• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  01:00 PM

留学にイノベーションを起こしたい!「スクールウィズ」が目指すワクワクする未来【Ventures High 2015】

留学にイノベーションを起こしたい!「スクールウィズ」が目指すワクワクする未来【Ventures High 2015】

150105ventures_high_schoolwith.jpg


ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、留学口コミ情報サイト「School With(スクールウィズ)」を運営する株式会社スクールウィズです。


新年明けましておめでとうございます。フィリピン留学の日本最大級の口コミ情報サイト「School With(スクールウィズ)」を運営している代表の太田英基です。

「School With」は、海外留学を志す人が、自分に合った学校選びを実現するためのプラットフォームです。留学経験者が自分の学校についてのレビューを投稿し、一般ユーザーがそれを閲覧して学校選びの参考情報として役立つサイトになっています。また、School Withのサイト上から留学費用の見積りや申込みもできます。


150106schoolwith2.jpg


これまで口コミサイトはいろんな領域で存在していましたが、「留学」というフィールドには皆無でした。そもそも留学業界にはWEBを活用したイノベーションがあまり起こっていない状況であるため、口コミ以外にもやれることは多々あるのではないかとワクワクしています。

日本の留学市場は、毎年10%以上の成長をしています。アジアへの留学生数の伸びが顕著で、とくにフィリピンは2010年に年間4,000人から、2013年には26,000人まで急激に伸びています。その秘密は圧倒的なコストパフォーマンスです。毎日6~8時間のマンツーマン英語レッスンに加え、3食に寝室も用意されていて、1ヶ月間で15~20万円程度の留学費用で済みます。日本からフィリピンは距離的にも近いため、移動コストも他国より抑えることができるのもポイントです。大学生から社会人まで幅広い層からの人気が高まっています。


150106schoolwith3.jpg


School Withは現在、その急成長市場であるフィリピン留学に限定して運営を始めました。今後はカナダ、オーストラリア等の欧米留学圏への拡大も視野に入れています。2013年4月にベータ版の提供を開始し、同年7月に法人化したので2年目の会社ですが、留学にイノベーションを起こし、世界をグッと身近にしていくために日々奮闘中です。


2014年、思い切って留学未経験の社員を全員留学させた理由


2014年は留学申込対応を始めたのと、語学学校の口コミ以外にも留学全般に関する情報を集積していきたいと思い、「留学コラム」というユーザーが投稿可能なコンテンツを追加しました。そのタイミングで自社サイトを全面リニューアルしています。また、申込対応に合わせて、現地の語学学校や留学生とのコミュニケーション量が増大したので、カスタマーサポート体制の強化も行ないました。

その他、弊社のユニークな取り組みでいうと、フィリピン留学をしたことがないメンバーに実際に1ヶ月間ほどフィリピン留学を経験してもらいました。特に開発系メンバーは全員未経験だったので、その1ヶ月間、開発業務はほぼ停止状態でした(笑)。もちろん、これについては想定内でしたが。

それでもあえて実施したのは、やはり僕らが留学サービスを創っている以上、僕ら自身が留学を経験しなければいけないという強い想いがあったからです。僕はこの会社を立ち上げる前に2年間ほど世界一周の旅をしていたのですが、中米にて日本の旅行会社勤めの方に出会いました。その方は長期休暇が取りづらく、海外旅行もなかなか行くことが難しいと嘆いていたのを聞いて、旅行会社なのだからもっと社員を旅行に行かせるべきだと思ったんです。旅行をたくさん経験しているからこそ、自分たちの仕事が持つ意義を実感することができますし、それを仕事に活かすことができます。


150106schoolwith4.jpg


スタートアップなので人員的にも余裕はないですが、できる限り留学未経験のメンバーには留学を経験してもらいたいと考えています。そして、留学に限らず毎年1ヶ月間ぐらいの長期休暇を社員全員が取れるような、そんな組織でありたいと思っています。日本人の働き方を変えるためには大企業が変わるのを待っていては遅過ぎます。ベンチャー企業が新しいモデルケースを示していき、そこに共感する人材がベンチャーに流れてくるという構図ができれば、そこから社会が変化していくのではないかと考えています。まずは僕らがそこに挑戦していきたいです。

実際に1ヶ月間フィリピン留学に行ってきた弊社メンバーは、以前よりもやるべきことが明確となったり、やりたいアイデアがどんどん出てきたりと成果がありました。後はそれらをひとつひとつ形にしていくことです。


2015年は、フィリピン以外の留学先にも注目し、留学後のキャリア支援をスタート


2014年の12月には資金調達も実施し、2015年1月にはオフィスも移転します。ベースが整ってきたのを機に、2015年は躍進する1年間にしたいです。具体的に取り組んでいくこととしては、3つあります。1つ目は、現在はフィリピンの語学学校に限定してサービス運営をしているのですが、これを欧米圏に拡大していきたいと考えています。また、フィリピン留学を法人の語学研修として導入を進めていくことも、市場の感触をみながら動かしていきたいです。2つ目は、留学後のキャリア支援として、人材事業の開発を進めていければと考えています。現在、そのための人材を絶賛募集中です。

3つ目は、セブ島に拠点を構えることを考えています。カスタマーサポートも一層充実できますし、弊社メンバーも仕事しながら英語が学べます。そして、寒い時期はフィリピンで働くというスタイルもありだなと思っています。

最後に、2014年に僕が書いた本『僕らはまだ、世界を1ミリも知らない』がかたちになりました。手前味噌で恐縮なのですが、ぜひ若い人に読んでもらいたいです。内容は、僕が世界一周をしていた時のエピソードが中心なのですが、ビジネスマンが読んでも楽しんでもらえる内容になっています。「こんな旅の仕方もあるんだな!」とか「世界って面白そう!」なんて思っていただけたら嬉しい限りです。


150106schoolwith5.jpg


School With(スクールウィズ)

(株式会社スクールウィズ 代表取締役 太田英基)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.