• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 AM

1サービスで仕事時間を30分節約! ビジネスマン必携アプリを作り続ける「ジェネストリーム」【Ventures High 2015】

1サービスで仕事時間を30分節約! ビジネスマン必携アプリを作り続ける「ジェネストリーム」【Ventures High 2015】

150105ventures_genestream_1.jpg


ライフハッカー新年企画「Ventures High 2015」では、私たちが注目するベンチャースピリットあふれる企業にお声がけし、昨年の振り返りをはじめ、2015年にかける意気込みや展望、そして今オススメの本を聞きました。記事の中で話されているさまざまなことが、今年の新たな潮流となっていくのかもしれません。1月5日より1月9日にかけて展開していきますので、ぜひご注目ください。

今回登場するのは、スケジュール調整ツール「Cu-hacker(クウハッカー)」などのビジネスマン向けサービスを提供する「株式会社ジェネストリーム」です。


あけましておめでとうございます、株式会社ジェネストリーム代表取締役社長の秋貞雄大です。

株式会社ジェネストリームは、「1サービスでビジネスマンの時間を30分節約する」をテーマにした、ビジネスマン向けのアプリ・サービス開発が主力事業です。その中でも、スケジュールリングアシストカレンダー「Cu-hacker」は約2万ユーザーの方にご愛用いただき、好評をいただいてます。


150105ventures_genestream_2.jpg


2014年にジェネストリームが向き合った3つの「人」


2014年は、ひとことで言うと、「人」に本当の意味で向き合った一年でした。具体的には、「ユーザー」「社内メンバー」「未来の人材」という3つの人たちと向き合いました。


150105ventures_genestream_5.jpg


1.ユーザー:サービス面ではユーザーに真摯に向き合い、代表の秋貞自身がすべてのユーザー対応を行い、ニーズを汲み取り、サービス改善に反映してまいりました。2014年5月のCu-hacker(クウハッカー)のアプリリースに合わせ、UI/UXのスタディを自分自身で始め、アプリデザインの陣頭指揮を秋貞が自ら取りました。

2.社内メンバー:エンジニアやデザイナーといった、サービス開発に関わる社内メンバーの気持ちを汲み取りながら、サービスリリースの戦略を立てるのが重要だと考え、「経営者」としての立場だけではなく、一緒に物を作る「仲間」でいようと決心しました。その結果として、リテイクや「ああすれば良かった」などのロスが大幅に減少しただけでなく、自由闊達なコミュニケーションが生まれ、独自性をもちながらもスピーディーなサービスリリースができるチームへと成長することができました。

3.未来の人材:ジェネストリームの未来の人材を発掘するという採用面でも、「エンジニアが本当に作りたいものを作れる環境の整備」と言う経営方針実現の一環として、外部のエンジニアの方も招いたハッカソンや勉強会を自社スペースで行っています。こちらでは、人材との出会いだけでなく、会社哲学の形成面での効果も実感でき、大きな収穫となりました。


「何でもっと早く知らなかったんだろう」と言っていただける製品の開発体制へ、一歩一歩着実に進んでいる手応えを感じています。


『論語』から考える「人間中心設計」のサービス


2014年に私が読んでオススメする一冊は、『身体感覚で「論語」を読み直す』(安田登著、春秋社)です。

「心」という新しい概念が、漢字として誕生するまでは、人々に心(自由意志)と言うものは存在せず、ただ「命」に従うだけであった、という凄い切り口から本書はスタートします。

弊社のサービスは、グロースアップ戦略の一環としてのKPI管理はもちろん行っているのですが、その際に、UI/UXを「人間中心設計(HCD)」という概念に基づき設計することに一番の重きを置いています。

「もし、自分がこのサービスを初めて使うユーザーなら、どう思うのだろうか」
「使い始めて3ケ月経ったユーザーは、この機能やインタフェースをどう感じるのだろうか」

常に、さまざまな立場のユーザーの気持ちを自分たちに憑依させて、「信頼・満足・親近感」の3つの感情を得てもらえるサービスの設計を心がけています。この3つの感情を得てもらうことが、結果として「価値の再伝達」を産み、サービスの拡大に寄与すると思っているからです。そこには、A/Bテストや、いわゆるアンケート形式のユーザーテストにはない「心」のやりとりが生まれ、サービスに入魂されると信じています。

さて、本の話に戻りますと、「論語」というものは最古の「心のマニュアル」だと私は考えています。このすばらしいベストセラーの「論語」を、表意文字である漢字の成り立ちから読み直すというのが本著のテーマです。「心」という漢字の登場で生まれたメリットとデメリットはなんなのか、「命」という漢字の持つ複数の意味は...純粋に新しい知識を得るための本としてはもちろん、読むことで色々考えさせられる一冊でした。


2015年はさらに「ビジネスマン御用達アプリ」をリリース


社名の「ジェネストリーム」には、「創造を継続して行う」という想いが込められています。

2015年は早々から、Cu-hackerアプリの大規模バージョンアップAndroid版Cu-hackerを皮切りに、既存サービスをグロースさせるフェーズに入ります。また、新規サービス開発も、クリエイティブチームを発足させ、Cu-hackerと連携した物はもちろん、今までにない視点で、ビジネスマンが手放せないパートナーになりうるアプリを数多くリリースしていく予定です。


150105ventures_genestream_4.jpg


Cu-hacker | アポイント調整を10倍速くするツール「クウハッカー」
株式会社ジェネストリーム

(株式会社ジェネストリーム代表取締役社長 秋貞雄大)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.