• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

matonomatono  - ,  06:00 PM

流行のジュースクレンズ系断食は本当に効果があるのか?

流行のジュースクレンズ系断食は本当に効果があるのか?

141224_Cleanse_01.jpg


ジュースクレンズ、腸内洗浄、フルーツ断食、シュガーデトックスなど、最近よく聞くダイエット法ですが、本当に効果はあるのでしょうか? それに、一体どのようにやればいいのでしょう? 今回は、最近ブームになっているこれらのダイエット法の科学的な根拠を見ていきましょう。

断食やデトックスは、体の中の毒素を排出して健康になるということで、人気がありブームになっています。そこで、ラスベガスを拠点とする登録栄養士のAndy Bellattiさん、栄養学研究家のKamal Patelさん、サイエンスライターであり教育専門家であるBeth Skwareckiさんに、このような主張の科学的な根拠を教えてもらうことにしました。


断食やデトックスの効果とは


141224_Cleanse_02.jpg


この世にはあらゆる断食やデトックスの手法がありますが、断食とデトックスは同じようなものです。基本的には区別せずに使われており、体内から有害なものを排出するという目的も同じです。時には、肝臓や腸など特定の臓器を浄化する目的のものもありますが、おそらく浄化することでスッキリするというのは同じでしょう。

断食やデトックスの決まった定義のようなものはありませんが、コールドプレスのジュースのような特定のものだけを摂取したり、特定の食べ物を摂らないようにしたり、体内から毒素を排出するといわれている混合ジュースを飲むというものが多いです。排出される毒素がどのようなものか、具体的に書かれていることはほとんどありませんが、一般的に毒や汚染物質だと言われているものです。医学的には、毒素というのはアルコールから食べ物、薬、アスベストまであらゆるものを指します。デトックス(解毒)も、ドラッグ中毒の治療で使われる言葉です。しかし今回は、特定の食べ物や飲み物を摂取する断食やデトックス法に限って話をしていきます。

先ほども、断食やデトックス法はそれぞれ掘り下げて語れないほどたくさんあると言いましたが、今回は昨年Shape Magazineが人気のあるデトックス法として紹介していた、10の方法を取り上げたいと思います。まず最初に「マスタークレンズ」と呼ばれる、長年人気のある断食方法に注目してみましょう。以下は、マスタークレンズの効果について書かれた本からの引用です。


最初に、整腸作用のあるハーブティーを朝晩飲むことから始めます。これで腸内の洗浄は十分でない場合は、塩水を飲んで洗浄してもいいです。これは、レモンジュースクレンズで毒素を排出するのに必要なプロセスです。

それから、適性な割合のレモン汁とメープルシロップ、少量のカイエンヌペッパーで作ったレモンジュースを、グラス6~12杯飲みます。


なんだか気持ち悪いと思いますか? しかし、Stanley Burroughsさんが作ったマスタークレンズの効果を信じている人には、やるだけの価値があると思われているのです。


初心者にとっても上級者にとっても、断食はあらゆる病気を排除する基本です。本著の目的は、名前が付いているものもそうでないものも関係なく、あらゆる不調の原因を単純化することです。ひとつの病気を排除するには、すべての不調を整えることです。あらゆる病気は、断食をして健康を築くという同じプロセスで治ります。


それは少し誇張しているような気もしますが、基本的にはこのような考え方です。Kamal Patelさんは、ほとんどの断食はこのようなものだとまとめています。


このようなダイエット法をまとめると2つの目的があります。体内に蓄積された、体をゆっくりと蝕んでいく毒素を排出し、体重を減らすというものです。したがって、ジュースだけを飲むような典型的なクレンズ系断食は、腸をできるだけ消化吸収させないようにすることで、体から毒素を排出するように作られているのです。この効果が嘘だと言われていますが、実際には他にも嘘があるかもしれません。


体内から有毒なものを排出するためにジュース類を飲む、ほとんどの断食は同じような効果をうたっています。


断食中に体内で起こっていること


141224_Cleanse_03.jpg


野菜やフルーツが体に良いのは誰もが知っていることですが、だからと言って、野菜やフルーツだけを摂るダイエットは超体に良い、というロジックは正しいと思いますか?

正直それは違うと思います。野菜やフルーツのジュースだけを1週間摂っていたら、体重は減るかもしれませんが、それは何も食べてないからであって、体が"デトックス"したからではありません

水分は筋肉の中でグリコーゲンと共に蓄えられています。低カロリーの食事をすると、筋肉内のグリコーゲンが使われ、グリコーゲンと共に蓄積されていた水分が減ります。通常の食事に戻すと、水分の重さは戻ります。また、脂質、繊維質、タンパク質のような必要不可欠な他の栄養素も失います。実際、断食中はカロリー摂取量が異常に少ないので、運動をしないよう推奨されています。運動をすると疲労や目眩がするからです。

断食から数日経つと、体は基本的には動いていますが、タンパク質を摂取しないと体の筋肉が壊れ始めます。繊維質を摂らない食事をしていると、大腸の機能に影響が出やすいのと同じようなことです。ジュースクレンズをやっている時の腸の状態の説明が、ウィルス性腸炎と同じようなことが多いのはそのせいです。

もっと大事なのは、ジュースクレンズは体がすでにやっていることには何も影響を与えないということです。人間の体というのは、もともと毒素を排出することにはかなり優れているのだとAndy Bellattiさんは言います。もし体がうまく毒素を排出できていないとしたら、年単位のデトックスが必要で、そんなことをしたら多分死んでしまいます。


3~5日間ジュースしか口にしないでいると、入院することになったり、取り戻せないほどの栄養不足になったりするのでしょうか? そこまでではありませんが、そんなことをする必要もありません。人間の体は、腎臓や肺や肝臓のお陰で、毎日毒素を排出しています。大事なのは、トイレに行ってきちんと出して排泄することです!


Beth Skwareckiさんは、このような断食やデトックス法は危険ではないけれど、何かしら問題が起こる可能性があると言います。ジュースには繊維質があまり含まれていないので、結局は体が果糖をより多く吸収することになり、ご存知のように、それは体にはあまり良くないからです。


糖分が主なもの(大半のフルーツジュースやレモネードなど)は、ジェットコースターのように血糖値を乱高下させ、シュガークラッシュを起こすかもしれず、インシュリン感受性に関連する断食の良い効果を台無しにするかもしれません。

クレンズ系断食をすることの効能は、数ヶ月は深刻なビタミン不足にならないことでしょうか。ほとんどのクレンズ系断食は、馬鹿みたいに思えるかもしれませんが、(数日以内であれば)深刻な害のあるものでもありません。毒素を排出するという主張については、実際にはその食事法やハーブによって、体内から何かしらが排出されるというメカニズムはありません


Skwareckiさんは、最後にとても大事なことを指摘しています。ほとんどの商業的なデトックス法は、どんな毒素が排出されるのか名前を上げていません。万が一名前を上げていたとしても、実際にそのような効果があるという証拠を提出してはいません。もしそのような証拠を提出しているものがあれば、その主張が正しいのか効果測定することができます。イギリスのSense about Scienceの2009年の調査では、商業的な15のデトックス法は、毒素の名前を上げたり、デトックスの定義に合意したり、主張に対する証拠を提供していませんでした。

これらを総合すると、ジュースを飲むクレンズ系断食によって体に起こることは、数日間の空腹と栄養不足だけだということです。


断食の代わりにやると良いもの


141224_Cleanse_04.jpg


断食は特に良いことが何もなく、特別なジュースを飲んでも毒素が排出されないからと言って、健康のために他にできることが何もないという訳ではありません。実際、クレンズ系断食の考え方は、基本的には食生活をリセットするようなものであると、Bellattiさんも賛成しています。


断食は「食事をリセットする」ためにやるとも言われています。つまり、食べ物の味をより繊細に味わうために、舌にある味蕾をリセットするのに、健康的な食生活(野菜やフルーツ中心で、加工がほとんどされていない、食べ物を丸ごと食べる)に戻すのです。しかし、クレンズ系断食とは混同しないようにしましょう。

栄養と健康は長い目で見て考えましょう。1年のうちの1週間や数日やった程度のことは、大したことではありません。

デトックスすることよりも、日々の健康を作る食べ物や、栄養のあるものを食べることを考えた方が良いです。葉物野菜、豆類、フルーツ、ナッツ・種子類などを摂るようにしましょう。半年間不健康な食生活を送っても、72時間グリーンジュースを飲んだだけで改善されると思ったら大間違いです。


同じように、水だけを飲む本当の断食に関する有益な調査結果もあります。Patelさんはこのように説明しています。


断食や断食に近いジュース系クレンズは、医学的に問題を抱えていない人が、長期期間やらなければ、実際にはメリットもあります。

断食は長生きには効果があるという調査結果があります。断食は自食作用を促進し、ミトコンドリアの酸化ストレスを減少させ、老化の兆候を減退させ、慢性的な疾患の予防や治癒にもある程度の効果がある可能性があります。

断続的な断食は、特別なジュースクレンズのような断食に興味がある人にとっては、実行可能な選択肢となるかもしれません。基本的には、1日のうち数時間(一般的には8時間)は何も食べないように制限します。簡単で持続可能な食事方法であり、ジュースクレンズ用に何か買う必要もありません。


健康と栄養は混同されがちですが、健康的な食事は誰もが必要なものです。小手先のアイデアや、1週間のクレンズ系断食や、デトックスではなく、食生活全体を完全に見直すことを考えましょう。


Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

Photos by Vectomart, AJ, bertholf, epsos.de.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.