• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 AM

「スクー」が変える学び方の未来:少人数限定の課金コースや研修利用で事業化へ【Ventures High 2015】

「スクー」が変える学び方の未来:少人数限定の課金コースや研修利用で事業化へ【Ventures High 2015】

150105ventures_schoo_1.jpg


ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、無料動画のオンライン学習サイト「schoo WEB-campus」を運営する株式会社スクーです。


あけましておめでとうございます、株式会社スクー代表取締役の森健志郎です。

私たちが展開しているのは、インターネット生放送を活用した、社会人向け動画学習サービス「schoo(スクー)WEB-campus」です。人を感じられるネット学習サービスとして、先生と生徒、生徒と生徒のコミュニケーションを最大化する動画学習コンテンツを提供しています。WEBデザイン、プログラミング等の「WEB・IT系の仕事に活きる」学習コンテンツを中心に、全1300の講座を、録画受講することが可能です。


150105ventures_schoo_3.jpg


2014年のキーワードは「プラットフォームへの転換」


メディアからプラットフォームへ。2014年は、その転換を図った年でした。

弊社が取り組んできた「自社で制作する動画学習コンテンツ」のノウハウと、その体験・学習効果を最大化するためのプラットフォームを約100の団体・企業・大学に開放。スクーのスタジオからだけではなく、外部から月間100以上のコンテンツが生み出されるプラットフォームへ進化を果たしました。

またiOSアプリのリリースや、スマートフォンブラウザのリニューアルなど、ユーザーの生活シーンに入って行きやすい土台という意味でも、プラットフォーム化を推し進めた年といえます。


ウェブサービスに必要な「文化や規範」を歴史に学ぶ


2014年に読んで、私がオススメしたい一冊は『繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史』(マット・リドレー著、大田直子・鍛原多惠子・柴田裕之訳、早川書房)です。

人類史をデータで分析していく書籍ですが、サービスの規模が広がるに連れて、IT関連の書籍よりも、人類学や文化、イノベーションのルーツを知るための書籍を読むことが多くなりました。ユーザーに長く愛され、使い続けられる。かつ新しい何かをたくさん生み出しているコンシューマー向けWEBサービスには「文化」やそのサービスだからこその「規範」があります。

文化や規範を生み出していくのは、人間社会もウェブサービスも同じで、"歴史"に他なりません。初期から使い続けているユーザーの行動、開発している会社の思想・スタンス、新しく加わるユーザーの傾向。それらの"歴史"を自社でも明確に見つめ、独自のサービス文化を形成していきたいと思っています。


2015年は「サービスから事業へ」をテーマとしています


たまったコンテンツを企業の研修として導入したり、学校現場で活用していただく団体導入プランや、より上級者に向けた少人数限定の課金コースの開始を計画しています。ユーザーやクライアントから大きなお金をお預かりできるほど、価値のある学習サービスへ。引き続き「インターネットだからこそ」の学習体験を追求していきます。


150105ventures_schoo_2.jpg


schoo WEB-campus(スクー)

(株式会社スクー代表取締役 森健志郎)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.