• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  01:00 PM

日本発、世界を狙えるスマートトイ。「Moff」はIoT時代のモーションセンシングの可能性を広げたい【Ventures High 2015】

日本発、世界を狙えるスマートトイ。「Moff」はIoT時代のモーションセンシングの可能性を広げたい【Ventures High 2015】

150105ventures_moff_1.jpg


ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、ウェアラブルのスマートトイ「Moff Band(モフバンド)」を開発・展開する株式会社Moffです。


あけましておめでとうございます、株式会社Moffです。

私たちは、現実のユーザー体験を拡張する、リアルタイムなモーションセンシングのプラットフォームを構築しています。動作、姿勢についてパターン認識を行うウェアラブルデバイスおよびアプリ、データ解析を行うクラウド環境を作りあげています。このプラットフォームを活用した、子ども向けのウェアラブルおもちゃであるスマートトイ「Moff Band」は、日本では2014年10月より販売を開始しています。



私たちは、現在のモバイルのUI(インターフェイス)に疑問を感じています。今のUIは「画面」を中心としており、現実世界においてアクティブなユーザー体験や、身体的なユーザー体験を提供しておらず、人間にとって「不自然な状態」にあると考えています。

そこで私たちは、人間の手首を介して、ユーザーの行動、動作、姿勢を認識し、これをアプリケーションとつなげることでユーザーの現実体験を拡張しようと考えました。


わずか2日でクラウドファンディング成功!ついに2014年に販売開始へ


2014年は、2013年からプロトタイプ開発を進めてきたMoff Bandをようやく世の中に届けることができた一年だと思っています。2014年3月にKickstarterプロジェクトを開始し、わずか2日間で目標金額を達成した上、4月には、目標の4倍となる金額の調達を最終的に達成することができました。これは、私たちの予想を大きく上回る結果であり、ご支援いただいた皆様には大変感謝しております。

Kickstarterプロジェクトの成功の結果、2014年10月に日本、11月にはアメリカにおいて、Amazonでの正式販売を開始することができました。そのなかでも、日米それぞれのAmazon電子玩具・Tech Toyカテゴリにおいて、最高2位までランクインすることができました。

このように、私たちにとって2014年は、まずMoff Bandの最初のサービス形態を形にして送り出すことができた一年でした。


150105ventures_moff_2.jpg

Moff Band


すべてのスタートアップはローマに通ず?


2014年に読んだ本では、『ローマ人の物語』シリーズ(塩野七生著、新潮社)をオススメします。

私の大好きなローマ人の物語です。この物語のストーリーは、スタートアップの成長に参考になる話も多いのではないかと考えています。世界の歴史上の大帝国であるローマ帝国は、最初は小さな集団でしかありませんでした。その後、いろいろな技術、民族、文化、思想を取り込んで成長をし続けて行きました。

その成長に当たっては、必ず困難や危機が伴いますが、その度に国の体制を見直し、新しい挑戦を行うことで更なる飛躍のきっかけとしている姿は、まさにスタートアップの成長に通じるものが多いと思います。

かの有名なユリウス・カエサルは、圧倒的に不利な戦場においても自ら先頭に立ち、そしてテクノロジーを駆使して陣地を構築。独創的なアイデアと、戦力の最適な資源配分を行うことで、圧倒的に不利だと思われる戦でも勝利をおさめました。テクノロジーの利用、リソースの配分、そしてイノベーションを起こし続けること。そして、勇気をもってリスクを取ること。これらを備えることが、不可能を可能にするために必要であるということに気づかされました。


2015年はチームを増員。おもちゃ以外にも、可能性を拡大していきたい


2015年は、私たちが提供しているリアルタイムなモーションプラットフォームの可能性を拡大する時期だと考えています。まず、子ども向けのおもちゃという点では、現在のコンテンツをさらに種類を拡張するとともに、新たな遊びの体験を提供したいと考えています。また、私たちの製品のプラットフォームには様々な可能性があるため、おもちゃ以外のサービスも順次拡大する予定です。サービスの拡大に当たっては、様々な企業や開発者の方、またユーザーの方々と拡張したいと思っております。

プラットフォームとしてのMoffの最小限の原型を作って、世に送り出すことができたのが2014年だと考えていますので、2015年はそのプラットフォームを活用して、アプリケーション・コンテンツ、そしてサービスを本格的に拡大していきたいと考えています。そのため、今後チームの体制を大幅に増強するために、チームメンバー増員を予定しておりまして、積極的に採用活動を行っています。IoT時代のモーションセンシングの可能性にご興味のあるエンジニア、研究開発者の皆様のご応募をお待ちしています。

私たち株式会社Moffは、時代を先取り、末永く価値を提供し続ける会社を目指しています。皆様、2015年もどうぞよろしくお願いします。


150105ventures_moff_3.jpg


Moff(モフ)- 想像力豊かで新しい遊び

(株式会社Moff)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.