• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  06:00 PM

さらに200人を採用!「ビズリーチ」はハイクラスから20代まで、日本人の働き方を変えていく【Ventures High 2015】

さらに200人を採用!「ビズリーチ」はハイクラスから20代まで、日本人の働き方を変えていく【Ventures High 2015】

150107ventures_bizreach_1.jpg


ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」や「RegionUP(リージョンアップ)」、20代のためのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」、友だちと競える暗記帳アプリ「zuknow(ズノウ)」などを展開する株式会社ビズリーチです。


あけましておめでとうございます、株式会社ビズリーチ代表取締役の南壮一郎です。


150107ventures_bizreach_3.jpg


これまで運営していた、主に30代以上のプロフェッショナル人材を対象とした会員制転職サイト「ビズリーチ」に加え、2014年4月には20代を対象としたレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」をリリースしました。


2014年は転職活動における時代の夜明けを感じた


20代はキャリアの方向性が定まっておらず、さまざまな領域や職種に関心がある方が多いため、プロフェッショナル人材に比べると求職の際の選択肢が幅広いといえます。それ自体は良いことですが、世の中には大量の求人情報が存在するため、その中から関心がある仕事を探すのはとても大変です。


150107ventures_bizreach_4.jpg


このような悩みを解決するため、キャリアトレックは、転職サイトでは一般的である「検索機能」を思い切ってなくすという決断をしました。その代わり、ユーザーは職務経歴の登録とキャリア診断を実施し、それに基づいてレコメンドエンジンが提案する情報を受け取ります。レコメンドエンジンが提案する、思いもよらない選択肢から自分の方向性を見つけられるような仕組みを導入しました。

なお、受け取った情報が「気になる」か「気にならない」かを選択することにより、ユーザーの関心の方向性をシステムが学習し、使えば使うほど提案の精度が上がる仕組みも導入されています。

おかげ様で順調なスタートを切ることができ、グランドオープンから8カ月で、会員数80,000人、求人案件数17,000件、掲載企業約4,000社にまで成長しました。11月には、「スキマ時間の活用」という観点を織り込んだ、シンプルかつユニークな操作性を追求したアプリもリリースし、こちらも好調な滑り出しとなっています。スマートフォンが生み出すイノベーションの可能性と、転職活動における新しい時代の夜明けを強く感じた一年でした。


Googleの教訓に背中を押された一冊


2014年に読んだ本でオススメの一冊は、『How Google Works ―私たちの働き方とマネジメント』(エリック・シュミット/ジョナサン・ローゼンバーグ/アラン・イーグル著、ラリー・ペイジ序文、土方奈美訳、日本経済新聞出版社)です。

グーグル現会長で前CEOのエリック・シュミットと、前プロダクト担当シニア・バイスプレジデントのジョナサン・ローゼンバーグの共著です。グーグルの成長を通じて学んだ「教訓」を、著者2人が豊富な事例とともに語った一冊です。その中で、グーグルがどれほど採用を重視しているか分かった点が大変印象的でした。

私は「事業づくりは仲間探しである」と考えており、採用が強いと言われるさまざまな企業に採用の方法について教えていただき、実践してきました。この本を読んで、世界一のインターネットカンパニーであるグーグルも採用活動を経営の中心に置いていることが分かり、自分たちがやってきたことが間違っていなかったと、背中を押していただいた気持ちになりました。

これからも「社員全員人事」を掲げて、全員で仲間探しを続けていく勇気をもらいました。企業の経営者や採用担当はもちろんのこと、ベンチャー企業で働く人、これから急成長したいと考えている全てのビジネスパーソンに読んでほしい一冊です。


2015年は200人採用!日本人の働き方を変えていきます


私たちは、「インターネットの力で、世の中の選択肢と可能性を広げていく」を会社のミッションとして掲げています。インターネットを通じて、日本の労働市場を可視化し、選択肢と可能性を広げ、日本人の働き方を変えていくことに引き続きチャレンジしていきたいと考えています。

このミッションを実現するために、創業事業である「ビズリーチ」に始まり、20代向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」、管理職を目指す女性向けサービス「ビズリーチ・ウーマン」、そしてキャリアアップを支える学習アプリ「zuknow」など、「働き方」の領域で事業を広げてまいりました。2015年も、新たなサービスやイノベーティブな取り組みを通じてミッションの実現に邁進いたします。

2009年に二人でスタートしたビズリーチは、5年半で350人を超える組織に成長しました。2014年だけでも、143名の仲間が新たに加わり、組織は急成長を続けています。

しかし、世の中に大きなインパクトを与える事業を創るためには、まだまだ小さな会社だと考えています。そこで、今年最も力を入れたいと考えているのは、成長する組織を支える人材の採用です。そのため、年始より200人採用プロジェクトを進め、さらなる成長を目指しています。

急成長ベンチャーが社員に提供できるのは、自身の成長のための「環境」と「機会」の二つです。味わったこともないような変化と成長の中で、一緒に強い組織を創っていける仲間を待っています。


150107ventures_bizreach_2.jpg


株式会社ビズリーチ(BizReach)
ビズリーチ
RegionUP(リージョンアップ)
careertrek(キャリアトレック)
zuknow(ズノウ)

(株式会社ビズリーチ 代表取締役 南壮一郎)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.