• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  09:00 PM

会社の士気が低下し始めたときにやるべき対処法

会社の士気が低下し始めたときにやるべき対処法

150105battle_poor_morale.jpg


会社で士気の低下に困っているとしたら、それがすべての人材にはびこる前に何か手を打つ必要があります。有能なプロは、恵まれない環境に長く留まりません。これは驚くようなことではありせんが、士気の低下は時々起こるものであり、悪影響を及ぼす前に対処すべきなのです。


士気の低下を治す特効薬はありません。従業員に積極性がないとすれば、おそらくさまざまな物事のやり方が間違っている状態なのでしょう。

A Culture of Purpose: How to Choose the Right People and Make the Right People Choose You』の著者、Christoph Lueneburger氏はHarvard Business Reviewの記事で、従業員を引き込むために、戦略から戦略へ飛び移るのは有効ではないと論じています。彼が有効性を実証したのは、会社を目的に向けて調整し、そのゴールに向かって進むことです。

「目的というのは、正しいことを行うという誓いであり、すべての利害関係者、特に従業員に対して会社が善を促進する力を持ち、価値を創造する存在にすることです。この集合的な追求が効果的に全体としての行動を特徴づけるとき、組織には"目的の文化"が見られます」と、現在国際的な幹部人材のスカウトと人材戦略の会社Egon Zehnderで未公開株式投資実務を執り行っているLueneburger氏は書いています。

あなたの会社が単にものを売り、お金を回収する以上のより大きな目的を持っていないのであれば、ブレインストーミングを始める時です。利益より重要なものを目指していない会社に、積極的な従業員は期待できません。お金を稼ぐことは素晴らしいことです。そして、多くの人はただお金を稼いで家に帰れれば満足します。しかし、有能な人材をめぐる競争が激しい市場では、利益以上の何かのために人材を動かす必要があるのです。

以下、2つの会社で士気と収益の落ち込みを好転させた目的重視の戦略を紹介します。


American StandardのFlush for Good


2012年、American Standardが破綻しました。100年以上の歴史を持ち、衛生製品を取り扱う同社は事態の好転を図るためにCEOにJay Gould氏を迎えました。

転換には長い時間もかからず、メリットを削る必要もありませんでした。巨大化した同社の目的意識を再燃させることが転換でした。「2013年の転換の重要な点は、水道設備も公衆衛生も整っておらず、生死の問題として残っている場所に手を伸ばすことでした」と Lueneburger氏は書いています。American Standard はGates財団と協力して、発展途上国の公衆トイレの穴に密着して取り付け可能なプラスチック製のトイレを作りました。そのトイレは病気が広まるのを防ぐ助けとなるものです。靴の会社、Tomsのように、American Standard はワン・フォー・ワン・キャンペーンであるFlush for Goodを開始しました。そこで、この会社はChampionブランドのトイレが1つ売れるごとに公衆トイレのカバーを1つ、必要とする国に寄付すると約束したのです。

2013年の終わりには、売上が62%も増えました。たった2年の内に、American Standardは収益をほぼ4倍にしたのです。そして社員の士気も180度転換しました。「私が初めてここに来た時には、社員がうなだれて廊下を歩く姿を目にしました。今は、社内に力と希望が感じられます」とGould氏はLueneburger氏に語っています。


Hewlett-PackardのMatter to a Million


Hewlett-PackardのCEO、Meg Whitman氏は2011年にこのチームに加わり、5か年改善計画の一部として、苦戦しているテクノロジー巨大企業を先ごろ、2つの株式会社に分けました。しかし、士気低下の問題を解決することはそこで意図されていませんでした。従業員の積極性を求めるために、Whitman氏はMatter to a Millionマイクロ・ローン・プログラムをHewlett-Packard財団と非営利団体のKivaとともに導入しました。このプログラムが27万人のHP社員ひとりひとりに25ドルのKivaクレジットを渡し、貧しい国々の低収入の企業家にマイクロ・ローンとして渡すように伝えたのです。

6カ月の間に、11万5千人の従業員がローンをし、合計で550万ドル以上になりました。HPは依然として自社の財政的問題を抱えていますが、Lueneburger氏は、慈善的試みにより向上する社員の士気という価値は「計り知れない」ものがあると述べています。


How to Turn Around an Unhappy Work Place|Inc.

Will Yakowicz(訳:Conyac
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.