• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  08:00 AM

仕事で燃え尽きないために「優しさと強さのパラドックス」を受け入れよう

仕事で燃え尽きないために「優しさと強さのパラドックス」を受け入れよう

150129_be_kind_to_yourself.jpg


まず自分を大切にできなければ、他人を大切にすることもできません。自分の身体をねぎらうことは、自分自身を大事に、そして尊重していることの証明であり、それは有能なリーダーに必要な活力を生み出すための最良の環境を作ることにも繋がるのです。

リーダーシップのコーチを手がけるStephanie Soler氏は、有能なリーダーになるためには、「優しさと強さのパラドックス」を受け入れる必要があるといいます。


自分自身や周囲の人が最大の成果を上げられるように、優しさと強さのバランスをうまくとりましょう。まずは自分からです。多くのリーダーが、優しさと強さは相反するものだと考えています。しかし実際には、自分が価値がある人間で、受け入れられていると感じられる時にこそ、自分自身に挑戦し成長することができるものです。優しさは、強さには必要不可欠なのです


Soler氏は、常に元気でいるためには、自分の頭、心、そして身体に優しくする必要があるといいます。


頭を元気づける:
自分への語りかけ方が、頭の中の環境を作り上げます。自分に対してどう話しているか意識してみましょう。頭の中にどんな環境を作っていますか? 今起きていることに着目して、自分をねぎらい、ほめていますか? それとも、過去にこだわったり将来を心配したりするあまり、自分を批判したり責めたりしてはいませんか?

心を元気づける:
その時の感情を、今自分は何が欲しくて何を必要としているかを知るためのデータとして活用してみましょう。悲しい時は、自分を慰める必要があるということです。腹が立つのは、大事な何かを守りたい時でしょう。羨んだり嫉んだりしている時は、何かを望み追い求めているということ、嬉しい時は、望みが満たされているということなのです。

身体を元気づける:
自分の身体をいたわるためには、身体が心地よく感じるために何を欲しがり、何を必要としているかを意識する必要があります。そして、身体が喜ぶことをするために、時間と労力をかけましょう。睡眠は十分にとりましょう。きちんと食べ、運動をして体をより強靭に、そして柔軟にしましょう。マッサージを受け、医者にかかり、必要なら眼鏡をつくりましょう。身体に合う、快適な服や靴を着用しましょう。

自分自身をよく手入れしてあげると、より打たれ強くなったように感じ、他者からのフィードバックにもより的確に対応することができます。さらには、自分自身のねぎらい方から、他者のねぎらい方を学ぶこともできるのです


Avoid Burn Out with the Kindness/Toughness Paradox|99u

Hamza Khan(訳:Conyac
Photo by Shutterstock.

2017年注目のライフハックツール

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.