• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部ライフハッカー編集部  - ,,,  08:00 PM

メモを取るとかえって忘れやすくなる? 確実に記憶するコツ

メモを取るとかえって忘れやすくなる? 確実に記憶するコツ

141217taking_notes.jpg


何かを身につけたい時はメモを取ると効率良く学べるというのは、よく聞く話です。でも効率良く学んだからといって、その内容をきちんと記憶しているかといったら、そうとは限りません。良かれと思って取ったメモが、いわば松葉つえのような役割を果たし、その「つえ」がなくなると何も思い出せない自分に気づく、といったケースもあり得ます。


カナダのマウント・セントビンセント大学のMichelle Eskritt氏とSierra Ma氏は、メモを取った場合の脳の働きに関する研究を行いました。学術誌『Memory & Cognition』で発表された研究結果によれば、メモを取ると、脳はその情報を意図的に忘れてしまう可能性があるのだそうです。なぜなら、覚えたい情報が書きとめられ、別の場所に保存されていると認識するからです。

この研究で、被験者は記憶力の試されるトランプゲーム「神経衰弱」を何度もプレーしました。そして、ここが実験のポイントなのですが、被験者のうち片方のグループについては、ゲーム中にメモを取って良いルールとしました。ただし、ゲームの半ばで、このグループの人たちはメモを没収されます。すると、ゲーム終了時点では、メモを取ることを許されなかったグループのほうが、ずっと良い成績をあげたのです。

そもそも人間の記憶力はそれほど優秀ではありませんが、脳は「自らが覚えている必要はない」と知っている時には、わざわざ記憶したりしません。ですから、次にあなたが勉強したり、メモを取ったりする時には、きちんと時間をかけて、覚えたい情報をしっかりと頭に刻み込むよう、気をつけてみると良いでしょう。


Intentional forgetting: Note-taking as a naturalistic example | The Journal Memory & Cognition via Wired Brain Watch

Patrick Allan(原文/訳:長谷 睦/ガリレオ)
Photo by Jacob Botter.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

Kotaku

© mediagene Inc.