• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史  - ,,,  07:30 AM

「ギラギラの欲望」を肯定すれば、人生を楽しむためのビジョンが見えてくる

「ギラギラの欲望」を肯定すれば、人生を楽しむためのビジョンが見えてくる

150109book_to_read.jpg


本気で変わりたい人の 行動イノベーション ─本当の欲望に素直になれば、やる気が目覚める─』(大平信孝著、秀和システム)は、アドラー心理学をベースとし、「行動できるようになる」ための方法を提案している書籍。キーワードは「欲望」です。


人は誰でも自分の本当の欲求に素直になれると、お腹の底からワクワクした気持ちが湧き出してきます。そして今まで頭で考えて無理やり行動していたのが嘘のように、人生を楽しみながら行動できるのです。これを私は「行動イノベーション」と名づけました。(「はじめに」より)


ということは、まず欲望の本質を突き詰めてみたほうがよさそうです。第2章「『欲望』からビジョンが生まれる」を見てみましょう。


「欲望」と「目標」は別物


「欲望」について考えるとき、意識すべきは「欲望」と「目標」は別物だということ。著者はそう主張しています。たとえば、目標を明確にしても行動できないのは、そこに「欲望」がないから。ならば逆から考えると、「自分が本当にやりたいことなら、いくらでもがんばれる、続けられる、成長できる」ということになるはず。

つまり、本当に行動したいなら、必要になってくるのは、感情と行動をつかさどる古い脳へのアプローチ。それは「欲望」という自分の情動を使えば、いつでも可能なこと。だからこそ、まずは「自分の『欲望』がなんなのか?」を知ることからはじめるべきだといいます。(50ページより)


「ビジョン」は「欲望」の先に


人が行動し、成果をあげる上でのカギは、「欲望」からつくられた「ビジョン」。「欲望」を洗いざらい挙げていき、それらをどんどんつないでいくと、ビジョンは自然にできあがっていくものだそうです。

著者はここで、「子どものころは誰もが『夢』という『ビジョン』を持っていた」と記しています。「サッカー選手になって、ワールドカップに出たい」「パティシエになって、おいしいケーキをつくりたい」などなど。大人になってビジョンが小さくなるのは、「うまくいかない理由」をすぐに見つけ出してしまうから。しかし、大切なのは、「欲望」からくる「素直なビジョン」をもう一度持つこと。(53ページより)


ギラギラの「欲望」はよき「ビジョン」へ


大人が「欲望」に向き合わなくなる理由のひとつは、その語感にドロドロ、ギラギラしたイメージがあるから。それでも自分の「欲望」を知り、否定せずに受け入れることが大切だそうです。なぜなら、「欲望」を追い求めていっても、ドロドロ、ギラギラな状態で終わることはないから。アドラーの教えの中に、その答えがあるといいます。


1.自分を受け入れていること
2.他者を信頼していること
3.他者に貢献していること
(60ページより)


これは、アドラーが挙げた「幸福の3条件」。人が幸福であるためには、これら3つのことが必要だというわけです。人間は、幸福を求める生きもの。すなわち幸福を求めて「欲望」をどんどん追求することは、この3条件を追求すること。


有名になりたい【欲望】

(Q:有名になってなにをしたい?)

有名になって人前でしゃべりたい

(Q:なにをしゃべりたい?)

みんなが喜んでくれることをしゃべりたい
【他者貢献のビジョン】
(61ページより)


このように、「欲望」を具体的にしていくと、その先に必ず「ビジョン」が見えてくるわけです。でも、出発点は「欲望」。だから出発でき、その半歩先に「よきビジョン」があるということ。そして多くの経営者やアーティストの例を引き合いに出すまでもなく、「よきビジョン」は人を行動へと導くといいます。さらには、それが実現へとつながっていくというわけです。(60ページより)


自分と仲よくなる


さて、ここで著者は「自分の『欲望』を知るには、『自分と仲よくなる感覚がとても大切』だと主張しています。当然ながらこれは、アドラー「幸福の3条件」中の「1.自分を受け入れていること」に関連したもの。

人は自分に「ダメ出し」をしがちですが、それでは「欲望」に向き合い、それを広げたり深めたりすることは困難。重要なのは「自分と仲よくする」という感覚で、そうするためにはコツがあるそうです。それは、「Yes,But(わかった。しかし...)」ではなく、「Yes,And(わかった。それで、さらに...)」で自分自身とコミュニケーションをとること。これを習慣づけると、イライラしがちだった気持ちも穏やかになり、自分にやさしくなれるといいます。(63ページより)


いま、何点?


「Yes,And」を具体的に行うために、著者がよく利用しているのが、3つの質問からなる「いま、何点?(スケーリング)」という手法だとか。


【質問1】あなたのいまの状態は、10点満点中何点ですか?からだの状態と心の状態について、フィーリングを重視して次の目盛りに○をつけてください。

からだの状態
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

心の状態
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1


【質問2】たとえば10点満点中3点だったとしたら、「7点足りない理由」についてではなく、「3点入った理由」だけに意識を向け、「なぜその点数になったのか」の理由を考えてみてください。

【質問3】その点数をあと1点上げるにはどうすればいいか、行動を書き出してみてください。
(70ページより)


なお、点数の高低を気にする必要はなし。高くても低くてもそれを受け入れ、1点アップするための方法を考えればいい。それが「Yes,And」の感覚だということ。(69ページより)

こうした考え方を軸として、次章以降では「1分でできる行動イノベーションの方法」も解説されています。興味のある方は、ぜひ手にとってみてください。

(印南敦史)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.