• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

傍島康雄  - ,,,  01:00 PM

ずぼらな私にはピッタリ。リストバンド活動計「Fitbit Charge」レビュー

ずぼらな私にはピッタリ。リストバンド活動計「Fitbit Charge」レビュー

141221_fitbit01.jpg


少し前からFitbitの活動計「Fitbit Charge」を使っています。活動計は、Fitbit Chargeがはじめてではなく、この前に「JAWBONE Up」を使っていたので、今回で2台目になります。これと比較しながら紹介するのと、最後は使い始めてからの意識の変化も紹介します。


JAWBONE Upとの違い


JAWBONE Upは、購入後、数カ月は使っていたのですが、私は長続きしませんでした。原因は、腕に着けていると、リストバンドが交差する部分に服に引っかかって邪魔になるのと、どれくらい歩いたかを知るのに、都度、スマートフォンと同期するのが面倒だったからです。


141221_fitbit02.jpg


新たに使い始めたFitbit ChargeもJAWBONE Upと同じでリストバンドタイプの活動計ですが、小さなOLEDディスプレイが付いています。バンド横にあるボタンを押すと、これに時刻や歩数、距離などを表示します。また、ベルトの固定部分も出っ張りが少ないので、服にひっかかって邪魔になることがありません。他、Bluetoothを使ってワイヤレス同期ができたり、アプリだけではなくウェブサイトでもデータ管理ができます。


気に入っているところ


活動計は、毎日忘れずに身に着けることがポイントですが、そのための工夫がされているところが気に入っています。たとえば、OLEDディスプレイを使って現況が確認できるのは、使い続けるモチベーションを保つ大きな要因です。また、電話の着信を知ることができるのも、毎日着ける理由になります。他、JAWBONE Upよりも着け心地が良いのも気に入っています。これがどれくらいかと言えば、着けているのを忘れてしまうことがあるほどです。


141221_fitbit03.jpg


残念なところ


JAWBONE Upと比較して、残念なのはデザインです。

極端にダメではないと思いますが、多くの人達が活動計を知らない現状では、左腕に腕時計ではない変わったモノを着けていると映るはずです。ベルトには、斜めの溝がありますが飾り気がないので、このテクスチャーを工夫することで随分印象が変わると思います。また、使う素材にこだわるなど、宝飾品の要素が強いバリエーションがあっても良いはずです。


使い始めてからの変化


私は、積極的に運動するタイプではありません。しかし、データを取り視覚化することで、分かりやすく運動量が把握できるので、動いていない週の週末は、積極的に外出してウォーキングをするなど、体を動かす時間が増えました。もちろん、日々の中でも、できる限り階段を使ったり歩くようになり、意識的に体を動かすようになったのは大きな成果です。ずぼらな私には、こうしたガジェットを身に着けることで意識付けできるので、よいツールとなっています。


Fitbit Charge

(傍島康雄)

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.