• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,,  08:00 PM

旅行中に泊まる場所がないときに試すべきこと

旅行中に泊まる場所がないときに試すべきこと

141224nowhere_to_sleep1.jpg


旅が計画通りにいかなくて、寝る場所を確保できていない都市で立ち往生することがあります。ホテルは満室、友人は予想外の遠出中で、土壇場で寝る場所をなんとか見つけなくてはならないとき。そんなときに試してみる価値のある方法をご紹介しましょう。


先週、泊りがけの旅でその夜寝る場所ない状態がどんなものかを初めて経験しました。そう。ホームレス状態になってしまったんです。いえ、それよりひどいかもしれません。

サウスカロライナのチャールストンでのことでした。週末を過ごすためにチャールストンに向かい、宿泊場所は到着してから見つけようと思っていました。その週はファッション・ウィークとチャールストン大学合格者のための週末が重なっていたとはつゆ知らず。つまり、何もかもが満員、満室になっていたのです。

それで私はどうしたと思いますか? 旅行中、屋根を確保するにはどうしますか? どんな選択肢があるか見てみましょう。


無料で宿泊できる場所


141224nowhere_to_sleep2.jpg


状況によっては、無料で宿泊できるところを考えましょう。


カウチサーフィンを試す

カウチサーフィン」には自宅で宿泊を提供する人たち(ホストと言います)の世界的ネットワークがあります。旅行となると、これは大きいです。予算が足りなくても何とかなり、すばらしい人たちに出会える方法です。どこに行っても泊まれるカウチが見つけられるでしょう。当日であっても、なるべくたくさんのホストに個人メッセージを送ります。コミュニケーションは誠実で感じよく、丁寧にしましょう。ホストをするのに慣れた人でも、ギリギリに登場するゲストには戸惑うことがあります。

その都市の最新掲示板を探して、自分の現在の状況をそこに書いてさらに広いレベルでホストになってくれる人を探すこともできます。こうした通知を受け付けるホストは通常の検索では出てこないことが多いです。この方法を使って私はチャールストンでホストを見つけました。


友だちに連絡する

A)その地域に知り合いのいる人、または、B)あなたがそこでどうすべきかアドバイスできる人(経験豊かな旅行者でもあります)のどちらかに該当する知り合いはいませんか? そういう人たちは、あなたに宿泊を提供できなくてもアドバイスはくれますから、連絡してみましょう。

それからFacebookのようなソーシャル・ネットワークにもメッセージを載せましょう。あなたが今どこにいて何を探しているかをみんなに知らせると、すばらしい結果になることがあります。


現地の人と話してみる

カフェやレストランやお店で、そこにいる人たちに知っていることがないか聞いてみましょう。旅行者が知らないことがあるかもしれませんし、もしかしたら泊めてくれる人に出会うかもしれません。


有料の選択肢


141224nowhere_to_sleep3.jpg


現金を使えるなら、その値段なりのところに泊まれます。


ホテル

Hostelling International」や 「Hostels.com」を駆使して宿泊場所を見つけましょう。簡易ベッドに一泊20ドルから30ドルで泊まれます。他の旅行者と出会うにも良い方法です。


モーテルとホテル

最寄りのMotel 6、Super 8、Days Inn、Red Roof Innなどのホテルチェーンを探しましょう。このタイプの宿泊は地域により1泊25ドルから75ドルが相場です。


YMCA

その町にYMCAがある場合は、ベッドか部屋を借りられるかチェックしましょう。

ポジティブに考えて必ず何とかなると信じることです。かなりストレスを感じるのはわかりますが、冷静さを保ちながら継続することは成功するには必須です。あなたが必死なのがわかれば、人はその熱意を評価するでしょう。あなたがすばらしい顧客であることをみんなにわかってもらうのです。そうすれば誰もがあなたを受け入れ、助けてあげたいと思うでしょう。


予備の計画と最後の手段


141224nowhere_to_sleep4.jpg


カウチサーフィンで最初の夜は寝床を確保したものの、そのホストは次の夜は私のメッセージに答えず電話もくれませんでした。私は夜中の11時に行くところもなければ何の当てもない状態になってしまったのです。

さあ、あなたならどうしますか?


ホテルのロビー

これは自分でもよくやったと思いますが、ちょっと気取った界隈を歩き回っていて思いつきました。そこに空いた椅子があるのを見て「ここで夜を明かせるかも」と考えたのです。間違いなく安全な場所です。

そこに一晩中居続けると思われないようするか、そのホテルの静かな「死角」となる場所を見つけたら、そこで一夜を過ごせるかもしれません。ホテルの人に何か聞かれたら、こんな話を(脚色して)使いましょう。

• 妹に会いにこの町に来たのだけれど、妹は友達と出かけて留守で、どこに行っているかわからないし、電話にも出ない。このホテルの予約は妹の友達の名前でされているのだけれど、何という名前か私にはわからない。

• ちょっと怒った感じで話すと(この状況なら難しくはないでしょう)うまくいきます。

私はこれでうまく行きました。ロビーを掃除するから退出してほしいと言われるまでね。もし本当のことを話したら、間違いなく即刻たたき出されていたと思います。


オールナイト・ダイナー

一晩中起きて、読書や他の人たちと話をして、今までにないぐらい長い食事を取りましょう。その店が午前4時か5時に閉店するにしても、夜の大半はそこで過ごせます。


列車やバスの駅

こういう場所にはどんな人がいるかわからないので、他の選択肢ほどお勧めしませんが、乗換駅はたいてい24時間開いています。


その他の考慮すべき重要事項


何日か続けて快適な宿泊場所がない状態が続くと、体力を消耗し始めます。安全と健康を保つために以下のことに留意してください。


食物

ナッツフルーツサラダなどの健康的な食事を取るのは活動を続けるために重要です。糖分や塩分が多いものや揚げ物は避けましょう。


運動

無理したりジムに行ったりする必要はないですが、一晩中丸まった姿勢やおかしな姿勢でいたなら、ストレッチやヨガを少しした方がいいかもしれません。

その他、健康に良いことをすると気力が保てます。瞑想する、日記を書く、数独をするなど、心の健全を保ち、ポジティブでいられそうなものなら何でもしてみましょう。


必要な時に眠る

この状況では睡眠不足になってしまいそうですが、休息を取るのは大切です。安全で快適だと思ったら、昼寝をします。

体の声に耳を傾けましょう。これ以上がんばれそうもないなら、それでもいいのです。36時間眠らずにいることで自分の強さを証明する必要はありません。

夜が明けて翌日になったら、日当たりのよい安全な公園で昼寝をして過ごすのがいいでしょう。


他に何ができたか?

一番簡単な選択肢であり、この状況で一番意味のあることは、もう一度カウチサーフィンをしてメッセージを送ることでした。

夜遅い時間でも、最新掲示板にメッセージを載せ、カウチ依頼を送信しましょう。誰が助けに現れてくれるかわかりませんから。

カウチサーフィンでメッセージを再送しなかったのは、前夜泊めてくれたホストがきっと連絡してきてくれると思ったからです。返事をしてくれないなんてありえないと思いました。そうなってしまったのは、そのホストが携帯電話を見ていなかったのです。私は彼を良い人だと信じたかったのです。しかし「最悪の場合」のシナリオを経験するのは大切です。最悪でも思ったほど悪くはなくて、何とかできるとわかるからです。

一晩中「通りを俳諧して」も、私はこうして生きていますから、また同じことが起こっても自分は乗り越えられるとわかっています。もっとも、まず、そういう事態にはならないようにしますけれども。アメリカには60万人以上の人が毎晩寝る場所がないという現実に直面しているのを忘れてはいけないと思います。そういう人たちは居心地の良いホテルのロビーで過ごすという選択肢とは無縁です。

私は自分がしていることを「中産階級版ホームレス」と呼んでいます。なぜなら、私にはまだレストランで食事したり、いざとなったらホテルに泊まる経済的な余裕があるからです。そして、私はきちんとした身なりをしています。これは私がホテルのロビーや深夜のダイナーに潜んでいても、それを見る人の受け取り方に大いに影響を与えるのです。

安全で楽しいカウチサーフィンをしてください。


What to Do When You Have Nowhere to Sleep | Nonstop Awesomeness

Nathan Agin(原文/春野ユリ)
Image by ArtFamily (Shutterstock). Additional photos by Scott Rubin, mararie, Christopher Bulle(Flickr).

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.