• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

長谷川賢人長谷川賢人  - ,,,,  11:00 AM

職場の近くに住むのが最高の時間短縮:ライフハッカー[日本版]副編集長・長谷川賢人の仕事術

職場の近くに住むのが最高の時間短縮:ライフハッカー[日本版]副編集長・長谷川賢人の仕事術

151203how_we_work_1_1.jpg


敏腕クリエイターやビジネスマンに学ぶ仕事術「How I Work」シリーズ。番外編として、私たちライフハッカー[日本版]編集部の働き方「How We Work」を紹介します。前回の吉川晶子に続き、副編集長・長谷川賢人の仕事術を紹介します。



私はおよそ2年半前に異業種転職をしてライフハッカー[日本版]編集部に入りました。イチから自分の仕事スタイルやツールを積み重ねていく中で、日々お送りしているライフハッカーの記事がたくさんの参考になってくれています。今回はひとりの「ライフハッカーファン」として、みなさんにも私なりのハックをご提案できたらいいなと思います。


氏名:長谷川賢人
居住地:つい最近まで会社から徒歩5分のところ
現在の職業:ライフハッカー[日本版]副編集長
現在のコンピュータ:SONY VAIO Z/Dell Chromebook 11
現在のモバイル端末:iPhone 5s
仕事スタイル:ポジティブにハードワークで


── 「これがないと生きられない」というアプリ・ソフト・ツールは?


最近になって『Facebook Messenger』を使う頻度が『Gmail』と同じくらい増えてきました。ファイルもやりとりできますし、誰からの連絡かがわかりやすいのもいいですね。メールみたいに長くならず、スピーディで簡潔にやりとりが済むのも好みです。タグ付けやリスト化あたりの機能を、Facebookにはそろそろ用意してもらいたいところです。

取材でカメラマンを務めることも多いのですが、写真の共有には「OneDrive」が今のところベストです。リンクのシェアや編集も手軽で、動作も軽く、なによりサムネイル一覧が見やすくて好きです。

使うPCには絶対にインストールするのが『Clibor』。クリップボードにコピーしたテキストの履歴を呼び出せるツールです。記事を作成するときにたくさんのリンクをコピーしたり、文章作成時に段落を入れ替えたりするときにとても便利。


151203how_we_work_7.jpg

(左)ホーム画面の1ページ目 (中)(右)2ページ目以降


iPhoneのホーム画面はこんな感じです。1ページ目には「すぐ使いたい」アプリを入れ、2ページ目以降はアイコンの色で分けています。スワイプした時にきれいなのもありますが、アイコンの色の流行がわかって面白いんです。一時期は「青」ばかりだったのが、いまは「白地にロゴマーク」が爆発的に増えたなぁ、みたいに。ちなみに、壁紙は文章の師匠(勝手に)である吉行淳之介です。

あぁ、そうだ、あとは記事を書いたのがきっかけで使い始めた『Norton IDセーフ』でパスワードを一括管理しています。自分でも覚えられないパスワードばかり設定しているので、こればかりはなくなると大変困ります。「パスワードがわからない!」というストレスから開放してくれた恩恵も大きいですね。


── 仕事場はどんな感じですか?


151203how_we_work_3.jpg


私は職場のデスクが好きなタイプで、なるべく自宅みたいな作業環境を求めて、いろんなものを置いています。最近はCDプレイヤー、プリメインアンプ、スピーカー(足元に置いてあります)を持ち込んでみました。深夜や休日などオフィスに誰もいない時、大音量で好きな曲をかけながら仕事ができるんです。気持ちいいですよ。写真では見えていませんが、イスはいただきもののリープチェア。優れたイスって体を助けます、本当に。

キーボードは東プレの「RealForce89UB」を愛用。打鍵感でいえば、私はRealForce一択です。大学生の頃に買ったものですが、まだストレスなく動いてくれています。

あとは、言葉の使い方や送り仮名で迷った時のために、講談社校閲局『日本語の正しい表記と用語の辞典』と、共同通信社『記者ハンドブック 新聞用字用語集』をすぐ手の届く位置に。

左奥のファイルボックスには、資料と読みかけの雑誌、心を癒やすための写真集が数冊。いまは青山裕企『台湾可愛』、飯田えりか『LIFE is SHORT』、尾形正茂『小倉唯写真集 yui memory』あたりが良い薬です。


── お気に入りの時間節約術は何ですか?


これだけは断言できますが、職場の近くに住むことです。「Adafruit」創設者のLimor Friedさんが「HOW I WORK」でおっしゃっていたことで、私も実践してみました。

職場まで徒歩5分ほどのところに住みましたが、終電を気にせず仕事ができ、朝もゆっくり始められ、なにより通勤のストレスがゼロなのが素晴らしい。食事をしに戻ったり、自宅でゆっくり昼寝もできる。急に天気が変わりそうなとき、洗濯物を取り込みに帰ったことだってあります。「仕事をしたい!」という気持ちを思う存分にぶつけて、日々励めるはずです。


151203how_we_work_6.jpg


あとは、ライフハッカー編集部員でもある松尾仁さんがプロデュースしているギャラリーショップ「EDIT LIFE」で、オリジナルのハンドメイドトートバッグを買ったことでしょうか。

A3サイズがすっぽり入るほど大きくて丈夫なので、ノートPCでも、読みかけの本でも、貴重品でも、とりあえずサッとしまえる。必要なものは、ガバっと開ければすぐ見つかる。「モノが増えてバッグの中がパンパンだぜ...」なんて悩みをいっさい感じない。物をしまう/探すという行為に割く時間が少なくなり、ストレスも減りました。ステンシルアーティストの守矢努さんによる「EDIT LIFE」ロゴのステンシルもお気に入りです。私も「自分の人生をより良く編集してやるんだ」と、見るたびに思えますから。

仕事中のハックだと、FMラジオ局「J-WAVE」の番組『Hello World』へ出演した際に「必殺ショートカット術」として紹介した、Google Chromeの「その他の検索エンジン」を活用した一発検索は本当によく使いますね。


── 愛用中のToDoリストマネジャーは何ですか?


アプリでは『Wunderlist』を一時期よく使っていたのですが、どうしてもタスクの抜けがありました(Wunderlistでは「そのうち行きたいお店」というリストがいま最も更新されています)。

結果的に、「Gmailの受信トレイ」と「Googleカレンダー」での管理に落ち着いています。仕事の未読メールはゼロにしないと気が済まないタチなので、「これから返信」というラベルをつくって、返さなくてはならないメールや重要度の高い進行中のスレッドにはすぐ付けます。タスクは、カレンダーに「〆切:○○記事広告」や「○○さんに写真送付」というように「全日(All Day)」の予定として書き込みます。カレンダーは毎朝見るものなので、タスクの抜けもだいぶ少なくなりました。

ただ、ここまでしても埋もれるメールやタスクがあるのが困りものです。誰かが隠してしまうんでしょうか。忘れてるなと思った方、どうぞ突っついてやってください。


151203how_we_work_5.jpg


それから、すぐに連絡を取る人、いつか連絡を取りたい人の名刺を「美篶堂」さんの豆本カードスタンドに立てておいています。私は紙への愛着がある類の人間なので、「触れる」名刺は大好きです。ちょっとしたToDo兼モチベーションツールですね。


── 携帯電話とPC以外で「これは必須」のガジェットはありますか?


取材へ行く前に「とりあえず持っていくポーチ」があります。Wi-Fiルーター、モバイルバッテリー、充電ケーブル各種、ミュージックビデオレコーダー「SONY HDR-MV1」、コンパクトデジタルカメラ「SONY Cyber-shot DSC-HX60V」などが入っています。

「HDR-MV1」は動画撮影やICレコーダーとして使います。広角の画が欲しいときにHDR-MV1で動画を撮っておいて、あとで静止画に切り出して写真として使うこともあります。

「DSC-HX60V」はこの取材の時にヒマナイヌの川井拓也さんにご紹介いただいて即買い。光学ズームがすごいので、席が決まっている製品発表会やイベント取材で重宝します。実は動画が「ぬるぬる」撮れるという素晴らしい機能もあるので、今年はもっと活用してあげたいところ。


── 仕事中、どんな音楽を聴いていますか?


151203how_we_work_2.jpg

ヘッドフォンは「Focal Spirit One」を使用。遮音性も高く、ボーカルがしっかり伸びやかで良い。


音楽と仕事の関係はライフハッカーでもたびたび話題に挙がりますが、私は結構、いろいろ聞きます。

コピーライターの小西利行さんにインタビューで教えてもらった毎朝、絶対に同じ曲を聴いて仕事スイッチを入れる」というのを試しています。少し前までは小倉唯『Raise』でしたが、いまはライムベリー『IDOL ILLMATIC』になりました。勢いのある曲でエンジンをかけるイメージです。

テンションを上げたいときはアイドルソングやアニソンを流します。ライムベリー、でんぱ組.inc、私立恵比寿中学、ゆいかおり、μ's、THE IDOLM@STER、七森中☆ごらく部あたりの、ライブで盛り上がりやすいように作っている曲が良いですね。じっくりやるなら「Noisli」で雨音や森の中などのアンビエントノイズを再生したり、ビル・エヴァンスのピアノジャズをかけたりすることもあります。

聞きたい番組と時間が合った時は「radiko」でJ-WAVE、ニッポン放送、文化放送などのラジオ番組も聞きます。情報収集や話術の勉強にもなりますし、好きなんです、ラジオ。


── 現在、どんな本を読んでいますか?


151203how_we_work_4.jpg


コピーライターの方たちが書いた本を意識的に読むようにしています。最近では、小霜和也『ここらで広告コピーの本当の話をします。』と、岩崎俊一『幸福を見つめるコピー』を読みました。

以前にコピーライターの土佐栄樹さんと一緒に記事をつくったきっかけもあるのですが、彼らがしているコミュニケーションと考え方は、ウェブの記事や広告でも活かしやすいのでは...との仮説からです。短いタイトルでいかに伝わるようにするか、記事の出だしの一文で読み手を引き込めないかなど、試行錯誤しながらやっています。


── あなたは外向的ですか、内向的ですか?


内向的です。パーティーなど行っても、ビールを2~3杯は飲まないとうまく話せる気がしないくらいです。


── 睡眠習慣はどのようなものですか?


いま、午前4時です。あまり気にしないことにしています。


── あなたが受けたものと同じ質問をしてみたい相手はいますか?


マンガ家の日本橋ヨヲコ先生です。先生の作品は私のバイブルであり、カンフル剤です。


── これまでで気に入っているライフハッカーの記事を教えてください


思い出せないだけで、まだまだ眠っていそうです。以下は、きっと何かしらの気付きを与えてくれるはず!



── これまでにもらったアドバイスの中でベストなものを教えてください


「酒を飲む前にペアA錠とハイチオールCを飲んでおくと翌朝スッキリ。もし、それでも飲み過ぎで頭が痛くなっているなら、アルコールの分解に体中の水分を使ってしまって、脳の水分すらも奪って脳がギュッと縮こまっているせいだから、とにかく水を飲め、そして寝ろ」


── その他、読者に伝えたいことがあればどうぞ


人は「私はこうしたい」という人生を、どこかに置き忘れてきてしまっている。


インタビューでお会いした株式会社CRAZYの山川咲さんが、著書『幸せをつくるシゴト』に記している一文です。転職を経て、私は置き忘れた人生を取りに戻れたと思っています。諦めなければ、道筋を探し出せれば、落とし所を見つけられれば、その「こうしたい」に手を伸ばす方法はどこかにあるはずです。その勇気をもらえる言葉やきっかけも、たくさんあるのです。人生を左右するようなことから、日々のささいなことまで、さまざまな「こうしたい」を叶えるために、ライフハッカーの記事が役立てば嬉しいですね。

編集長の米田が言うように、ライフハッカーでは「消費ではなく自分への投資になる記事」をこれからもお届けできるよう、がんばっていきます。ここまでお付き合いをいただき、ありがとうございました。また、どこかでお会いできることを楽しみに。


(長谷川賢人)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.