• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  12:00 PM

ビル・ゲイツたちが2500万ドルを出資した「Change.org」は、オンライン署名で社会を変えうるパワーを束ねていく【Ventures High 2015】

ビル・ゲイツたちが2500万ドルを出資した「Change.org」は、オンライン署名で社会を変えうるパワーを束ねていく【Ventures High 2015】

150108ventures_changorg_1.jpg


ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、オンライン署名プラットフォームを提供する「Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)」です。


あけましておめでとうございます。Change.org広報の武村若葉です。

私たちChange.orgは、<「変えたい」気持ちを形にする>をテーマにした、オンライン署名プラットフォームです。自分の身の回りの事に対する疑問や、「何かを変えたい」という誰もが持つモチベーションを、インターネットの力で形にするために、インターネット署名という手段で多くの人の声を集めることをお手伝いしています。Change.orgのサイトでは、誰でも簡単にキャンペーンを立ち上げることができ、ソーシャルメディアやメールなどを通してキャンペーンを拡散できます。


150108ventures_changorg_2.jpg


日本でも20~30代の人たちが増えてきた


2007年にアメリカで始まったChange.orgは、2012年の夏に日本語版を立ち上げました。それから徐々に国内でも利用者や認知度を広げることができ、2014年5月には日本国内の利用者数が50万人となりました。

昨年は特に、都議会のヤジの問題や、若い人の労働環境に関する問題(たかの友梨非正規雇用問題)、ジュリアン・ブランク氏の来日騒動など、比較的若い年齢層(20~30代)の方々が、自分たちの疑問を声にあげるために使ってくれたことが増えてきたと思います。


Change.orgチームが大事にしている働き方


2014年に読んだ本では、『How Google Works ―私たちの働き方とマネジメント』(エリック・シュミット/ジョナサン・ローゼンバーグ/アラン・イーグル著、ラリー・ペイジ序文、土方奈美訳、日本経済新聞出版社)が読んでいてとても参考になりました。

Googleの働き方を紹介した本ですが、私たちのチームが大事にしているものと共感する部分が多かったのです。特にChange.org社内の価値と重なると思った部分は以下です。


課題を解決する際に、単に目の前の状況を解決するだけでなく、それがどれだけスケールするかを常に考える:チームの限られたリソースの中で、どれだけ効率的に結果を得られるかを常に考えています。Change.org社内では「Think Big」といつも言っています。

ゴールと数値目標を常に明確に持つ:数が全てではありませんが、自分たちの活動を可視化して、進捗を把握するために、わかりやすい数値目標を設定しておくのはとても大切です。社内でも、全社的に四半期ごとに戦略と数値を見直しています。

チームに主体性、自律性を預ける:Change.org社内ではトップダウンの組織構造をとっていません。国ごとに少人数のチームがいて、それぞれのチームが、その国のユーザーに必要な戦略を立てています。この本の中で、Two-pizza ruleと言われている、1つのチームが2枚のピザでまかなえる以上の規模にはならないようにしようという考え方と似ていると感じました。小規模チームだからこそ効率よく仕事ができると、Change.orgでも感じています。

We take fun seriously(本気で遊ぶ):Change.orgではハードに働きますが、その分遊ぶ時も、楽しむことをとことん追求します。同僚同士を、単に仕事の関係ではなく、人として大切にする関係性を育むような価値観ですし、つながりをつくる様々な社内アクティビティがあります。サイトの開発など、人の知識が資源となる企業にとって、財産は人、その人の知性のみです。働く人と会社の関係、メンバー同士のコミュニティは大変重要です。最近の日本ではブラック企業の問題などが取りざたされていますが、従業員を使い捨てにするような価値観、疲弊してしまう環境は企業の成長にも不利なのではないでしょうか。


一人ひとりの力をまとめて可視化するツールになっていきたい


2014年12月9日には、Change.orgに対してビル・ゲイツ氏をはじめとしたIT業界やメディア業界のリーダーたちから、新たに2500万ドルの資金調達をしました

この貴重なリソースを使って、Change.orgのサイトをさらに利用しやすくし、社会を変えていきたいと思っている方々をエンパワーしたいと考えています。社会の問題に取り組んでいる方々は、その課題の解決のためにパワーをたくさん注ぐ必要があり、その活動を多くの人に知ってもらったり、支援の輪を広げることにまで手が回らないことが多いのではと感じています。そのため、活動を通して孤独感や無力感を感じることもあるのではないでしょうか。

インターネットがこれだけ広がった現代でなら、ネットをうまく使えば、一人ひとりの持つ力を最大化することができるはずです。Change.orgは署名を中心に、社会の課題に心を寄せている方々をつなぎ、一人ひとりの力を大きな力にまとめて、可視化するための強力なツールになっていきたいと思っています。


150108ventures_changorg_4.jpg


Change.org 「変えたい」気持ちを形に

(Change.org 広報 武村若葉)

  • ,,,, - By

    友清哲

    LIKE

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    Sponsored

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    今度のFIREは「炭になる」直前まで豆を焼いているらしい。コーヒーは「焙煎」でどう変わるのか、詳しく聞いてみた

    商品名を明かさずに100万本を無料配布するという、あまりにも大胆なキャンペーンが話題を集めた新しい「KIRIN FIRE」。 キャンペーン期間中、 中身を知らずに飲んだ人々の感想が、「#ジャッジしてみた」というハッシュタグとともにネット上に拡散していたことを、覚えている人も多いのではないでしょうか。 9月14日より、全国7都市で「100万本シークレットサンプリング」が行われました。 培ってきたブ  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.