• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,  10:00 PM

子供から教えられる、幸せに関する4つのレッスン

子供から教えられる、幸せに関する4つのレッスン

150124kids.jpg


子供がいるだけで同じ部屋にいる皆のムードが変わることに気づきませんか? 気分にかかわらず、子どもたちのポジティブなエネルギーに引きつけられているからです。

子どもたちは、わかりやすく幸せな人間の良い例です。幸せについて何かしら学びたいと思っている人は、子供たち自身から学ぶのが最適です。子どもたちがまとうポジティブなオーラ、幸福感、そして余りあるほどのエネルギーは、いい意味で伝染するのです。

今回は、子供たちから学ぶことのできる、幸せに関する4つの教訓をご紹介します。


1. 自分が楽しめることをする


自分の大好きなことをすることこそが心を落ち着かせる最適な方法です。私の姪や甥はいつでもあり余るほどのエネルギーに満ちあふれています。これは主に、彼らが自分たちの楽しめることをするのを躊躇しないからでしょう。

私の姪は作文とお絵かきが大好きなので、よく夢中になっています。私の甥はごっこ遊びが好きなのでそればかりしています。そして、これはまだ自分の楽しめることをやっていないという方々にも同じことが言えるのです。

たとえ1日1時間、2時間であっても、その時間の長さは大した問題ではありません。自分の楽しめることにある程度の時間を割くということは、全くしないよりもずっと良いからです。

そして、これが皆さんの幸福感に大して大きな影響を与え 、1日中ポジティブでいやすくなります。時間がないと思っている方は時間を捻出しましょう。


2. 無心になって遊ぶ


かくれんぼ、追いかけっこや他愛もないことなど、子どもたちは楽しいこと、少なくとも彼ら自身にとって楽しいことをする傾向があります。

子どもたちは躊躇しません。一日中楽しいことをすることが最優先なのです。大人は子供のそういう傾向についていけないため、つい叱ってしまうのです。でも実際、これは何歳であろうとかかわらず、学ぶべき重要な教訓です。

大人になっても無心になって遊べることはあるはずです。楽しむ時間が長ければ長いほど、より多くの幸福感を得られるのです 。


3. 自信を持つ


私がもっと若かったころ、自信もなく、その時期は私の最も不幸な時期だったと言えます。幸せな時間がなかったというわけではありませんが、実際には、より自信があればあるほど、より幸福になれるのです。

子どもたちが音楽を聞くと、恐れや心配なく踊ったり、一緒に歌ったりします。他の人からどう思われようと気にせずやるのです。

子どもたちには自信がぎっしりと詰まっており、人前であろうとなかろうと、その自信を見せることを恐れません。何か言いたいことがあるときには躊躇せずに言うのです。

何か見せたいものがある場合には、それを見せてきます。そして、子どもたちが自慢したい時には躊躇することなく自慢してきます。

自信にあふれているから幸せなのです。幸せな人々は自信に満ちているのです。

何かを躊躇していることに気づいたら、それは「やる必要があること」だと認識しましょう。


4. 人生について真剣になりすぎない


今までに人生について真剣になりすぎている子供を見たことがありますか? そんな子どもはまずいないはずです。子どもたちは、あり余るほどのエネルギー、興奮と情熱にあふれているのです。私の姪と甥を見ても同様です。

そして、これは大人が学べる重要な教訓です。人生について真剣になりすぎると、自分自信に苛立つだけで何の得にもならないのです。

少しリラックスし、自分のやっていることに何らかの楽しみを加えましょう


4 Lessons Kids Can Teach You About Happiness|Pick the Brain

Theo Ellis(訳:Conyac
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.