• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  07:30 PM

伝説的なAppleのデザイナー、スーザン・ケア「デザインとは不変のものである」

伝説的なAppleのデザイナー、スーザン・ケア「デザインとは不変のものである」

150130_design.jpg


先駆的なデザイナーであるスーザン・ケア氏(Macintoshのオリジナルアイコンのほか、Chicago、Geneva、Monacoといったデジタルフォントを初めて生み出した)は、「FastCoDesign」とのインタビューの中で、デザイナーへの教訓を披露しています。


デザインとは基本的に不変のものである

ケア氏にとってあらゆる種類のデザインとは、一連の制約の中で問題を解決するものです。現代のデジタルデザイナーが利用できるキャンバスは、ケア氏が大きな実績を残した時代の、低解像度、8ビットのキャンバスよりもいっそう進化していますが、ケア氏は1980年代、それどころか1580年代と比べても状況が大きく変わっているとは思っていません。

「誰もが、多くの画素数、色を扱えるようになったことで、グラフィックデザインはすっかり変わってしまったと言います」とした上で、「でも、アートの歴史を学ぶと、この世で新しいものは何もないことがわかります。モザイク画や刺繍はピクセルやビットマップのようなものです。(中略) 良いデザインは、作業する媒体の問題ではありません。始める前に、何をしたいのか、何に取り組まなければならないのかを、懸命に考えるということなのです」と、ケア氏は話しています。


偉大なデザイン、もしくは偉大なデザイナーとして成功するための魔法の公式などありません。でも(前言撤回するようですが)本当に魔法のような指針としては、媒体が何であれ優れたデザインは優れたデザインである、ということです。それがデジタルであれアナログであれ何であれ、デザインを良いものにするために心の奥深くにある直感に耳を傾けてみてください。


Legendary Apple Designer Susan Kare: Design Never Really Changes|99u

Allison Stadd(訳:Conyac
JPRichard / Shutterstock.com

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.