• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,  11:00 AM

ビジネス英語をできるだけ速く習得する7つのコツ

ビジネス英語をできるだけ速く習得する7つのコツ

150111learn_english.jpg


ビジネス英語を勉強している人は、さまざまな理由から速く習得する必要があることが多いようです。その理由は、英語が一般的である国際的な企業で新しい仕事を始めたので、上司にこの一年の主な目的は英語を上達させることだといわれたからかもしれませんし、もっと英語で話す必要のあるポジションに昇進したからかもしれません。

英語を習得する速度を上げなければいけない理由がどんなものであれ、役に立つコツはたくさんあります。今回は、「オンライン留学体験」を提供する世界最大級のオンライン英会話スクール「EF イングリッシュタウン」の記事より、7つのコツをご紹介しましょう。


7つのコツをいつもの英語学習スケジュールに組み合わせることで、もっと速くボキャブラリーを増やしたり、新しい情報を記憶にとどめやすくしたり、リスニングとスピーキングの能力をより速いペースで上達させるのに役立ちます。

ご紹介する簡単なコツは、どれも長くかかるものではありませんから、忙しいスケジュールにも追加することができます。このコツを毎日15分間だけ続ければ、素早くビジネス英語が上達するはずです。


1. 英語で新聞やビジネスのウェブサイトを読む


英語が第一言語ではない国でも、英語の新聞は入手できますし、値段が高いことはめったにありません。週に1回でも新聞を買ってビジネスニュース面のページを読むことが、読解力の訓練に大いに役立ちます。ビジネス英語の上達に役立つだけではなく、世界のほかの国々で何が起こっているかを理解でき、興味を持って学習することができるのでやる気も保てます。もちろん、ビジネス面だけに専念する必要はありませんから、ファッション、芸術、政治でも大丈夫です。

毎週新しいボキャブラリーに触れることになるので、わからない単語や熟語があれば、ノートに書き留めてください。その後、自分で調べたり、先生に聞いたりするのを忘れずに。インターネットが使えるなら、BBCのビジネスニュースビジネスウィークのサイトで読むのもオススメです。


2. 英語のテレビ番組や映画を観る


テレビを観ながら勉強するなんて怠けているように思えるかもしれませんが、実は賢い方法です。英語に没頭して、日常的に英語を聴いて慣れることで、確実に上達します。英語のテレビ番組を観ることはただの娯楽ではなく、やりがいのある方法で英語力をアップさせ、たくさんの新しい単語や熟語を効率的に増やす方法です。さまざまな英語のアクセントに慣れることにもなります。

テレビ番組や映画は、会話英語やスラングを勉強するのにぴったりな方法ですが、適切な番組や映画を選べば、ビジネス英語の勉強にもなります。ビジネス、経済、政治などがテーマの映画を観ておけば、本当に役に立つビジネス英語が身に付くでしょう。

テレビ番組や映画をDVDで観るなら、英語や字幕付きはもちろん、母国語でも観られるわけですから、何と言っているのかをしっかり確かめることもできます。


3. 英語でビジネスや経済のニュースを見る


多くの英語ニュースには、ビジネスニュースと経済ニュース専門の特別区分があります。証券取引や、最新の企業買収の動きを追っているこういった番組からは、テレビ番組や映画よりもずっとあらたまった基本的なビジネス英語を身に付けることができます。ビジネスリーダーや会社員のインタビューは、実際にビジネス英語が話されるのを聞くことができますから特に役に立ちます。ビジネス用語をもっとよく理解するために、毎日15分間だけで良いので見るようにしてみましょう。


4. 目標を決める


達成可能な目標を自分で設定すれば、速く学習できるだけでなく、やる気を保つことにもなります。「毎日5個ずつ単語を覚える」などの簡単な目標を立ててみましょう。ささいなことに聞こえるかもしれませんが、1ヶ月後には100個以上の新しい単語が覚えられることになります。

また、同系統の単語をまとめて覚えるようにしましょう。例えばsuggestという動詞を覚えたら、関連した名詞suggestionを同時に覚えるようにすれば、もっと簡単に速く習得できます。


5. 寝る前に復習する


脳は眠っている間に新しい情報を処理します。その日に習った単語や授業の重要な部分を、しっかり勉強するのではなく、サッと読んでみてください。毎日寝る前に簡単に復習をすることで、眠っている間に脳が情報を処理してくれるので記憶に残りやすくなります。


6. 声を出して勉強する


家で1人で英語を練習するときには、大きな声を出すようにしてください。最初は少し照れくさく感じるかもしれませんが、この方法は間違いなく効率的です。ここで重要なのは、恥ずかしいからといって途中でやめないこと。顔の筋肉と頭の情報をつなぐことで、脳が考えなくても正しい単語を話せるようになるので、流暢さと発音が同時に上達します。英語を話すのも、文法の勉強も、同じように練習が必要です。怖がらずに、できるだけ頻繁に声を出して話すようにしましょう。


7. 日常生活で英語を話す状況を作る


教科書や参考書を使って勉強するのも1つのやり方ですが、ビジネス英語を速く身に付けたいのであれば、実際に話す練習をする必要があります。コツは、英語を話さないといけない状況を作ること。例えば、外国人の友達を作って頻繁に話すようにしたり、英語を話す必要があるイベントなどに定期的に参加してみましょう。英語を話す習慣を作れば上達は確実に見えてきます。

(ライフハッカー[日本版]編集部)
Photo by Shutterstock.

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    Sponsored

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    なぜスマホのバッテリーは1日ともたないのか?

    お財布は忘れてもスマートフォンだけは忘れない。そんな気持ちになるほどスマホは肌身離さず持ち歩くアイテム、かつ、もっとも手近なコンピューターです。メールの確認はもちろん、ウェブで調べもの、SNSのチェックや投稿と、ひんぱんに使うことから、1日のどこかでバッテリーを充電しているのではないでしょうか? 常に手元にあって、いつでもどこでもすぐ使えることがスマホの魅力ですから、最低でも1日はバッテリーが持  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.