできる経費精算アプリ『Staple』

スマホで簡単にできる経費精算アプリ『Staple』

0221staple001.jpg


タブロイドより転載:カフェでの打合せ。取引先へのタクシー移動。仕事で使った経費は早く精算しておきたいところですが、ついつい後回しにしがち。気がつけば積もり積もったレシートの山。移動中などのちょっとした合間に、スマホでサッと経費精算しちゃいましょう。


スマホで申請→上司の承認まで可能!


『Staple』はスマホから経費精算ができるアプリ。Webと連動して、上司への申請→承認まで済ませられるサービスです。個人でもチームでも利用することができます


0221staple002.jpg


まずはスマホアプリで経費を記録。「支払先」「金額」「日付」などを入力します。カテゴリーは「交通費」「食事代」「ガソリン代」などよく使うものばかり。項目が少ないので、電車を待っている間に終わってしまいます。メモや領収書の写真も添付可能。「あの時の!」と思い出す助けにもなりますね。


0221staple003.jpg


集計画面もシンプル。経費は月ごとにまとめられます。チーム利用の場合、月末に「レポート作成」から上司へ申請書を送信すれば、もう経費精算はおしまいです。


0221staple004.jpg


『Staple』はPCからも使えます。PCからも経費の記録を記録したり、スマホで入力した内容の編集が可能。カテゴリ別の円グラフや、チーム内でのコメントをやりとりする機能もついています。


0221staple005.jpg


申請のワークフローは「オーナー」「管理者」「メンバー」に分かれています。承認はもちろん、却下や再申請もあります。入力はスマホで手軽に、申請ワークフローはWebサービスでしっかり行えるようになっているんですね。個人で利用する場合は、経費レポートのエクスポート(CSV)が便利です。お使いの会計ソフトに読み込ませて処理させましょう。


スマホアプリは無料。Webサービスは個人利用の場合無料、チーム利用の場合は月額料金がかかります。少人数の企業では社内システム導入となるとハードルが上がりますが、こうしたサービスを上手に使えるといいですよね。2月3月は確定申告に悲鳴が上がる時期。来年の自分のために、今からこまめに経費精算をしておきましょう。



(井上マサキ)
Staple(ステイプル)経費精算アプリ

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.