• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  10:00 PM

個人的なプロジェクトを成功させるための7つのコツ

個人的なプロジェクトを成功させるための7つのコツ

141230personal_project.jpg

あなたには良い考えがあり、それはぜひとも成功させたい個人的なプロジェクトだとします。だから、プロジェクトの作業を楽しめ、完成した結果は予想以上に素晴らしい、という状態にしたいはずです。小説を書くことであれ、自宅の内装であれ、家族のお祝いの会を企画することであれ、古くて湿気た小屋をクリエイティブなスタジオに変身させることであれ、あなたのプロジェクトが成功する可能性を高めるにはどうすればいいでしょうか。


成功のコツは、きちんと注意を払いさえすれば正しい結果をもらたすようなことばかりです。家の修復、自転車の修理、本の執筆、スタジオの整理といった個人的なプロジェクトを私はいくつも成し遂げてきました。それで、この経験をもとに私の好きな成功するためのコツを集めてみました。


1. 絶対にやると決意する


むなしい夢もあれば、成就するプロジェクトもあります。アクションを取らなければ何も起こりません。やる気が出ることやしかるべき時を待ったりしないでください。今がそのときです。遅れれば遅れるほど、できなくなりがちです。先送りがどんどんうまくなるからです。プロジェクトを先送りしてもいい唯一の理由は、より優先度の高いプロジェクトを手掛ける約束をしてしまい、それに集中し続けなければならないときだけです。誰も自分の余命の長さはわからないので、プロジェクトの遅延はプロジェクトが未完成のうちに死を迎える可能性を高めることになる、というのが究極のモチベーションでしょう。


2. 闇雲にやらず、あらかじめ少し準備する


建物の建設や装飾をしようとしているなら、建材や道具を調べましょう。屋根に屋根板を取り付けるとか、3層になったアイスフルーツケーキを作るとかいったやり方を調べる必要もあるかもしれません。しかし、プロジェクトの進め方を計画するのは、プロジェクトを手掛けることとは違います。すべてにわたり計画することは不可能なので、どんな計画も、進めながら調整していくための案内にすぎないのです。多くの作家にあることですが、主要登場人物を3ページ目で死なせてしまったと気付いて、筋書きを変えなければならなくなったりすることもあるのです。

プロジェクト遂行に向けて、十分に計画を立てて準備もしましょう。特に必要な材料(屋根板、ラップトップ、パン焼き型など)があるのか注意を払いながらです。時間に追われているなら、素早く習得できると確信していない限りは新しい複雑なアプローチは避けましょう。新しいMacとフラッシュ・ストーリーボード・ソフトウエアを導入して貴重な時間をその習得に使うより、なじみのあるラップトップを使って締切に間に合わせる方が賢明です。もっと時間的余裕があるときに、新しいスキル習得プロジェクトを別途立ち上げて、将来のプロジェクトに使えるようにしましょう。


3. 締切がないなら自分で作る


誕生日や記念日といった家族のお祝いなら、それが開催されるべき日にちが決まっているでしょう。それ以外の外的要因として、創作文コンクールの締切や雨漏りする屋根を冬が来る前に直すことなどがあります。守るべき日にちがあると精神を集中させられて、プロジェクトが完成すべきときを逸してしまうことを避けるのに役立ちます。だから締切がないなら自分で作りましょう。

しかし、本当に大きなプロジェクトの場合は不確定要素の度合が高いので注意が必要です。総括的目標は助けになりますが、あまりにも現実からかけ離れていると助けになるどころか、先送りを推進させてしまうかもしれません。何かをする必要に本当に迫られるまでには、まだたくさん時間があると思ってしまうからです。このような状況では、小説の最初のドラフト完成とか、自宅拡張計画に周囲の同意を取り付ける、などの第1段階達成の締切日を設定しましょう。それがうまく達成できたら、第2段階達成目標日を設定します。


4. 当初思っていたより時間がかかることを受け入れる


私の経験では当初の予想より簡単だったとわかったプロジェクトは1つか2つしかなく、そのときは、現実にはとても短いタスクだったのです。あるとき自分の車のダッシュボードを取り外して、故障中のシガーライターを直さなければと考えました。インターネットフォーラムを何度もチェックしてやり方を調べ、15分でできる方法を発掘しました。幸せな日でした。しかし、プロジェクトが予想より短い時間でできてしまった事例は例外です。

自分のプロジェクト達成に関して楽観的でないと、なかなか着手できません。そのため、少し楽観的な方が良いのですが、そのプロジェクトを実現するのにかかる時間を見積もるとき、自信過剰になりすぎる可能性もあります。分厚い冊子、プロモーションビデオ、延々と続く退屈な作業を見せないようにしている表層的な雑誌記事などにより、見積もりが低くなってしまいます。正しい見積もりをするのに最善の方法は、過去に手掛けた似たようなプロジェクトを比べ、さらにそのときかかった時間の2倍を見積もることです。


5. 集中を保ち、プロジェクトの作業の瞬間を楽しむ


先の作業でなく、今している最中の作業に集中しましょう。クギが屋根板にまっすぐささるように気を付けたり、ケーキの混ぜ方が完璧になるようにするのです。その作業の後にすることを考えて気を散らしてはいけません。最初のドラフトを書いているなら、本の表紙のデザインがどうなるかを気にしたりしないで、とにかく書くことに集中します。プロジェクトを成し遂げることにしっかり執着すると、今している作業がつらく退屈であることなど忘れてしまいます。ふと正気に返って気付いてしまうことはあるにしてもです。だから、今この瞬間を楽しみ、ハンマーに「禅」的に集中して、クギが正確にリズミカルに打たれるようにしましょう。

時々中断するのは良いですが、他のことに気をそらさずそのプロジェクトにだけ集中するという決断をするのは意味のあることです。一度に複数のプロジェクトに着手して注意散漫にならないようにしましょう。家族を親戚のところに行かせたり休日を利用したりして自分の集中力を高めることはできますか? 一番優先度の高いものを選び、他をしばしお預けにしておくことです。まず1つプロジェクトを仕上げる方が、たくさんのプロジェクトを少しずつやってどれも進まない状態になるより良いでしょう。


6. 失敗にめげずに、やり続ける


嫌なことは起こるものです。パレードの日やガーデンパーティの日に雨が降ります。ラップトップが故障したり、調理器具が爆発したり、お気に入りのスプーンやハンマーやペンがダメになったり。最初から失敗する運命で、これがその証拠とばかりに受け止めるか、どうしてもプロジェクトを成功させたいので、気を取り直して戦うかです。成功は失敗の後にやってきます。危機を乗り越えた後に人は前より強くなり、次の問題が何であれ、それまで以上にうまく対処できるようになるものだ、と自分に言い聞かせましょう。


7. 小さい目標を達成するたびに自分を褒める


個人的なプロジェクトは時間と手間がかかり、プロジェクトが完成する前に進み具合を測るのはバカバカしく見えます。しかし、自分が成し遂げたことを見直して、そのプロジェクトを通して成し遂げられた確固たる進歩から励ましを得るのは意味のあることです。1章書き終えたら、パーティの招待状を発送したら、物置の屋根の腐っている材木を直したら、自分をほめたたえましょう。しかし、盛大なお祝いは、全部完成するまで取っておくことです。


ここにご紹介したことを使って、やり遂げると誓ったプロジェクトを望み通りに成功させてください。


Make Time For Yourself: 7 Tips For Your Successful Personal Project|Dumb Little Man

Peter Ewin Hall(訳:春野ユリ)
Photo by ShutterStock

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.