• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 AM

「聞き入る文化」を創る。オーディオブックで「オトバンク」は出版業界を変えていく【Ventures High 2015】

「聞き入る文化」を創る。オーディオブックで「オトバンク」は出版業界を変えていく【Ventures High 2015】

150105ventures_otobank_1_1.jpg


ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、オーディオブックサービス「FeBe(フィービー)」を提供する「株式会社オトバンク」です。


あけましておめでとうございます、株式会社オトバンクです。

弊社では、オーディオブック配信サービス「FeBe(フィービー)」を運営し、本をプロの声優やナレーターの方々により音で表現した「オーディオブック」の制作・配信を行っています。


150105ventures_otobank_2.jpg


実はアメリカでは1970年代頃からオーディオブック文化が興り、今ではオーディオブック市場は1600億を超えるほど。なんと、かの有名なグラミー賞でも「オーディオブックの賞」が存在します。

一方、日本ではこれまで、「電車移動が多いため、カセットやCDを持ち運ぶのは大変」などの理由で、なかなかオーディオブックが文化として浸透しづらいという背景がありました。そんな中、弊社創業者の上田渉(現会長)はオーディオブックの普及による"聞き入る文化の創造"を掲げ、2004年12月に株式会社オトバンクを設立しました。

上田によると、創業当初は100人に言えば100人が「オーディオブックは(ビジネスとして難しいから)やめておけ」と言うような状況であったそうです。しかし、当時はちょうど、iPodやWalkmanなどのデジタルオーディオプレイヤーが日本で普及し出した頃。「質の高いコンテンツの拡充さえ達成できれば、必ずうまくいく」。そう確信し、オーディオブック事業を立ち上げました。


2014年は有力エンタメ作品を次々にオーディオブックへ


弊社にとって2014年は、文芸作品やアニメ、ロマンス小説など、エンターテインメントジャンルのコンテンツが拡充した1年でした。今まではビジネス書や語学が中心だったのですが、ありがたいことに最近では小説家の先生方からもオーディオブックに対するご理解を得られるようになり、ドラマ「半沢直樹」シリーズの原作『俺たち花のバブル入行組』シリーズや、ジブリ映画の原作『思い出のマーニー』、劇団ひとり氏の『青天の霹靂』(ご本人も登場!)などが新たにオーディオブックになりました。

また、カーナビゲーションや実際の書店と連携するなど、実際の生活のシーンにオーディオブックを取り入れるための取り組みにも着手しています。


成功確率を上げる一冊から、ラジオファン必読の書まで


オススメ本として、今回は社長の久保田が推薦する書籍を3冊ご紹介させていただきます。

君に友だちはいらない』(瀧本哲史著、講談社)。著者である瀧本哲史氏は、現在弊社の取締役を務めています。久保田が瀧本哲史氏から直接厳しく教えられてきたエッセンスが、この本には詰まっています。前作『僕は君たちに武器を配りたい』と合わせた2作品に書かれた内容をどれほど腹を括って取り組めるかが、何を目指すにせよ成功確率を上下させると考えています。

ITビジネスの原理』(尾原和啓著、NHK出版)。ITビジネスの神髄について、具体的な事例をベースに非常にわかりやすく、かつ論理的に解明してくれる本作はもっと高く評価されるべき良書に思います。

ラジオにもほどがある』(藤井青銅著、小学館)。ラジオファンは絶対に読むべき隠れた名著。一つのプロダクトをどのように花開かせていけばいいか、という視点でも実践的な学びを得ることができます。


オーディオブックが「何で読むか」の選択肢に入るように


150105ventures_otobank_3.jpg


弊社は2014年12月28日に、創業から丸10年を迎えました。長い歴史を持つ出版業界の中で、当初は絶対うまくいかないと言われながらもオーディオブックをビジネスとして成立させることができたのは、著作者の皆様、出版社の皆様、声優・ナレーターの皆様、そしてオーディオブックを便利だと活用してくださっている皆様の存在あってのことと、深く感謝しております。

2015年は、図書館との連携に向けて動き始めたりとオーディオブックに触れる機会を一気に拡大させ、オーディオブックが特別なものではなく「書籍の選択肢の一つ」となるよう事業に取り組んでいきたいと考えておりますので、ぜひご期待いただけますと幸いです。


150105ventures_otobank_4.jpg


オーディオブック配信サービス - FeBe(フィービー)
株式会社オトバンク
創業10周年を迎えました | 株式会社オトバンク

(株式会社オトバンク)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.