• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ春野ユリ  -   06:00 PM

「自分を変えたい」と思っても長続きしなかった人がやるべきこと

「自分を変えたい」と思っても長続きしなかった人がやるべきこと

150127_change.jpg


今までに生活上の何らかの領域で現状を変えようと考えたことはありますか? 過去に何かを変えようとして、ささやかな成功は収められたものの、結局は元の木阿弥になってしまったことはありませんか?

もっと良い父親・母親になりたい、パソコン依存症を克服したい、性格を向上させたい、体重を落としたい、などと思ったことがあるのではないでしょうか。解決できると人生に意味を見いだせることもありますが、たいていの場合は、目標を達成するためには生活習慣の継続的で有意義な変化が必要です。

ライフスタイルを顕著に変える秘訣を知って実用する前に、学んでおくべきコンセプトがあります。

人間は新しいコンセプトを提示されると、それを取り入れて失敗する方法を考える傾向があります。こうした新しいコンセプトを駆逐する理由をすぐに考えついて、失敗へと結び付けてしまうのです。面白いことに、そんなタイプの分析に自分の行動モデルを委ねなくても、失敗の可能性は依然として存在します。


まず正しい質問をする


何かを変えようとするときは、自分で自分に質問をしてその答えを探していることが多いものです。不幸なことに、典型的なのは自分に間違った質問をしてしまい、結果として目に見える進歩が遂げられないことです。

「これは良いか悪いか」とか「これは真実か嘘か」という質問は良くありません。そうではなくて、「これは今自分がしていることに比べて効果が高いか」と自分に聞いてみてください。もしその答えがYESでなければ、将来役に立つことがあるかもしれなくても、今のところは、もうそのことを考えるべきではありません。エネルギーと時間の無駄です。


根本的な変化を遂げる


誰でも、進歩させたい領域や、やめたい習慣があります。根本的な変化を遂げたいのですが、どんなに頑張ってみても立ち往生してしまい、したい変化、するべき変化ができません。言うまでもなく、行動習慣を変える際に、自分の意志の力だけに頼ると、とても難しくフラストレーションも高いです。時々失敗するにも関わらず、変化させることに成功したときも、ネガティブな副作用を体験するかもしれません。

ここでの秘訣は、自分のメンタルモデルを変えることです。そうすれば、人生観も違ってきます。


長続きする変化を遂げられるようになるための10のステップ


人生に顕著な変化をもたらすために必要な10のステップをリストにしてみました。


1. 自分自身をありのままに受け入れる

他人を愛する前に自分自身を愛する必要があるとしたら、他人を受け入れる前に自分自身を受け入れる必要があるということになります。


2. 自分の現状の評価をしてみる

自分自身に次の質問をしてみてください。自分のことをどう思いますか? ある状況に陥ったときどう処理しますか? そのせいでどのような良い結果あるいは悪い結果を経験しましたか?


3. 自分の気持ちに対して優しくなる

一夜にしてそうはなれませんから、日々自分自身にやさしく忍耐強く臨みましょう。自分が達成したことを感謝して自分を愛すると、その変化にはそれだけの価値があるとわかります。


4. 変化を遂げることを自分に約束する

したいと思う変化をリストにしたら、必ずやってみせると自分に約束して頑張りましょう。自分自身と契約を交わして、それを守るのです。


5. 自分を教育し続ける

外からも内からも情報を収集しましょう。


6. 自分が変るべき点を認識する

これができると、自分の生活にネガティブな影響を与えてきた行動を正すのが楽になるでしょう。


7. 立ち止まって考える

自分の進歩を評価して最終目標達成に行きつくまでのさまざまな段階的変化を遂げられたら自分を褒めましょう。


8. 挑戦的かつ現実的な目標を定める

事実上、変化の過程は進捗状況が測れて形になっているものであるべきです。そうすれば、日々の小さい目標を達成していけます。


9. 目標達成に向けて行動する

目標達成への誓いを誇りに思い、目標達成途中に遂げる段階的変化を認識しましょう。行動が、目標と一致するようにしましょう。


10. 自分の行動と過ちの責任を取る

自分のしたことを責任をもって説明し、誠実でいるべきです。そして、自分がすること、あるいはしないこと、そして自分の行動が他人にどのように影響するかについても責任をとりましょう。


長続きする有意義な変化を生活の中で遂げる秘訣は、上記の10のステップをなるべく完璧に踏むことです。成功のための3つのD、すなわち、献身(dedication)、希望(desire)、決断(determination)が必須だと覚えておいてください。


最も大切な3つのツール


人生に顕著な変化を遂げる前に、問題や不幸を幸福で有意義な人生に変えてくれる最も大切な3つのツールを理解する必要があります。


・自己中心的世界

ほとんどの人は自己中心的な世界に生きていて、「これは自分にどのような影響を与えるか」という問いに基づいて物事を決める傾向があります。そんな世界でどれほどの時間を使っているか、そういう考え方をして本当に良いことがあるか考えてみましょう。失望、フラストレーション、苦痛、苦しみを必要以上に抱くことになるということを忘れないでください。


・心のつぶやき

自分の頭の中で聞こえる心の声は、毎朝起きたときから始まって、夜寝るまで1日中続く心のつぶやきの果てしない流出です。これが原因で眠れなくなったりすることがあるので、気にしないようにしようとしますが、この心のつぶやきこそが人生を生み出しているのです。


・メンタルモデル

メンタルモデルがあるおかげで、世の中の仕組みを考えて理解できています。メンタルモデルは長期的に続く有意義な変化を遂げるのに役立つだけでなく、精神的なエネルギーをずいぶんと節約してくれて、生活の過程をシンプルにするのにも役立っています。


Andrew Walton(原文/訳:春野ユリ)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.