• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 AM

その場でプリント! スマホがポラロイドカメラになるケース

その場でプリント! スマホがポラロイドカメラになるケース

150130gizmodo_prynt_1.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:プリントした方が愛着わきますよね。

スマホのカメラでもきれいな写真を撮れるようになってきました。手軽さからか、スマホのカメラロールには撮ったままずっと眠っている写真があったりします。そんな写真の数々や、Instagramで美しく作った写真、その場でプリントしたくなりませんか?

Prynt」は、スマホケースとしてiPhoneやAndroidを入れることで、ポラロイドカメラのように撮影した写真をその場でプリントできます。プリントには、ポラロイド社の製品でも使われている「ZINK Zero-Ink」の技術が使われていて、専用のフォトペーパーを使うことでインクが無くてもプリントできます。


150130gizmodo_prynt_2.jpg


専用のアプリで写真を撮るか、カメラロール、Facebook、Instagramから写真を選択すれば、好きな写真をプリントできます。対応しているのはiPhone 5/5s/5c/6、Galaxy S4、Galaxy S5のみ。端にはグリップも付いているのでちょっとかさばりますが、ある程度大きい方が安定して撮影できるんです...!

本体には最大10枚のフォトペーパーを入れておけ、一度の充電で最大20枚プリントできます。プリントにかかる時間は約30秒。

なんとプリントする写真に動画を埋め込むことも。動画を埋め込んでプリントした写真を専用アプリのカメラを通してみることで、ARとしてその動画が画面内で再生されます。

同じフォトペーパーを使う、ポラロイド社のポラロイドPoGoでも同じことはできますが、こちらはプリントの度に通信が必要で、なおかつ別のデバイスが必要なので、それぞれ持ち運ぶのは面倒だったりしますよね。


現在、クラウドファンディングで資金募集中


Pryntは3月3日(火)までKickstarterで資金を募集していて、すでに目標額を達成しています。

期間内に99ドル(約1万1,700円)出資することで、本体と10枚のフォトペーパーを受け取れます。色はピンクとホワイト、ブルーから。もっと撮影したい人は、25ドル(約2,900円)で50枚フォトペーパーを追加できますよ。

直接手渡しでシェアするのも悪くないかも。



source:Kickstarter via Gizmag

(徳永智大)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.