• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

itouitou  - ,  10:00 PM

2015年に注目を集める6つのテクノロジー

2015年に注目を集める6つのテクノロジー

150119tech.jpg


Inc.:テクノロジーは常に進歩しています。しかし、自分にとって本当に注目すべき進歩はどれなのか、それを知るのが大変です。今回は、2015年にあなたのビジネスに影響を与えるであろう大きな革新をいくつか紹介します。例えば、さらに薄くなったiPhone、ますます賢くなる自動車、Wi-Fiで制御できるロボットなど、新技術が続々とデビューします。


1. Adobe Photoshop ウェブ


先日、Adobe社が、『Photoshop』をウェブ上で実行する実験プロジェクトに取り組んでいると発表しました。これは、あなたが思う以上に大きな進化です。デモをみるかぎり、WindowsやMacのデスクトップアプリとほとんど同じように動作しています。アプリの本体はクラウドサーバーに置かれ、ブラウザに対して(動画のように)ストリーム配信される仕組み。ユーザー側で操作したクリックやアクションは、JavaScriptを介してサーバーに伝えられ、クラウド上で処理が実行されます。今後、すべてのアプリがウェブで実行できるようになれば、重厚なデスクトップはもはや不要。必要なのは軽量なウェブクライアントだけです。このプロジェクトはまだプリ・アルファ版ですが、早く主流になって欲しいものです。


2. Apple iPhone Air


今年の秋、iPhoneの最薄モデル「iPhone Air」がリリースされるようです。まだはっきりとはしませんが、このモデルで、2014年に登場した新しいバッテリー技術がデビューする可能性があります。スマホのバッテリーをわずか数分で充電できる技術です。この技術自体は、すでに実用化されています。iPhone Airのバッテリーが1日ではなく、丸2日はもつといいですね。筆者の個人的な予想ですが、iPhone Airは、より薄く、より軽く、「LG G Flex」のような曲面ディスプレイを持ったモデルになるでしょう。


3. Microsoft Surface Phone


Surface Pro 3の成功を受けて、Microsoftはおそらく、iPad Miniのような小型タブレットを投入してくるでしょう。噂がすでに広まっています。個人的には、Microsoftは新しいスマートフォンにSurfaceという名前を使ってくると予想します(Windows Phoneのかわりに)。いずれにせよ、一番驚くべきポイントは、このスマートフォンの上でWindowsのデスクトップアプリが動くだろうということ。新しいチップ技術やバッテリー技術、その他の技術革新のおかげです。例えば、Photoshopのようなデスクトップアプリや、あなたが普段使っている会計ソフトなんかも動くでしょう。もはや、ビジネス出張にノートパソコンすら必要ない時代が来たのかもしれません。


4. Belkin WeMo Maker


メイカー・ムーブメントを支えたのは、低価格の3Dプリンターや、『Maker's Row』のようなサービスを利用する革新的なスモール・ファクトリー、それから、国内や地元で製造するという原点回帰を目指す人々の願いです。

また、低価格なハードウェア、センサー、バッテリー、DIYキットが普及したのも大きな要因です。新登場のセンサー『Belkin WeMo Maker』はわずか80ドル。こうしたガジェットや、『FirstBuild』のセンサーが、来年、さらに大きなムーブメントを起こすと予想します。これら低価格のワイヤレスセンサーを利用して、インターネットに接続するさまざまなガジェットが作られるでしょう。例えば、スマートなアイロンや、プールなんかも登場するかも。私の希望はホーム関連のロボットをもっと作って欲しいですね。例えば、自動でモップがけしてくれるロボットとか...。


5. Googleのマテリアル・デザイン


Googleはすべてのアプリのルック&フィールを本気でアップデートするようです。その手始めが『Google Inbox』とスマートフォン「Nexus 6」です。マテリアル・デザインとは、本物の紙の見た目と動きを模倣した、ユーザーインターフェースの概念です。バーチャルな「シート」やノートカードは、本物のカードを模倣して、それぞれ異なる明るさ、厚さ、重さを感じるように作られています。従来のアプリに比べて、全体的によりスッキリして、余白が多く、カラフルな仕上がりです。Googleのすべてのアプリがこのフラットでクリーンなルックを採用したら、かなりのインパクトです。


6. トヨタ Mirai


テクノロジー系の予測には、必ず自動車を入れたいと思っていました。自動車技術はトリクルダウン効果が見られるからです。歩行者を検知するセンサー、交通を監視するカメラなど、自動車の技術はほかの製品に応用されます。トヨタ自動車は先日、ついに水素を使った燃料電池車をデビューさせました。この自動車は、燃料満タンで480km走ります。そして、なんといっても素晴らしいのは、排気ガスが出ないこと。電気自動車と同じだけクリーンでありながら、燃料の補充にわずか10分しかかかりません。


6 Big Tech Debuts to Watch in 2015|Inc.

John Brandon(訳:伊藤貴之)
Photo by Shutterstock.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.